SCP-XXX-JP 隠匿の子供たち

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid Keter

特別収容プロトコル: 2019/10/██に改訂
当該実体は一切の鋭利なものの存在しない収容チャンバーに収容します。すべての財団職員は収容チャンバー付近に鋭利な物を所持して立ち寄ることを可能な限り避けてください。
また、現在このオブジェクトに関する全ての実験は許可されません。

説明: SCP-XXX-JPは、あらゆる存在1を認識不可能にする能力と新規に概念を捏造する能力を持つ、2体の少女の姿をした人型実体群の総称です。
SCP-XXX-JP1は、ショートカットに近い髪形を持ち、製造元不明のスカートと灰色のパーカーを着用している、147cm2の少女型の実体です。また、極度の人間不信となっていることがインタビューによって判明しています。
SCP-XXX-JP1の異常性は、当該実体が自らの血液を用いて文字を筆記することによって発現します。3その異常性とは、そこに書かれた文字乃至は文章に対応する非生物の物体があらゆる存在に認識されなくなることになります。45ただし、これは不可逆的なものではなく、再定義することによって認識が可能になります。
以下に、当該実体によって存在を認識することが不可能となった概念の例を示します。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The schwarzignis's portal does not exist.


エラー: schwarzignisのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6115661 ( 14 Feb 2020 12:29 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License