SCP-XXX-JP ラクダよ、天まで届け

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは収容不可能なため、財団の活動の焦点は主に情報統制に当てられます。財団WebクローラーがSCP-XXX-JPに関する情報を捜索し、発見した場合、ただちに削除し、SCP-XXX-JP研究主任へ連絡します。SCP-XXX-JPの目撃者にはAクラス記憶処理が施されますが、SCP-XXX-JP-Aの標的となった街の住民は当時の記憶を有していないため、現状記憶処理の必要はありません。

説明: SCP-XXX-JPは6月22日1にラクダ属(Camelus)に起こる現象です。SCP-XXX-JPの対象となったラクダはSCP-XXX-JP-Aに変化します。

SCP-XXX-JP-AはSCP-XXX-JPの対象となった異常なラクダの個体です。SCP-XXX-JP-Aは蹄から推進剤を噴射し、反作用を利用して熱圏まで移動します。通常の化学ロケットに使用される燃料の量よりも著しく少ないにもかかわらず熱圏まで移動が可能である原理は不明です。SCP-XXX-JPは主に西アジアに生息しているラクダに発生しますが、稀に北アフリカや東アフリカでも発生します。以下はSCP-XXX-JPを捉えた映像の転写です。

映像ログXXX-JP-1

付記: 2018/06/22の地球観測衛星ASNAROのカメラが捉えた映像より抜粋。

<00:00> SCP-XXX-JP-AがASNAROのカメラに捉えられる。

<00:53> SCP-XXX-JP-Aが高度約450km地点で静止する。

< 特筆する変化がないため中略>

<06:22> SCP-XXX-JP-Aの口腔部が開き、背中のコブにアラビア語で「連邦保健省」と浮かび上がる。

<07:12> 口腔部から大量の25ピアストル紙幣が推定時速███kmで発射される。この時に発射された紙幣は燃え尽きることはなかった。紙幣はスーダンの首都であるハルツームの上空300mで静止した。

<09:02> SCP-XXX-JP-Aが逆さになり、蹄から推進剤を噴射しながら降下した。元の場所へ戻ったと推測される。

<記録終了>

映像ログXXX-JP-2

付記: 映像ログXXX-JP-1と同時刻のハルツームの監視カメラより抜粋。

<00:00> ハルツームの市民が自発的に静止し、空を見上げる。

<01:43> 空が晴れ、太陽光の光度が低下する。2

<06:22> ハマデルニール広場3の上空に映像ログ-XXXJP-1でSCP-XXX-JP-Aのコブに出現した文章と同一な文章が現れる。

<08:15> 25ピアストル紙幣が空中で静止し、ハマデルニール広場の上空を埋め尽くす。その後同時にハルツーム市民の口腔内へ入る。この時壁などの障害物はすり抜けた。

<08:42> 全市民が紙幣を吐き出す。この時、紙幣は全て「MERSに気をつけて」と書かれた紙に変換されている。

<記録終了>


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Voila's portal does not exist.


エラー: Voilaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6085604 ( 08 Feb 2020 06:42 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License