資金 手直し1回目

このページの批評は終了しました。


「ええっ!?ロイヤーズ氏からの資金提供が途絶えた!?」

会議室に相生の声が響く。

「ちょっと相生君、廊下の職員にでも聞こえたらどうするんだね。機密事項なんだぞ。」

「まあ驚くのはわかる、現に私も先程知ったからな。」

息が上がっている。

今我々は、危機に瀕していた…




僕の名は相生あいおい 裕貴ゆうき。財団日本支部資金管理部門"CMD"1の端くれだ。名前の通り財団の資金を管理してるから、実験の資金も僕らが決めている。そのためかクリアランスレベルは全員4、いいもんだろ。

ちなみにCMDは各支部にあり、それぞれ結構親密な関係にある。だから1年に一回全支部のメンバー全員で休暇に行く。「今年はスペイン支部の番ですね~」「去年のフランス旅行は楽しかったな」なんて会話をするように、毎年順番に各支部の国にお邪魔する。

っと、無駄話が過ぎたね。本題に戻ろうか。


「どうしてなんですか!?先月まで振り込まれていたんですよ!」

「きっとなにかあったんだ…そうだ、そうに違いない!!」

僕は冷静な判断が出来なかった。会議室を飛び出し、地下駐車場に向かう。

「冷静さを欠くのが彼の欠点だ、俺が追いかける。帰ってくるまで通常業務に戻れ。」

クソッ、手間かけさせやがって… 部門長、猪瀬は相生を追う。相生は猪瀬お気に入りの後輩であった。

「鍵がー、鍵忘れたー。」

猪瀬と相生がすれ違う。猪瀬が振り返る。

「ん?」









「あ、部門長。どうしましたか?」

(いやどうしたもこうしたもないよ!お前を追ってたんだよ!)
「あ、いや。(咳払い)相生、お前突然会議室飛び出してどこに行こうとしたんだ。」

しまった、咄嗟のことで叫んでしまった…

「これから空港へ。タイ支部に行ってきます。」

なんとも予想外の答えが返ってきた。

「なんでタイ支部に行くんだ?ロイヤーズ氏は謎が多いんだ。解決には至らないぞ。情報はリアルタイムで各支部に送られるが、これといってまだ有益な情報は出ていない。会議室で待っているのが得策だろう。」

「そっか、そうですよね…わかりました、戻ります。」

そうして私と相生は会議室へと戻っていった。もう少し考えてから行動してほしいものだ。














ある男の影が1つ…

「聞いちゃったよ…」

「とにかく、みんなに知らせな…いッ…と…」

男は首筋に手刀を喰らい、膝から崩れ落ちた。黒いコートを着た男か女か分からない者が男を運ぶ。

「知られてはいけないんでね、暫くここで眠っててくれ。」

黒コートは人気の無い倉庫室に男を閉じ込めた。


「さて、どうする?」

会議室では話し合いが行われていた。しかし、全く前には進まなかった。

「ってか今日も成田さん来てませんね。今大変なのに。」

「いつもの事だ、直に来るだろう。」

成田とは、相生と同じくCMD所属で、猪瀬と同期である。会議などにはあまり参加しないが、仕事を完璧にこなすエリートだ。

「いや、しかし彼女の意見も必よ…」

その時だった。

「緊急!緊急!収容チャンバー███にてSCP-███-JPが収容違反!総員直ちに避難せよ!繰り返す、緊急!緊急!」

けたたましく鳴り響くアラート、逃げ惑う職員、騒めく会議室。SCP-███-JPは侵食系の異常性を保持している。日本支部の資金予算案を削るため、特別収容プロトコルが見直されていたオブジェクトだ。機動部隊が到着するまでには逃げなければ、会議室にいた全員がそう考えた。部屋からいち早く出ることが満場一致で可決された。猪瀬がドアノブに手をかける。扉が開く。…猪瀬に向かって。

ガンッ
「痛ったあ!」

顔面を思い切り強打し、床に鼻血が垂れる。

「ああ、猪瀬いたのか。すまん。」

「な、成田…お前……」

顔を押さえる猪瀬を気にも留めず、成田は懐からある書類を取り出す。それはSCP-███-JPの報告書だった。

「よく考えてほしい、SCP-███-JPは1年程前にNeutralized指定されているだろ。」

成田以外の全員が驚愕する。続けざまにもう1つ。

「そして、恐らくあの音声には認識災害が埋め込まれている。」

会議室のスピーカーは最近調子が悪かった。そのため他の職員ほど影響を受けなかったのだ。

「ボクはこれがあったから大丈夫だったけどね。」

首に掛けているヘッドホンを指さす。

しかしまだ疑問は残っていた。

「なら一体何処からの襲撃なんだ、CIか?Handか?」

「いや、ボクが思うに、今回の大富豪ミスターロイヤーズからの資金提供停止に何か関係あると。」


まだ相手の思案が読める時期ではない。今回の事案では直接襲撃はなく、死者は0人だった。僕らはこれから一体どうなってしまうのだろう…

sb3infoのincludeに|tag=引数を設定すると、予定しているタグを表示できます。


ページ情報

執筆者: Voila
文字数: 2412
リビジョン数: 65
批評コメント: 4

最終更新: 02 Jun 2020 11:15
最終コメント: 01 May 2020 07:05 by Voila

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Voila's portal does not exist.


エラー: Voilaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6085604 ( 08 Feb 2020 06:42 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License