気晴らし(原題:Distracted)

このページの批評は終了しました。


原著者: CrashingtonCrashington
rating: 0+x

The two boys walked home through the woods on a track they did not walk before. But they did not notice.
二人の少年は初めて通る森の道を通り帰路についた。しかし彼らはその道であることに気付いていなかった。

Too absorbed by the conversation between them, they did not hear the whispers around them. Too enchanted by the stars up above, they did not see the reflections of light on their own eye level.
二人は話に夢中になりすぎて、周りの囁き声は聞こえていなかった。星空に見とれすぎて、目の高さの光の反射は見えていなかった。

They also did not see the bones of animals, small and not. The markings on the trees. Take in the stench.
小さい動物の骨も見えていなかった。木々のマーキングも。放つ悪臭も。

Only when they had left the woods did they notice a finger missing, each.
森を出たとき、彼らは互いの指が1本だけかけていることに気付いた。

They did not look back to notice the trail of blood they had left.
彼らは自分たちが残した血痕に気付くので振り返らなかった。

And we? We did not respond to a small town distress call to their police.
私たち?私たちは小さな町の警察への遭難信号には応答しなかった。

We only made the witnesses of the corpses forget. Hoping it was not distracting us from preventing the next tragedy.
私たちは死体の目撃者を忘れさせただけだ。次の悲劇を防ぐことの気晴らしにならないことを願っている。

ERROR

The Voila's portal does not exist.


エラー: Voilaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6085604 ( 08 Feb 2020 06:42 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License