SCP-2581-JP(予定)下書き 君と見た湖を DV要因確認用

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png
mizuumi.jng

異常性発現前のSCP-2581-JP

アイテム番号: SCP-2581-JP

オブジェクトクラス: Euclid Neutralized

特別収容プロトコル: SCP-2581-JPは現在サイト-██付近の中庭に設置されています。

説明: SCP-2581-JPは白色の石膏で作られている噴水です。SCP-2581-JPは███公園にて発見されました。SCP-2581-JPの見た目は通常の噴水と差異はありませんが、対象から噴出される液体は1日ごとに不規則に変化します。液体の種類は多岐に渡り、液体および液状化した物体を噴出するものと考えられます。SCP-2581-JPの水源は不明であり、SCP-2581-JPの内部に水を引くような機構は存在しない事が分かっています。

調査2581-JP-a: SCP-2581-JPが回収された翌日から一日ごとにSCP-2581-JPから排出される液体を計6日間調査しました。以下はその調査ログです。

調査1日目
排出された液体:
分析: pHは約6.8。不純物なし。飲み水や日用水として使える程度の水が出た。この水のpH値は財団が普段利用している水と全く同様のものだった。

調査2日目
排出された液体: 硫酸
分析:高濃度の硫酸を検出。硫酸はその後処分。この時、SCP-2581-JPが設置されているサイト-██の付近の研究室で██研究員が硫酸を使った実験をしていた。

調査3日目
排出された液体: 犬の尿
分析: 排出された尿に特出するべき点は無かった。

調査4日目
排出された液体: 石鹸水
分析: 石鹸水は█████社の牛乳石鹸を使って生まれたものと考えられてる。

調査5日目
排出された液体: ボツリヌストキシン1の水溶液
分析: ボツリヌストキシンはSCP-2581-JPから排出され気化した。その結果サイト-██付近にいた職員███名が体調不良を起こし、そのうち██名が死亡。この時のボツリヌストキシンの濃度は僅か0.8パーセントだった。また、この時サイト-██付近の研究室でボツリヌストキシンに関する研究が行われていた。

調査6日目
排出された液体: 血液
分析: SCP-2581-JPから血液が排出されて█分後、サイト-██付近にいたDクラス職員1名が急死したとの報告を受けた。Dクラス職員の死体解剖の結果、全身の血液が消失していることが確認された。

補遺2581-JP-1: 上記の調査の結果から、SCP-2581-JPは自身の付近の液体を排出するものだと考えられています。また、調査5日目以降の結果から、SCP-2581-JPのオブジェクトクラスをKeterに再分類する申請が出されていますが、現在審議中です。

補遺2581-JP-2: 2019/01/██、SCP-2581-JPを収容以前私有地として所有していたという30代半ばと思われる女性(以降SCP-2581-JP-1)が発見されました。以下は███公園の管理者に扮した██博士とSCP-2581-JP-1とのインタビュー記録です。

インタビューログ2581-JP

日時: 2019/01/██

対象: SCP-2581-JP-1

インタビュアー: ██博士



<録音開始>

██博士: こんにちは。どうも、██といいます。お話よろしいでしょうか?

SCP-2581-JP-1: どちら様でしょうか?

██博士: 私は貴方が以前所持していたと仰っていたかつての███公園の噴水について聞きに来た███公園の管理人の者です。資料として必要なので尋ねてきました。

SCP-2581-JP-1: あの噴水ですね。はい。私が所持していたもので間違いありません。

██博士: では、質問を始めてよろしいでしょうか?

SCP-2581-JP: はい。大丈夫です。

██博士: まず、貴方が噴水を所有していたのはいつ頃からなのでしょうか?

SCP-2581-JP-1: はい。かれこれ10年前くらいですかね。10年前に私があの噴水を作りました。

██博士: あなたが作られたんですか?

SCP-2581-JP-1: 正確には私じゃなくて業者の人が作ってくれたんです。そしてあの噴水を作ったのには理由がありまして。

██博士: と言いますと?

SCP-2581-JP-1: 実はあの噴水、旦那の為に作ったものなんです。旦那は私と結婚してわずか2年で肺がんが判明して、その6ヶ月後に息を引き取ったんです。その時の遺言で、私は遺骨を墓の代わりに旦那の遺言通りに作った噴水の中に空洞を作って若い時に2人で撮った写真と一緒に入れ、私達の初デートの場所の███公園に寄贈したんです。

██博士: わかりました。では次での質問になります。あなたが持っていた時は噴水の吐く液体に異常はありませんでしたか?例えば水以外の液体が出たり、メモのような紙が出たりとか。

SCP-2581-JP-1: 最初の頃は何も無かったのですが、噴水を作って1年後くらいに、その頃の公園の管理者から連絡があって噴水から水以外の液体が出ている…と分かりました。

██博士: それから噴水を手放したんですか?

SCP-2581-JP-1: はい。危険な気がしたので手放しました。手放すと管理者に言ったら「壊しておく」と言われました。

██博士: それで噴水は壊したのですか?

SCP-2581-JP-1: はい。壊したと管理者から言われました。残念な気持ちはありますが仕方が無いことだと思います。

██博士: わかりました。今日はありがとうございました。

<録音終了>

追記: インタビュー終了後にSCP-2581-JP-1にクラスA記憶処理を施した。

補遺2581-JP-3: インタビュー後に██博士がSCP-2581-JPの側面を破壊したところ、空洞の中でSCP-2581-JP-1の配偶者の遺骨だと思われるものが入っている金属製の箱とSCP-2581-JP-1と配偶者と思われる男性が███湖で撮影したとされる写真が発見されました。後に遺骨のDNA鑑定をしたところ、SCP-2581-JP-1の配偶者であることが明らかになりました。

補遺2581-JP-4: SCP-2581-JPの地下から遺骨の入った箱を取り除いた次の日、SCP-2581-JPは水等の液体やメモを一切排出しなくなりました。SCP-2581-JPに遺骨などを入れ直しても異常性が再び発現することはありませんでした。このことを受けてSCP-2581-JPのオブジェクトクラスはNeutralizedへ再分類されました。



    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The ARAGAMIakit's portal does not exist.


エラー: ARAGAMIakitのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6020557 ( 20 Jan 2020 05:31 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License