SCP-XXXX-JP「何処に行きたい?」

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Safe Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは、サイト-81██の標準収容室に全ての電源から切り離した上で主電源を切って保管し、使用及び実験時を除いて暗証番号式電子錠で施錠して下さい。暗証コードはセキュリティクリアランスレベル3以上を保持する職員にのみ公開されます。
但し、実在しない場所及び地球外を対象とした実験の際は、O5評議会の許可を得て下さい。

説明: SCP-XXXX-JPは、黒色の標準的な外観をしたラップトップコンピューターです。筐体は未知の金属製で、裏面には██████社のロゴマーク及びシリアル番号が刻印されており、画面枠左下には〈COS-42〉と刻印されています。目立った疵や凹みはなく、全てのキーが正常に動作します。ただし、██████社は現在この型式のコンピュータを製造しておらず、同社の製品で過去に〈COS-42〉と名付けられたコンピュータは存在しません。

SCP-XXXX-JPは、自我を持った非常に高度な人工知能を搭載しており、文字及び機械音声による応答が可能です。現在、SCP-XXXX-JPは財団職員に対して非常に友好的に接し、収容にも協力的です。SCP-XXXX-JPは自身の態度を”非常に紳士的”であると評しており、主に丁寧語で会話します。また、財団職員に危害を加える際も度重なる警告をした上で、警告を無視された場合のみ実行します。
 
SCP-XXXX-JPには██████社の製品が標準搭載しているOS及びアプリケーションが搭載されていますが、それとは別に〈COSMOS〉と表記されたアプリケーションが存在します。このアプリケーションはSCP-XXXX-JP内以外に存在しません。〈COSMOS〉は標準的な検索エンジンのUIを備えていますが、検索ボックス内には地名しか入力する事ができません。地名の対象となるのは、 [地球上に実在する地名/座標・宇宙空間の座標・架空の地名/座標・場所の特徴を表す検索語] です。
有効な地名が入力されると、SCP-XXXX-JPは0.1~30秒の間検索を行い、検索が終了すると、〈検索結果一覧〉が表示されます。〈検索結果一覧〉には、検索ボックス内に入力された検索語に該当する場所が表示されており、任意の項目をクリックすると、10秒以内にSCP-XXXX-JPの画面がポータルへと変化します。ポータルは入力した地名の場所に繫がっており、30分~███の間自由に行き来が可能です。ただし、SCP-XXXX-JPが自身で操作した場合はこの限りではなく、人間が操作した場合でもSCP-XXXX-JP側からポータルを閉じる事が可能であると推測されています。

SCP-XXXX-JP及び〈COSMOS〉をコピー・解析する試みは全て失敗しており、コピー先及び解析を行ったコンピュータの内部データが回復不能なまでに破壊される結果に終わっています。
内部データを破壊されるまでは、〈COSMOS〉は通常の検索エンジンと同様に動作し、異常性は発揮されません。
 
上記の性質を踏まえて、SCP-XXXX-JPの調査実験が実施されました。
 

SCP-XXXX-JPの内部構造を調査するため、機動部隊ゑ-7("傍観者")が実験室を監視した状態で機動部隊ゑ-8("技師の拇指おやゆび")によるSCP-XXXX-JPの分解調査が行われました。以下は記録映像の書き起こしです。
 


ERROR

The Okt-Revolutsiya's portal does not exist.


エラー: Okt-Revolutsiyaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6051424 ( 28 Jan 2020 11:46 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License