SCP-XXXX-八月三十二日

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル SCP-XXXX-JPの収容は不可能です。担当職員はSCP-XXXX-JPでの記憶を保持したことを主張する人物を発見次第、Bクラスの記憶処理を行ってください。また、SCP-XXXX-JPの影響を最小限にとどめるため、全国の学校の始業日を9月1日から変更する計画が現在進行中です。

説明: SCP-XXXX-JPは夏季休暇終了後の全国の学生に発生する[今わかりません]です。現在、18歳以上の人物がSCP-XXXX-JPを体験したという記録は存在しません。

SCP-XXXX-JPを体験する人物の条件としては、以下の三つが挙げられます。

1. 18歳以下の学生である
2. 夏季休暇間の課題が8月31日の時点で完了していない
3. 夏季休暇間の課題が終わらなかったことに関する反省、後悔などの態度が一切見られない

上記の条件に合致した人物は、8月31日終了後に「8月32日」を繰り返し経験するようになります。現在、「8月32日」は夏季休暇の課題を完全に終わらせるまでは永遠にループすると考えられています。詳細は下記の補遺を参考にしてください。

SCP-XXXX-JPは愛知県████市の小学校にSCP-300-JPの監視のために設置されたカメラに、「8月32日を経験した」と強く主張する生徒が多く映っていたことによって存在が確認されました。その後の調査を行った結果、全国各地で同様の現象が発生していたことが判明したため、この現象はSCP-XXXX-JPとしてオブジェクトに分類されました。

事例 SCP-XXXX-JP: 1

ERROR

The v vetman's portal does not exist.


エラー: v vetmanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6103090 ( 10 Feb 2020 09:44 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License