SCP-1387-JP 産地直送改稿案

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-1387-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-1387-JPは全て重ねてサイト-8181の低脅威度物品保管ロッカーに収容されます。未発見のSCP-1387-JPが存在する可能性が示唆されたため、現在SNS上を財団ウェブクローラーが常時監視しています。SCP-1387-JP-Aが発見された場合、機動部隊す-8("捕食者イーター")により鎮圧、及び目撃者への記憶処理が行われます。

説明: SCP-1387-JPは█████社製のトランプのダイヤの13のカード3枚(SCP-1387-JP-1群と呼称)の総称です。外見は既存のトランプと何ら変わりはありません。SCP-1387-JP-1群のそれぞれの辺を合わせて三角形に組み合わせた場合、内側に未知の物質で形成されたポータルが発生します。(以降SCP-1387-JP-2と呼称)SCP-1387-JP-2からはマクドナルド社の「三角チョコパイ」が毎分3個のペースで排出されます。排出されるチョコパイに異常性は見られません。およそ0.8%の確率でSCP-1387-JP-Aが排出されることが確認されています。

SCP-1387-JP-Aは体長2.4m、体重185㎏のイヌ科に似た二足歩行の実体です。身体全体が未知の材料を含んでいるパイ生地で覆われており、内部はアーモンドの粒が含まれているチョコレートクリームで満たされています。生命器官を有していないのにも関わらず活動することができる原理は不明です。SCP-1387-JP-Aはどの個体も排出時に混乱する様子を見せており、壁の破壊、付近にいる人間の捕食などを試みます。

追記: 実験記録005にて発見されたカードキーを鑑定した所、財団内で使用されているクリアランスレベル4のカードキーと一致しました。これより、SCP-1387-JPは平行世界に影響を与えると考えられます。

発見経緯: SCP-1387-JP-1群は2020/12/06に茨城県██市にて「人が茶色いデカ物に襲われている。」との通報を受け、不審に思った財団エージェントが現場に駆けつけた際、SCP-1387-JP-1に捕食されていた菅原 ██氏の鞄から発見されました。菅原氏は現場付近にある飲食店の店長であったということが判明しています。目撃した民間人はインタビューの後、Bクラス記憶処理を施した後に解放し、カバーストーリー「真昼の通り魔」を流布しました。菅原氏と█████社についての関連性は現在まで発見されていません補遺1を参照してください。

補遺2: 有限会社花札について財団が調査したところ、花道 栄治氏の義父である花道 栄作氏が設立したトランプ会社ということが判明しました。花道 栄作氏は1970年代後半に業務用ゲーム機に対する価値観の違いにより任天堂株式会社を離反しており、現在は主に北関東で活動しています。

補遺4: オブジェクトの定期検査の際、担当職員によりSCP-1387-JPを収容しているロッカーで1枚の紙が発見されました。参照するにはクリアランスレベル2/1387-JPが必要です。

ERROR

The Voila's portal does not exist.


エラー: Voilaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6085604 ( 08 Feb 2020 06:42 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License