SCP-4271 炭化谷(シリコンバレー)(原題:Silicon Valley)

このページの批評は終了しました。


訳者より:特に見てもらいたい箇所はで着色しています。
rating: 0+x
Rocks.jpg

SCP-4271, circa 1908.SCP-4271、1908年頃。

Item #: SCP-4271
アイテム番号: SCP-4271

Object Class: Keter
オブジェクトクラス: Keter

Special Containment Procedures: Due to the immobile nature of the anomaly, the exclusion zone surrounding SCP-4271 is to be closely monitored for any changes in temperature and kept away from public eye. Provisional Research Site-08 are to make adjustments to the zone of exclusion due to SCP-4271's growing territory. At this time, research into slowing or stopping SCP-4271's growth is considered top priority.
特別収容プロトコル: 不動性の異常のため、SCP-4271を取り囲む隔離エリアはいかなる温度変化も注意深く監視され、公衆の目に触れないようにしなければなりません。暫定研究サイト-08はSCP-4271の領域拡大に伴う隔離エリアの調整を行います。現時点ではSCP-4271の成長を遅らせるもしくは停止させる研究が最優先であると考えられています。

Description: SCP-4271 is the designation given to a large mass of tubular, Silicon carbide-based (SiC) sessile organisms that have integrated across a valley within the Guadalupe Mountains of El Paso, Texas. These structures appear to function similar to that of Giant tube worms (Riftia pachyptila); lacking any digestive, reproductive, or excretory systems.
説明: SCP-4271は管状のテキサス州エルパソのグアラルーペ山脈の谷間を横断して一体化している炭化ケイ素(SiC)を主成分とした管状の付着生物の集合体に与えられた指定です。これらの構造はガラパゴスハオリムシ(Riftia pachyptila)のそれと同様に機能するように見えます;消化器系、生殖器系、排泄器官の欠如。

SCP-4271 forms a complex root system which has merged with the crust of the planet. Underground scans of the exclusion zone containing SCP-4271 reveals that these roots have integrated within the mantle, and are estimated to extend all the way down into the inner core of the Earth. SCP-4271 contains vents that expel Carbon Dioxide (CO2) out into the atmosphere with a estimated rate of 95 metric tons each year. SCP-4271 displays an ability to asexually reproduce by way of fragmentation1 as well as propagation by expanding its total area. This expansion has been steadily increasing at a rate of 2.6% each year.
SCP-4271は地球の地殻と一体化する複雑な根系を形成します。SCP-4271を含む隔離エリアの地下を調査した結果、これらの根がマントル内に融合され、地球の内核に至るまで拡大していると推定されることを示しました。SCP-4271は二酸化炭素(CO2)を大気中に排出する通気孔を有し、その排出割合は年間95トンと推定されます。SCP-4271はその総面積を拡張することによる増殖だけでなく断片化2によっても無性生殖を行う能力を発揮します。この拡張は年間2.6%の割合で絶えず増加しています。

SCP-4271 responds to stimulus, reacting when touched by repulsing from the point of contact as well as moving or swaying when left to idle.
SCP-4271は刺激に反応し、接触されたときその地点から反発することで反応し、また何もしていないときは移動及び揺動を行います。

Discovery: SCP-4271 was originally discovered in February of 1908 by prospectors during the Sutter Mill goldrush. At that time, SCP-4271 was only a conglomerate mass that was attached to a wall near the mountain's crest. Originally presumed to house gold within its cavities, the prospectors attempted to mine for the gold using their pickaxes but spent hours trying with no results and broken tools. The prospectors then tried to use their stacks of dynamite to break open the cliff face. The resulting explosion caused the rock face, which SCP-4271 was rooted on, to collapse into a ravine below.
発見: SCP-4271は1908年2月にサッターズミル・ゴールドラッシュ中の探鉱者によって最初に発見されました。当時、SCP-4271は山頂付近の壁に張り付いた礫岩の塊に過ぎませんでした。当初は空洞内に金が内包していると考えられ、探鉱者達はつるはしを用いた金の採掘を試みましたが、数時間の試みでなんの成果も得られず、道具が壊れる結果になりました。探鉱者達はその後多量のダイナマイトを使用し岩壁の表面の破壊を試みました。その結果爆発によってSCP-4271が根を張っていた岩壁が崩壊し、谷底への落下を引き起こしました。

