雷棒(改稿-2)

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-████の低危険度収容階層の防音室-2内にある保管庫に収容されています。SCP-XXXX-JPを監視する必要はありませんが、一週間に一回、新たな異常性が出ていないか確認するために、職員は見回りする必要があります。SCP-XXXX-JPを移動、実験する際は皮膚が触れないようゴム手袋を装着してください。

説明: SCP-XXXX-JPは直径8mm、長さ12cm、重さ120gで黄色の棒です。SCP-XXXX-JPは材質不明で破壊不能の物質からできています。石川県にある██山███で発見され、発見当時は黄土色に近い色で、後述する効果は発揮しませんでしたが、SCP-XXXX-JPを洗浄すると黄色の棒になり、効果を発揮しました。SCP-XXXX-JPに素手で触れた時、触れた人SCP-XXXX-JP-aが屋内にいる、または半径10m以内が屋内の場合はSCP-XXXX-JP-aが感電死し、SCP-XXXX-JP-aの周辺10m以内が屋内ではない場合、SCP-XXXX-JP-aの周辺2~10mに雷が5回落ち、5つの雷の落下点のうち1つにSCP-XXXX-JPを生成して、後述する現象SCP-XXXX-JP-1を発生させます。

SCP-XXXX-JP-1について ・ 実験結果: SCP-XXXX-JP-1は対象に様々な症状を引き起こす現象です。
年月日 対称の年齢 対象の症状 担当職員の考察
2012年2月12日 50 軽度の頭痛・吐き気 同時に2個の症状が現れるようだ。ほかにどのような症状があるのか調査を進めていきたい。
2012年2月25日 50 頭痛・軽度の学力の低下 症状の現れ具合が調整できるようだ。脳にも症状が現れた。引き続き調査を進めていきたい。
2012年4月3日 50 軽度の吐き気・重度の眠気・軽度の息切れ 今回は同時に3個だった。4個以上の症状が同時に出る可能性もある。軽度だけでなく重度もあることが分かった。
2013年1月30日 25 軽度の吐き気 若くなると症状が軽くなるのか?もう少し調査しようと思う。
2013年2月4日 85 43.3℃の異常な発熱・息切れ この前の実験とは明らかに症状の重さが違う。やはり関係があるようだ。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The yuupoccha's portal does not exist.


エラー: yuupocchaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6098112 ( 07 Feb 2020 23:30 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License