ぐねぐね病

警告

当報告書を閲覧するにはSCP-XXXX-JPの異常性暴露を回避する為異常性の説明を受けた後に適切な処置を行うようにしてください。適切な処置が不可能な場合は即座に報告書の閲覧を中止してください。

rating: 0+x
blank.png
1535090321.jpg

SCP-XXXX-JP-1第6段階のイメージ図。

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPは現在収容することが出来ていません。SCP-XXXX-JPによる事例が確認された場合、その場所から半径100m以内の住民を全員保護対象としてください。

説明: SCP-XXXX-JPは中部地方各地で発生している正体不明の発光体です1。SCP-XXXX-JPは午後10時から朝の4時にかけて出現します。SCP-XXXX-JPは対象人物(以下SCP-XXXX-JP-1)の睡眠中にベッド(寝床)に突如出現します。この際SCP-XXXX-JP-1が睡眠からの覚醒状態に突入しなかった場合、SCP-XXXX-JPは消失し、SCP-XXXX-JP-1に影響はありませんが、睡眠からの覚醒後SCP-XXXX-JP-1が開眼しSCP-XXXX-JPを直視した場合SCP-XXXX-JP-1は以下の影響を受けます。

1.SCP-XXXX-JP-1がSCP-XXXX-JPを30分間直視し続ける。2
2.1の行動の後SCP-XXXX-JPは再度睡眠状態に入り、SCP-XXXX-JPは消失。
3.起床後、SCP-XXXX-JP-1に頭痛の症状が出てくる。
4.1時間後、SCP-XXXX-JP-1に関節痛や腹痛、下痢嘔吐の症状が出てくる。
5.3時間後、SCP-XXXX-JP-1は重度の精神障害を患う。
6.6時間後、SCP-XXXX-JP-1は無意識に一定距離移動した後奇怪な動き3をし始める。

SCP-XXXX-JP-1は第6段階に突入した際、必ず新潟県加治川村が存在していた4方角への移動を行う事が判明していますが、SCP-XXXX-JP-1が加治川村を目的地としているのかは新発田市にてSCP-XXXX-JP-1の目撃談が無い為不明です。また、あSCP-XXXX-JP-1の様子については発見文書XXXX-JP-1を参照してください。

発見文書XXXX-JP-1: 201█年、SCP-XXXX-JPに関連すると思われる日記が発見されました。以下はその抜粋です。

7月23日

今朝からお母さんが頭痛を訴えている。


7月24日
昨日お母さんが出かけてから行方不明になっている。心配だ。


7月27日
今度はお父さんが行方不明になった。そういえばお父さんも頭痛だった気がする。


7月28日
隣町の祖父母の家に引き取られることになった。


7月30日
祖父が嘔吐下痢症になった。様子もなんだか変だ。


7月31日
祖父が行方不明になった。もう嫌だ。怖い。


8月3日
綾菜が頭痛を訴えた。どうやら関節痛もするらしい。私は綾菜を祖母と共に病院に連れて行った。


8月4日
綾菜が行方不明になった。一緒に行った祖母も行方不明になった。私1人になってしまった。


8月5日
あたまがいたい。


以上の日記が発見されたのは富山県氷見市である事から、日記の執筆者は2010年に失踪した竹中 菜穂氏であると推測されています。

インタビュー記録XXXX-JP: 以下は201█年に行われた財団職員が行った、文書XXXX-JP-1の発見者(40代女性)とのインタビュー記録です。

私は昔から菜穂ちゃんところの近くに住んでて、よく真帆さん5と世間話をしたものです。そんなある日のことなんですが、私が真帆さん家を尋ねたら、真帆さんと秋朗さん6が行方不明になった事を菜穂ちゃんから知ったんですよ。菜穂ちゃんは「おじいちゃんおばあちゃんの家に行く」って言ってたけど。んで菜穂ちゃんを手伝って引越しの手伝いをした後結局帰りました。