In 1920, SCP-4271 was rediscovered by ASCI operatives within the ravine and was cordoned off from the public. The exclusion zone surrounding SCP-4271 was established alongside Site-08.
1920年、SCP-4271は峡谷内でASCIのエージェントによって再発見され、民衆から隔離されました。SCP-4271を取り囲む隔離エリアはサイト-08の側に設置されました。

Addendum 4271.1: Future projections of SCP-4271 estimate that at its current rate of growth, SCP-4271 will spread and encompass the entire Eastern Seaboard in as little as 500 years. Further projections of SCP-4271 also estimate it to expand itself across the North American continent by the year 2███.
補遺4271.1: 将来におけるSCP-4271の予測は現在の成長率ではSCP-4271が僅か500年で東海岸全域に拡大、包囲すると推定されます。さらなるSCP-4271の予測では、2███年までに北アメリカ大陸全域に拡大すると予測されます。

Incident: On September 3, 2021, Foundation seismographs detected an oncoming earthquake emanating from beneath SCP-4271. Drone inspection of the valley revealed that a large crack had begun to form across SCP-4271.
インシデント: 2021/9/3、財団地震計はSCP-4271の真下を震源とする地震を検出しました。ドローンによる谷間の調査により、SCP-4271に大きな亀裂が入り始めていることが明らかになりました。

Several hours later, various winged insects composed of calcium and silicate compounds had emerged from the vents of SCP-4271. Simultaneously, a large entity (SCP-4271-B) estimated to be over 9 meters in height, composed of magma and a dark-colored igneous rock, rose from the fissure within SCP-4271. SCP-4271-B is covered in what appear to be glyphs and runes engraved across its back3.
数時間後、SCP-4271の通気孔からカルシウムとケイ酸塩化合物で構成された様々な有翅昆虫が出現しました。それと同時に、岩漿と暗色の火成岩から成る高さ9メートル以上と推定される巨大実体(SCP-4271-B)がSCP-4271内の亀裂から出現しました。SCP-4271-Bはその背面に刻印された象形文字やルーン文字とみられる記号に覆われています。4

For the next four hours, the entity climbed out of the large crevice within SCP-4271 as the fissure started to widen due to the weight of SCP-4271-B before finally giving way and collapsing beneath SCP-4271. The entity ceased all motion as it fell into the large crevice. SCP-4271's total area shrunk as it slowly recovered the mass lost during the entity's arrival to the surface; resetting its growth rate for at least sixty years.
その後4時間、SCP-4271-Bの重さにより亀裂が広がり始めたため、実体はSCP-4271内の大きな裂け目から脱出しましたが、最終的に膝を崩しSCP-4271の下で崩壊しました。実体は大きな裂け目に落下し、全ての活動を停止しました。SCP-4271の総面積は実体の地表に到達する間に失われた質量がゆっくりと回復するにつれ縮小し、少なくとも60年分の成長率を巻き戻しています

Aerial reconnaissance of the incident revealed that after the creature fell back into the crevice within SCP-4271, six irregularly shaped humanoid entities covered in dark, crystalline structures were seen around the walls of the fissure as it closed up.
インシデントの航空偵察によって実体がSCP-4271内の裂け目に落下した後、暗色の水晶構造に覆われた6体の不規則な形をした人型実体が亀裂が閉じる時にその壁の周りに見られたことが明らかになりました。

Seismic activity has only increased after this incident. Further research and changes to SCP-4271's containment protocol are currently underway.
このインシデント後、地震活動が増加傾向にあります。更なる研究とSCP-4271の収容プロトコルの改定が現在進行中です。


scp en keter 生命 asci 水晶 地質 歴史 人間型 移動不可 破壊不能 昆虫 石



ページ情報

執筆者: Voila
文字数: 7124
リビジョン数: 18
批評コメント: 1

最終更新: 08 Mar 2021 14:48
最終コメント: 04 Mar 2021 13:03 by Witherite

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Voila's portal does not exist.


エラー: Voilaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6085604 ( 08 Feb 2020 06:42 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License