SCP-XXX-JP - 海若関

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png
7FC2E31E-C69B-4E74-9EA6-EF21BA575A6F.jpeg

SCP-XXX-JP

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPが存在する████████跡地は財団フロント企業を通じて買収されています。SCP-XXX-JP周辺に監視カメラを設置し、侵入者が発見された場合、サイト-8158から人員が派遣されます。

説明: SCP-XXX-JPは岐阜県関市 ████████跡地に存在する高さ28[m]の建造物です。主に鋼材で構成されており異常な建材は確認されていません。

SCP-XXX-JPは頂上部からジェルマン心理値1が43.2[Ge]以下の人間が落下した際に異常性が発現します。条件に合致する人間が落下した場合、落下した人間は通常発生し得る神経組織の損傷、骨折、筋肉の断裂などの負傷を受けません。

補遺.XXX-JP.1 > 実験記録: 1989年3月1日から1982年3月31日にかけてSCP-XXX-JP異常性発現条件特定実験が行われました。

実験1 D-4672 55歳 男性 30.4[Ge]
1934年、秋田県仙北郡六郷町生れ。1960年に集団就職として上京。1969年まで██精機で就労。しかし██精機が倒産し失職。その後日雇い労働を行いながら都内各地を転々とするも貧困から197█年█月█日に██家宅に侵入し親子5名を殺害、現金21万円を窃盗して逃走。東京高等裁判所で死刑判決を受け、1980年に財団へ雇用される。
結果 生存(負傷無し)
実験2 D-4780 21歳 男性 68.3[Ge]
1968年、東京都中野区生れ。1986年に慶應義塾大学文学部社会学科に入学。女性関係のトラブルから1989年1月21日に新宿駅にて自殺を図り、新宿駅に駅員として潜入していた財団職員により雇用される。
結果 内臓破裂により死亡
実験3 D-4759 29歳 女性 99.3[Ge]
1960年、鳥取県西伯郡五千石村生れ。1976年に大坂府大阪市浪速区へ移住。ミナミ地域の風俗店で勤務しながら複数の男性の援助を受けながら生活を営む。198█年に交際していた男性2人を殺害。検察から死刑を求刑されるも反省の意が認められ無期懲役刑が下される。1988年に自ら志願して財団へ雇用される。
結果 脳挫傷により死亡
実験4 D-4763 38歳 女性 25.1[Ge]
1951年、埼玉県所沢市生れ。1970年に日本国有鉄道職員██ ███と結婚。1984年に夫の不倫を知り逆上した夫から暴行を受けた後、別居状態となる。同年5月6日に西荻窪駅にて自殺を図り、西荻窪駅に駅員として潜入していた財団職員により雇用される。
結果 生存(負傷無し)

・ ・ ・

・ ・ ・

・ ・ ・

補遺.XXX-JP.2 > 事案.XXX-JP.1: 1989年3月28日、SCP-XXX-JP異常性発現条件特定実験に参加していた██ ██補佐研究員がSCP-XXX-JPから飛び降り自殺を図りました。██補佐研究員は即座に確保されサイト-8158医療棟で検査が行われました。検査の結果、██補佐研究員は一切の負傷を受けていないもののジェルマン心理値が9.2[Ge]であり極度の鬱状態だったことが判明しました。

    • _


ERROR

The sendoh-oroka's portal does not exist.


エラー: sendoh-orokaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6059604 ( 04 Feb 2020 13:50 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License