その数日後の事だけど綾菜ちゃんと菜穂ちゃんも行方不明になったって聞いてね、そんで後日堀西さんの家7に行ったんですけどその時にこの日記を見つけたんです。そんでこの日記を読んで私はすぐに悟りました。皆「くねくね」になった、んだと。くねくねっていうのは最近都市伝説になってるやつで、畑とか道とか至る所にくねくねした発光体が見えるんだと。そんでそれを見た人も皆くねくねになってしまうって伝承も有名ですよね。日記を見る限りそのくねくねになる初期段階?という症状が真帆さん達にあったそうですから、きっと間違いなくくねくねになってしまったんでしょう。

じゃあくねくねになってしまった人は死んだ扱いになるんでしょうかね?都市伝説上では"精神崩壊"と言われていますが、実際のところどうにか分かりません。ですがくねくねの存在は私達の村では当然の様に根付いてますし、今更不思議な事ではありませんよ。ここからは聞いた話なんですけど、くねくねになった人達は絶対新潟県加治川村に行くんですよ。それが何故かってのはいろいろな説があるんですけど、一番有力なのは「加治川村がくねくねの住処」っていう説ですね。まぁどういう事かといいますと、加治川村の真下を工事で掘った人が、よく分からない空洞を見つけたと言うんです。それがくねくねの住処だと言い張るんですよ、彼は。何故そんな事思ったかは分かりませんが、彼は数日後に行方不明になりました。

その数日後の事なんですが新しく出版された都市伝説の本の表紙にでかでかとくねくねの事が書かれていたので手に取って読んでみました。するとそこにはくねくねについて色んな事が書いてあったのですが、私が一番驚いたのは「くねくねをよく知る人ほどくねくねの被害に遭いやすい」って事ですね。まぁこれもあくまで著者の考察でしょうし科学的根拠が無いので詳細は分かりませんが、もしそれが本当なら、私はどうなってしまうんでしょうか…。そしてこれを聞いた貴方にも、申し訳無いです。

このインタビューの1█日後に、文書XXXX-JP-1の発見者の女性が行方不明になった事が確認されています。また、SCP-XXXX-JPの存在を認知した人の方がSCP-XXXX-JPの影響を受けやすいという事実については、201█年に行われたDクラス職員20名による実験で正しい事が証明されています。この事よりSCP-XXXX-JPの写真撮影及び映像撮影の試みは撤回されました。

発見文書XXXX-JP-2: 201█年、SCP-XXXX-JPに関する情報が掲載されていた雑誌が発見されました。以下は記載されてあったインタビュー記録の抜粋です。

インタビュアー: では、「くねくね」というのは、やっぱり実在するのでしょうか?

都市伝説評論家を名乗る男性: そうですね。実際富山県の氷見市をはじめ目撃談があったり行方不明者も出ていますからね。

インタビュアー: でも科学的根拠は無かったんじゃないんですか?

都市伝説評論家を名乗る男性: 科学的根拠に囚われてばかりじゃ駄目なんですよ。この世には私達の知らない事だって沢山ある。くねくねのような"異常存在"がいてもおかしくはないと思いますよ。

インタビュアー: そうですよね…。それともう一つ聞きたいのですが、新潟県加治川村とくねくねの関連性について何かありますか?

都市伝説評論家を名乗る男性: その事なんですが、私、昨日見つけてしまったんですよ。加治川村がくねくねの住処であるという決定的な証拠を。

インタビュアー: 本当ですか!それで、証拠というのは、何なんですか?

都市伝説評論家を名乗る男性: それは来月号でのお楽しみ!

雑誌のインタビューに回答していた男性は雑誌出版から1█日後に行方不明になっていた事が後の調査により明らかになりました。















































画像出典

1枚目

ソース: くねくね
ライセンス: 不明
タイトル: 1535090321.jpg
著作権者: Subculturepedia
公開年: 2018

2枚目

ソース: Pixabay
ライセンス: CC0
タイトル: triangle-1076853_1280.jpg
著作権者: gr8effect
公開年: 2015


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The ARAGAMIakit's portal does not exist.


エラー: ARAGAMIakitのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6020557 ( 20 Jan 2020 05:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License