オリジナル(原題:The Original)

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x
173blink.gif

The jig was up. Something had gone wrong somewhere, and the Foundation had failed its final mission. Maybe 343 had got sick of the entire mess and decided to sweep the quarrelling apes off his planet. Maybe a vial of 008 had smashed, and brought the world to a moaning, hungry death. Or maybe nothing unnatural happened, and the human race had finally destroyed themselves as the great superpowers promised they would. It didn’t matter.
策は尽きた。どこかで何かが狂ってしまって、そして財団は最後の使命を果たせなかった。343がすべての混乱にうんざりして喧嘩する猿どもを自分の星から一掃することに決めたのかもしれない。008の瓶が壊れて世界中に呻き声と餓えに満ちた死を齎したのかもしれない。あるいは、異常な事など起こっておらず、偉大なる超大国が約束していたように人類はとうとう自滅したのかもしれない。異常など関係なかった。

Nothing did. Not anymore.
重要なものなど無かった。もはや何も。

From one pole to the other, only one thing showed any signs of life. It was two metres tall, and made of concrete and rebar. It ran on tiny little legs, and as it moved its concrete flesh bulged and stretched in ways concrete never should.
極からもう一つの極まで、生命の兆候を示すものは1つだけだった。それは2メートル程の高さを持ち、鉄筋コンクリートでできている。小さな小さな足で走り、動くにつれコンクリートの肉が膨れ上がり、コンクリートにあるまじき方法で伸びていった。

Unbound by eye contact, the statue had its way with the planet. Entire continents were passed by in minutes. The spindly legs worked like pistons, grinding up asphalt and rock. It ran over dying oceans and fields of ash. It never stopped.
視線によって縛られず、その像は地球上を好き勝手に駆け回った。全大陸を数分で通り過ぎた。ひょろ長い足がピストンのように動き、アスファルトや岩を砕いていく。死にゆく海、灰に塗れた原野を駆け抜けた。決して止まることはなかった。

Whenever the statue passed through a city, or what remained of a city, it would never pass through without first darting through every room of every building. The same went for any town, or any type of human settlement whatsoever. If any intelligence had remained to observe it, they might have theorized that the statue was looking for someone. Or anyone.
その像が都市を、あるいは都市の跡を通り過ぎるときには、すべての建物のすべての部屋に入るまで決して去ろうとはしなかった。どんな町、どんな種類の集落にも同じことが言えた。もしも何らかの知的存在がそれをまだ観察していたならば、像が誰を探しているのか、あるいは誰かを探しているのかを理論化することができたかもしれない。

Centuries passed, and the statue kept moving. With every empty city, it seemed to get just a little bit faster, as if being driven into a rage. Its speed uprooted trees, and sent the chassis of ancient cars flying. The spray-painted face never faded. Instead the colors simply grew brighter, angrier, and more vivid. The black eyes became like holes into space; the red lines seem to glisten.
何世紀も経ったが、像はまだ動きを止めなかった。誰もいない街を通過するたび、怒りに駆り立てられたように少しだけ速くなっているようだった。その速度は木を根こそぎにし、古の車の車台を空へと送った。スプレーを吹き付けられたその顔は決して色褪せず、代わりに色彩が単により明るく、より怒りに満ち、より鮮やかとなった。黒い両目は空間に空いた穴のようになり、赤いラインは光っているように見えた。

Maybe in some faraway era, an alien intelligence will find the Earth, completely swallowed up by shit and blood. Maybe they’ll find the statue, or the statue will find them, and the dance will begin again.
もしかすると、遠く離れた時代、異星人が排泄物と血液に全てが覆い尽くされた地球を見つけるのかもしれない。彼らが像を見つけ、もしくは像が彼らを見つけ、再びダンスが始まるかもしれない。

Or maybe nothing will come. Maybe it will just be the statue, unstopping, undying. Forever.
それか、何も来ないかもしれない。それはただの像であり続け、止まることなく、そして死ぬことはないのかもしれない。永遠に。


tale 173fest



ページ情報

執筆者: Voila
文字数: 3166
リビジョン数: 10
批評コメント: 3

最終更新: 23 Sep 2020 10:37
最終コメント: 21 Sep 2020 13:13 by NorthPole

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Voila's portal does not exist.


エラー: Voilaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6085604 ( 08 Feb 2020 06:42 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License