犬のおさわりまん

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXX-JPは頭部がチワワの頭部に置き換わっている中年男性のような外見をした人型実体です。SCP-XXX-JPは女性警察官の制服と酷似した帽子、上着、靴を着用しており、上着のポケットに手を入れることで様々な拘束具を出現させることが可能です。

SCP-XXX-JPは年齢的に生殖能力が発達しておらず、数時間前に親個体とはぐれた哺乳類の近くに出現します。(以下、はぐれた哺乳類をSCP-XXX-JP-Aと記載) SCP-XXX-JPは出現するとSCP-XXX-JP-Aに近づき、上着から出現させた拘束具で拘束した後、SCP-XXX-JP-Aを担ぎながらSCP-XXX-JP-Aが拠点としている場所へと向かいます。特筆すべき点として、SCP-XXX-JPはこの時他の哺乳類に視認されないように移動します。財団の確認した記録ではSCP-XXX-JPが他の哺乳類に視認された例は存在しません。

SCP-XXX-JPがSCP-XXX-JP-Aの拠点としている場所に到着すると、SCP-XXX-JPはSCP-XXX-JP-Aの体を激しくさすり始めます(以下この行為を撫で回しイベントと記載)。撫で回しイベントは他の哺乳類がSCP-XXX-JPを視認するまで続き、SCP-XXX-JPは視認される直前にその場から消失します 。この時SCP-XXX-JP-Aは撫で回しイベントが続いた時間に応じて生殖器の変化が見られます。

30分以上: 本来の生殖機能の低下、消失
1時間以上: SCP-XXX-JP-A独自の生殖機能の獲得
2時間以上: SCP-XXX-JP-A独自の生殖器の肥大化

また、撫で回しイベント後のSCP-XXX-JP-Aはオスの犬科生物に対し発情するようになりなり、最終的には犬科生物との交尾に及びます。この時SCP-XXX-JP-Aの生殖器内に犬科生物の精子が入った場合、SCP-XXX-JP-A

補遺:

ERROR

The Halsion's portal does not exist.


エラー: Halsionのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6111175 ( 14 Feb 2020 05:23 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License