下書き SCP-2522-JP Tale 「実験記録-2522-JP 空への架け橋」

現在このページの批評は中断しています。

実験記録2522-JP-1 - 2020/09/03

対象: D-39631

実施方法: D-39631に“リンゴのような牛”と言わせ、SCP-2522-JPを出現させる。
結果: “リンゴ”と“牛”の間にSCP-2522-JPが出現した。

実験記録2522-JP-2 - 2020/09/04

対象: D-39631

実施方法: D-39631に“牛のようなリンゴ”と言わせ、SCP-2522-JPを出現させる。

結果: 実験記録2522-JP-1にて出現したSCP-2522-JPの南20mに新しいSCP-2522-JPが出現した。

実験記録2522-JP-3 - 2020/09/06

対象: D-39631

実施方法: D-39631に“過去の記憶のような忘れている思い出”と言わせ、出現するSCP-2522-JPをわたらせる。

結果: D-39631は、“私は昔、こんなに素敵な夢を見ていたのか。情けない、情けない、情けない。”と発言した。D-39631にはCクラス記憶処理を施した。

-博士、もう実験はいいのでは?なぜ、こんなにも実験をするのですか。

 「いや、やりたいことがあるんだ。青春を思い出したいんだ。」

-どういうことですか、博士。

 「またわかるさ。」

実験記録SCP-2522-JP-4 - 2020/09/11

対象: D-40843

実施方法: D-40843に“宇宙の全てのような、最大の素数”と言わせ、出現するSCP-2522-JPをわたらせる。

結果: D-40843は地面にしゃがみこみ右手を叩きつけて“俺は、こんな、こんなにも広い宇宙の中の、とてつもなく小さい、ちっぽけな存在だったのか。”と発言した。その後D-40843には鬱症状が見られたため、Bクラス記憶処理を施し、回復させた。

-博士、もうDクラス職員を実験対象にすることはやめておいたほうがいいですよ。どうやって実験するつもりなのですか?

 「ならば、これが最後だ。これが、最後の実験だ。」

実験記録SCP-2522-JP-5 - 2020/09/25

対象: メテフバグ博士

実施方法: メテフバグ博士が“天のような地”と言い、SCP-2522-JPを出現させた。

結果: 赤、緑、ピンク、水の四色で構成された橋が北極上の北緯8°36'から8°45'の範囲に架かった。

 「これだ。これが、私が追い求め続けていたものだ!」

-綺麗ですね、博士。ですが、なぜこれが青春を思い出すのですか?

 「高校生の頃、初恋の人と一緒に本を読んだんだ。その時に、オーロラが綺麗で、とても美しくて、今度は実際に見てみたいと思ったんだ。しかし、それから時間に余裕がなくなって、初恋の人も忘れて。でも、このSCiPの担当になったときに、ふと、思い出して…。」

-そんなことがあったんですね。またいつか、その人に出会えるといいですね。その時まで、私がお供しますよ。

 「ありがとう、これからもよろしくな。…よし、仕事に戻るか。」

-がんばりましょう!


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The yuupoccha's portal does not exist.


エラー: yuupocchaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6098112 ( 07 Feb 2020 23:30 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License