夏蜜柑の騎士: 第一話 - 西暦2000年の足立区に巨大ロボと花束を。

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


「……すっげ。」

「だろ? カオスから一時的に借りてるヤツだ。元はIJAMEA製だったらしいが、例の東弊のメカニックが諸々改修している。操作性は抜群よ。」

──江東区新木場。木材保管用の巨大な倉庫の片隅に、スキンヘッドの屈強な男が二人。自衛隊のような制服に身を包んだ一人が、隣のジャージの男を軽く小突きながら、全体を布に包まれた、巨大な車両のような何かを見上げていた。

ジャージの男はふと呟く。

「祭りが近いんだな。」

「ああ。翌年九月にすべてが動くらしい。ウチもいずれは兵隊貸すことになるな。明日はこいつのテストプレイをやることになる。ガンナーシートはお前に預けるぜ。自動装填システム付きだから遠慮なくぶっ放しな。」

「了解した。久々に羽を伸ばせるな。」

.

ERROR

The v vetman's portal does not exist.


エラー: v vetmanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6103090 ( 10 Feb 2020 09:44 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License