幽閉

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPが発生した場合、被害者が帰還した場合被害者にクラスA記憶処理を施し、行方不明になった場合カバーストーリー「自殺」を流布してください。

説明: SCP-XXXX-JPは嘗て「ペット」と称される動物を飼っていた人物1の前にランダムで発生する異常空間です。SCP-XXXX-JPを通過すると別世界に移動しますが、SCP-XXXX-JP内に入った場合、数時間後に帰還できる事もあれば、帰還出来ず行方不明になってしまう事もあります。また、現在現実世界とSCP-XXXX-JP内の間では通話が可能である事が分かっています。SCP-XXXX-JP内の様子についてはインタビュー記録XXXX-JPを参照してください。

SCP-XXXX-JP通過実験例

ペット 通過人数 帰還人数
100人 85人
50人 42人
昆虫 25人 12人

以下はSCP-XXXX-JPを通過後約5時間で帰還したD-32362へ行われたインタビュー記録です。D-32362は過去に犬を飼っていた経験を持っています。

インタビュー記録XXXX-JP

日付: 2019/10/██

対象: D-32362

インタビュアー: ██博士


<録音開始>

██博士: では、SCP-XXXX-JPの内部について教えてください。

D-32362: ちょっと待て、俺があの中に入ってから何年経ったか?

██博士: 何年?そんなにかかってませんよ。せいぜい5時間くらいです。

D-32362: 5時間だと!?15年は絶対経ってたぞ!

██博士: 15年ですか?あの中じゃ時間の進みが違うって事ですか?

D-32362: という事になるな。んで、こっからが本題だな。まずあの中に入った俺はペットショップにいた。

██博士: それでペットショップで働いたんですか?

D-32362: そっちじゃねえ。犬の方だ。俺はあの中に入った途端、ペットショップで売られていた。そして俺は、犬の見た目をしていた。

██博士: つまり、犬になったって事ですか?

D-32362: ああ、そうだ。んで、暫くしたら俺を買いに来た奴がいた。俺はそいつに買われて家に連れていかれた。

██博士: 飼われたって事ですか?

D-32362: そういう事だ。でも驚くのはそこじゃねえ。俺は飼い主の顔に見覚えがあったんだ。

██博士: 見覚えというと?

D-32362: それは俺の顔だった。家族も皆、俺の家族そのままだった。俺達が犬を飼っていた頃のな。

██博士: 自分に飼われた…って言うのは変な話ですね。

D-32362: だろ?そんでそいつらに暫く飼われていた。餌も玩具もあった。餌はドックフードとかじゃない。普通に人間が食うような米や野菜や肉とかだ。玩具も俺が好きだったPS4とそのゲームソフト数本だった。とにかくそいつらは犬を飼うと言うより、人間を飼うような扱いをしてきた。

██博士: 犬の見た目の人間を飼っていた、という事ですか?

D-32362: それはどうか分からねえが、暫く経ったある日、俺は寿命で死んだんだ。それと同時に俺はこの世界に戻って来た。

██博士: 分かりました。今日はありがとうございました。

D-32362: あ、その間の話でもしてやろうか?俺には高校生の姉ちゃんがいたんだけど、その時の姉ちゃんと一緒に風呂入ったんだぜ?いやー、もう最高だったよ。それに姉ちゃんのおっぱ

██博士: それ以上は結構です。

D-32362: ちぇ。

<録音終了>

以下はSCP-XXXX-JP内にビデオカメラを所持したD-5246を通過させた際の通信記録です。D-5246は過去に猫を飼っていた経験を持っています。

通信記録XXXX-JP

日付: 2019/11/██

対象: D-5246

インタビュアー: ██博士


<録音開始>

D-5246: じゃあ、入るぞ。

██博士: 分かりました。

(D-5246がSCP-XXXX-JP内に入る。途端ビデオカメラの映像が途切れる。)

██博士: やっぱりダメか…。

D-5246: あれ?こっちからは博士の声が聞こえるぞ?

██博士: あ、こっちからも聞こえます!って事は、通話は出来るみたいです!

D-5246: そうだな。

██博士: じゃあそっちの状況を教えてください。

D-5246: って言われても、実は俺、猫になっててさ、ビデオカメラ持ってないんだよ。だから今地面に置いてる。

██博士: 想定の範囲内です。ところで、雨音が聞こえている気がするのですが、雨が降っているのですか?

D-5246: ああ、雨だ。しかもかなり土砂降りだ。このままじゃ、カメラがいつまで持つか分からねえ。

██博士: 今何処にいますか?

D-5246: 今はな、空き地にいる。何故か俺はダンボールの中に居るんだ。

██博士: ダンボールですか?捨て猫みたいですね。

D-5246: 捨て猫ねぇ…。

不明な女性の声: あれ?猫ちゃんじゃん!こんなところに置いていかれて可哀想…。

██博士: D-5246?

D-5246: なんだよお前!

不明な女性の声: ちょっと待ってて!

(足音)

D-5246: …何だったんだ?

██博士: 分かりません…。

(3分52秒後に再度足音)

不明な女性の声: 飼っていいだって!ほーら、もう大丈夫ですからね!

D-5246: 離せって!…ってお前は!

██博士: D-5246、返事をしてください。

不明な女性の声: あれ?ビデオカメラ?何でこんなところに…あ、電源付けっぱなしじゃん!切っとこ!

<通信切断>

約8時間後にD-5246が帰還しました。帰還後、女性の声の主について尋ねたところ、中学3年生の頃のD-5246の姉であった事が判明しました。また、D-5246はSCP-XXXX-JPの中で約25年間を過ごしていた事が分かりました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The ARAGAMIakit's portal does not exist.


エラー: ARAGAMIakitのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6020557 ( 20 Jan 2020 05:31 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License