ただの民間エージェント

2051年の春は例年よりかなり寒かった。

財団から支給されたゴルカ服すら貫通してくる北風に耐えかね、新島先輩は班員分の缶コーヒーを買いにコンビニへと走っていった。心優しい先輩に報いるために、僕たちはいっそう気を引き締め、見張りを継続する。それにしたって寒すぎるので早いとこ財団職員が到着してくれるようにと心の内で祈願した。

 1998年のベール崩壊イベント以来、国内でのパラクリミナル発生件数は崩壊前の実に280倍まで跳ね上がった。
 二日に一回は日本のどこかで善良な一般市民が化け物に食い殺され、通学中の児童が異世界に飛ばされ、何かヤバいモノを見たせいで頭がおかしくなった警察官たちがニコニコしながら集団自殺する。
 それらすべての事件が僕たちの「正常」という概念を忌々しくも鮮やかに塗り替え、この国をひっくり返していった。

ERROR

The v vetman's portal does not exist.


エラー: v vetmanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6103090 ( 10 Feb 2020 09:44 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License