Universeblue-15--bd6a

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


評価: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその性質上、完全な収容が不可能です。SCP-XXX-JPの出現場所は財団webクローラによって常時探査、特定が行われています。

説明: SCP-XXX-JPは、インターネット上に存在する知的生命体です。SCP-XXX-JPはネット上の様々な場所に出現しますが、特にオンラインチャットや匿名掲示板等のサイトに出現しやすいことが判明しています。SCP-XXX-JPのIPアドレスは複数個確認されていますが全て存在しないアドレスであり、発信元の特定には至っていません。
通常SCP-XXX-JPは一般のネットユーザーに扮しているため、他のユーザーがSCP-XXX-JPの存在または異常性に気付くことはほぼありません。
SCP-XXX-JPの異常性は、SCP-XXX-JPが出現しているサイト上において利用者自身に関する何らかの書き込みを行った場合に発生します。(以下、書き込みを行った人物を対象と記述)
対象が書き込みを行った後、SCP-XXX-JPは対象の書き込みに対し何らかの返信を行います。返信の内容は対象に対する羨望、称賛、励ましといったものが多くを占めます。SCP-XXX-JPによる書き込みが行われた後、対象はインターネット及びそれに関連したコンテンツ1に対する意欲、関心を失います。また対象は書き込みに準拠した事柄に対し強い関心、意欲を抱くようになります。以下はSCP-XXX-JPが出現したと見られる事例を記録したものです。

事例記録SCP-XXX-JP-1

日付:2017/8/21
出現場所 ██のお悩み相談室(個人ブログ)
対象 20代男性。「仕事が上手くいかず、気力が低下している」旨の相談を書き込んだ。
返信 『██さん、いつもお仕事お疲れ様です!██さんのお仕事のことは私にはよく分かりませんが、██さんが頑張っていることはよく伝わってきます!』

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The Universeblue's portal does not exist.


エラー: Universeblueのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6061115 ( 30 Jan 2020 12:39 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License