シチュー-JP ハブ

シチュー-JP


シチューは作れないなんて考えは時々だけれどもちょいとバカっぽい考え方になる。何も作れないなんて事はない。俺たちの中には、感動できたり不味かったり、選択して食べたり出来る物は沢山あるんだ。何を信じ、何を受け入れてこのシチューの厨房に頼むかはあんた次第。だけども、それはつまり料理人にはそういう目的や意図が無いって意味じゃない。具材の混ぜ込みがシチューの王道だ。

下に集められている物は、シチューの厨房の基本で共有するべき物を決める為のメニュー集だ。昼飯を一つに纏めておくのなら、あんたはここから他のメニューを読んで、それぞれ繋がっているって事を思い出して確かめるべきだ。もしも自分のシチューを作る事に興味があるんなら、このページのメニューを底まで読むんだな。

このページは日本Wikiで作られたシチューへのハブページです。本家Wikiのメニューはこちらを参照して下さい。


厨房はシチューのアクを最小限にとどめようとしていると思っていた。味を守り、ディナーの世界に留めるために店の中で戦う人々として厨房を描いてきた。けれど、この世界の厨房は、完成のためにアク抜きを選ばず、横着のために客の犠牲を厭わない。


やがて厨房は今ある全てのシチューを提供し、何もかもを自分たちの思い通り楽をして収入を得るだろう。そのための準備を進めているのだ。

このせまい皿に、美味性維持具材がひしめきあっている。


馬鈴薯も人参も水面下で、食べる音を鳴らすのは最後だけでいいのだ。

これよりお口に入れますは、かつてあったシチューの余り物。


償いをしなければならない。その為に食べるのです、貴方も、私も、この皿に残った不味いシチューを。

shirasutaro-shirasutaro- 著「湿気」より

98年初夏に完成したポーランドでの神格シチューの降臨は、長く続いたシチューレシピの崩壊を齎した。レシピはまた次の神格シチューを生む──ファミレスでの取り合いテロ、拡散するシチュー依存、エトセトラエトセトラ…。それでも、料理人は前へと進んでゆく。


ポーランドは明日、シチューに先駆けて新たな一歩を踏み出します。レシピの先へ、美味さへ立ち向かうために。シチューに未来あれ。

シチューグレード、それはシチューとシチューの美味さのぶつかり合い。世界一のシチューグレーダーを目指して修行中の料理人タカオは、美味さと言う名の渦に呑まれ、闇鍋との戦いに身を投じていく。果たしてタカオは闇鍋を倒し、シチュー界に平和を取り戻せるのか!?


トロワ、ドゥ、アン、Bienvenue!

それは、裏の厨房で形作られたシチューの隠し味、あるいは揺ぎ無きルー。我々は裏の厨房という暗闇の中に立ち、美味意識のネットワークに散らばる食材と調味料を和え込むことで、美味しさを維持し続ける。


それでも、我々は真の意味で『美味い』を感じる日を信じ、この場所を維持する

amamielamamiel 著「Umee Mania」より

オジサンはレシピを解き明かす。そのシチューが美味か不味か、それは数多に入れられた具材の中に。


オジサンのレシピは美味と不味の境界を暴く。これは真実であり、同時に酔っぱらいの思い付きでもある。

シベリアの辺境で注がれた一杯のシチューより

話序でに一口飲んだシチューのルーも、2杯美味しさ紛れに食べさせられ、今じゃ哀しき3杯目。
此処はファミレス、時は夕暮れ。


食事している客人は現在、人知れず食い逃げするか、代金を出して財布の中身を抜かれるか、シチューを捨てて生を取るかという、過酷な選択を迫られている。

64日で何が出来る?シチューが造れる。


「……アンタ、おかしいよ。すべてをシチューにすることなんてできない」止まって、振り返る。俺は笑って答えてやった。「なぜ出来ないと?作ったことがないんだ、試してみないとわからないだろう?」

光あるところにシチューあり。古き翳どもはいつだって、温まるシチューを探している。


あの美しい具材が目に焼き付いて離れない。一瞬のことだったが、私は確かに……湯気の一端を目にしていた。なあサム、どうか教えてくれ。あのシチューはアツアツだったのか?

一度冷めてしまったシチュー、一度完食してしまったシチュー。人々は探す。"具材"を共に。この世界で人々が食べるには何が最良なのかを。"馬鈴薯"も"人参"も間違いであった世界で何が正解なのかを。


「私たちは、もう同じ過ちを繰り返しません。我々は新しいシチューと、付き合っていかなければいけないのです」

k-calk-cal, Hasuma_SHasuma_S 共著 「シチュー啓雲」より

シチューはファミリーレストランで作れば綺麗だが、マイハウスで作れば崩壊だ。


入店する人々はみな希望に満ち溢れた表情でシチューという料理を祝福しているようだ。その口元は胡乱げにとろけ、表情はやさしさに満ち溢れていた。

H0H0H0H0旨味」より

今日の献立の話をしよう。焼き魚と漬物の昨日ではなく。
今日の献立の話をしよう。トーストと目玉焼きの明日ではなく。
ただ、今、君と、今日のシチューの話をしよう。


「ま、慣れりゃ分かるよ。シチューはそれほど不味くはないんだ。」

yzkrtyzkrt著 「シチュー任務」より

厨房の黄昏、一人シチューを作る。自分が夜明けを迎えられるように。


暗闇の中で完成するまで作り続けよ。私に諦める事は許されない。

このシチューはあまりにも不味い。だからと言って、それが料理を止める理由にはならない。


信じられなかった。信じたくもなかった。ただ皿に入れられているシチューの味がそれが事実であることを物語っていた。

ある日、シチュー界の外にシチューを敵対した液体「カレー」が流出した。それは瞬く間に一般社会を変貌させ、美味観を変貌させた。ある人々は易々とシチューから逃れ、またある人々は易々とカレーを取り寄せた。

シチューとは何か、カレーとは何か、家の食卓が揺らぎ始める。


シチューは美味である。シチューの流行がたった1つのカレーによって絶たれる。その瞬間である。それを抜き出す事を可能にしたのがビフトマ(ビーフシチューとトマトシチュー)だ。

R_IIVR_IIV 著「美味ぇ!」より



ERROR

The ARAGAMIakit's portal does not exist.


エラー: ARAGAMIakitのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6020557 ( 20 Jan 2020 05:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License