ローフレジア世界辞典 聖人<セイント>

キャッスル空陸系(castle)

南リノン大陸より南部、イブライアル大陸より西部の海洋上空にある極めて小型のアクティエントのみで構成される空陸系です。キャッスル空陸系に存在する国家は1か国です。

キャッスル

空棲魚系・・・
空棲魚連・・・
セイント種連・・・極めて人類に近いシルエットを持つが、表皮に白色~銀白色の細かいうろこを持つ。うなじ付近に空棲魚類特有の浮遊器官をもち、飛翔する。飛翔時、頭部に風源の魔素消失散乱光による円環を発生させる。キャッスル空域系にのみ居住する。

ここに国旗

基礎データ
公用語 ヴュストーラ語 フリスケイル(鱗による摩擦音)御使文字
首都 キャッスル
最大の都市 キャッスル
面積 35,000 km²
人口 40万人
通貨 リン

政府
最高記録者 アンヌルス・ヴシュカ
最高伝達者 モーヴィス・ダギシュカ
政府形態 直接民主制

説明:
空棲魚の亜人、セイント種によって構成される国家。会話に用いるフリスケイルは世界で最も情報伝達密度の高い言語のひとつであるとされている。

歴史:
神代始年, セイント種が大地神オーリア(Oura)による創造により、大地の御使いに似せて作られた。オーリアはセイントに、大地の模造品である城(castlia キャッスル空陸系)を与えた。
神代後年, 悪神ヘシールに欲望を与えられたセイント種は空に生き、空に酔い、空のみに執着した。オーリアの戦いに加勢しなかったセイント種は足を奪われ、大地とは永遠に拒まれることになった。

神歴

第一、第二のどっちかの亜人革命には参加させたいなあ。能物和平協定に参加させたいからね
地理:
南リノン南部の海洋上空に浮遊する直径210キロメートルの真円状のアクティエントを国土に持つ。
政治:
フリスケイルの情報伝達密度の高さと議論好きな国民性によって、アクティエント上の会話は1時間ほどで伝達する。また、セイントは飛行しながら会話を行うため、議論の伝達はそれよりも速い。
国家単位の外交、法規は国民総員による議論で決定される。1日か2日で議論は終了し、確定した案件は伝達者モーヴィスによって全国民に通達され、記録者アンヌルスによって記録される。案件は先代、あるいは先々代の最高記録者の表皮に御使文字を用いて刻まれ、隣国ヴュストーラに”奉納”される。

産業・経済:

文化:

国民:

国際関係:


原始不動のみ在り。不動、歩遣いを生み、我らに不動を分け与え、隠れる。


以下メモ
あの国、シャラシャラって音がずうっとなってるんだ。あとから知ったんだが、あれも立派な言葉らしいぜ。フリスケイルって言ったか。さしずめ、うわさ話の国ってとこだな。

しゃべる機会は少ないんだとさ。外交と、トップが少ししゃべるんだと。でもま、気のいい奴らだったよ。

私たちは、大地の民の友人です。古くからの。かみさまが、彼らに似せて私たちを作りたもうた、と言いました。大地は、神の国です。地の底から、彼らを支えます。歩くものどもは、空にいません。
私たちは空にいます。だから、私たちは大地の民を大地の御使いと、敬った。
でも、大地の民の神様は、空の遠くにいるって言った。私たちは、彼らの天使じゃない。けれど、大地の民も、御使いじゃないかった。
私たち、いまは、友達。二つは、友人なのです。

下半身はスカート状にしようそうしよう。尾びれ?と腹びれかな?が変化したスカート状 そこでフリスケイル起こして会話させようぜ。下の口がうるさい(直喩) 生殖どうしようかな。卵生だと思うけど。

ERROR

The Uzutsuno's portal does not exist.


エラー: Uzutsunoのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6117410 ( 10 Mar 2020 14:09 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License