SCP-XXX-JP ██博士の素敵なコップ

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe→ Neutralized

旧・特別収容プロトコル: ██博士の机の上と倉庫。

現・特別収容プロトコル: ██博士の部屋のゴミ箱。

説明: SCP-XXX-JPはどんな液体を入れても██博士お気に入りの███産コーヒーになる紙コップです。この異常性が██博士から財団に報告されたのは20██年の夏頃ですが、██博士は少なくとも報告の5年前からこの異常性を理解していたことが分かっています。

SCP-XXX-JPは大きさ8cmの一般的な紙コップであり、耐久性なども差異はありません。また、SCP-XXX-JPのその異常性によって生み出されたコーヒーも一般的な███産のものであり、特に異常性は見つかっていません。

SCP-XXX-JPは全部で約5000個程ありましたが、その全てを██博士が使用し、潰して捨てました。

補遺1: ██博士「便利なコップだったのになぁ…」
補遺2: D-59██「コーヒーはとても美味しかったです」
補遺3: この文書が公開されている頃には全てのSCP-XXX-JPはゴミ処理場で焼却処分されていることでしょう。


ERROR

The Tokinon_'s portal does not exist.


エラー: Tokinon_のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6022979 ( 18 Jan 2020 00:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License