1622-JP ネタ置き場

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

なんと「旧約聖書」にも、人間と密接な関係を持つ動物として登場します。また紀元前1000年より家畜化されていたという研究結果も報告されているのです。

背中のこぶの中には良質な脂肪が蓄えられており、食糧がない時にはこの脂肪をエネルギーに変換して使うことができます。そのため彼らは、草が1本も生えていない過酷な砂漠でも、1週間程度であれば飲まず食わずで進み続けることができるのです。

ラクダのコブはエネルギーを蓄えるだけでなく、断熱材として働き、汗をほとんどかかないラクダの体温が日射によって上昇しすぎるのを防ぐ役割も持っています。

日射による背中からの熱の流入を妨げつつ、背中以外の体表からの放熱を促しています。

逆に湿潤な気候ではラクダは生きていけません。

ラクダは湿潤環境に多く発生する疫病に対して抵抗力がありません。

また、足が湿地帯を移動するようにできていず、足を傷めることが多いからです。

トゲのあるサボテンを食べてもラクダの口はゴムのようになっていてケガをしないようになっています。

現地での二つ名は「砂漠の船」・「神様からの贈り物」。

ラクダの場合は赤血球が2倍以上に膨張しても破壊されない。

ERROR

The Voila's portal does not exist.


エラー: Voilaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6085604 ( 08 Feb 2020 06:42 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License