3000JPコン参加(予定)作品 凛恋の花

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png
flower

庭に植えられたSCP-3000-JP

アイテム番号: SCP-3000-JP

オブジェクトクラス: Neutralized(暫定)

特別収容プロトコル: SCP-3000-JPはサイト-81██前の庭園に植えることが許可されています。管理については通常のケシ科植物の育成プロセスに則って行なってください。

説明: SCP-3000-JPは小さな植木鉢に植えられている一輪の花です。現在は赤いポピー(Papaver rhoeas)の姿をしていますが後述の異常性により元の姿は分かっておりません。SCP-3000-JPは次のような異常性を持っています。
・SCP-3000-JP-1とのテレパシーでの意思疎通が可能。1
・自身の姿をあらゆる草花に変えることが可能。この異常性が発現した時のみ上記のテレパシーの異常性が発現する。
・自身の半径50Km以内に非異常性の花を咲かせることが可能。
・水の供給が不要。
[追記2018/02/██]新たな異常性が判明しました。詳細は事案3000-JP-aを参照してください。
[追記2018/03/██]現在、SCP-3000-JPの異常性は全て消失したとされています。

SCP-3000-JPはSCP-3000-JP-1(後述)の家の花壇の花が不自然に増えているという噂が近隣住民の中で広まった事により財団の耳に入り回収に至りました。

SCP-3000-JP-1は██県███に住む日本人男性(本名"芹澤 祐太せりざわ ゆうた")です。SCP-3000-JP-1はSCP-3000-JPによる意思疎通の唯一の対象であり、SCP-3000-JP-1に従来の記憶処理やカバーストーリー流布等の記憶操作を行なってもSCP-3000-JP及びSCP-3000-JP-2に関する記憶に限り消失・改竄出来ないことが分かっています。この異常性がSCP-3000-JPに依るものなのかSCP-3000-JP-1本人の持つ異常性なのかは不明です。現在、SCP-3000-JP-1は死亡しています。2

SCP-3000-JP-2はSCP-3000-JP-1の配偶者(本名"堀井 心菜ほりい ここな"3)です。SCP-3000-JP-2は2013年3月16日に交通事故により死亡しています。SCP-3000-JP-2の遺体は事故後██県警の管轄している遺体安置室にて一定期間保管されていましたがその間に消失しています。以下はSCP-3000-JP-2の死因となった事件の要約です。

██県███町女子大生死体遺棄事件

2013年3月16日以降行方が途絶えていた堀井心菜氏の遺体が堀井氏の自宅から約███km離れた██山にて発見された。遺体は死後34日が経過しており、警察は死体遺棄事件として調査を進め事件発覚から10日後に過失運転致死傷罪及び死体遺棄の疑いで████容疑者を逮捕した。調べに対して容疑者は容疑を否認している。

以上の事件は日本全土に及ぶ大規模なカバーストーリー流布により隠蔽されています。これによりSCP-3000-JP-1を除くSCP-3000-JP-2の関係者はSCP-3000-JP-2の死亡について認知していない状態になり、████容疑者は釈放されました。

文書3000-JP-1: 2017/██/██、██県のSCP-3000-JP-1の自宅を捜索したところ、使い古された████社の手帳が2冊見つかりました。手帳には2012/07/13〜2013/03/15までの日記が記されています。以下はその手帳に書かれていた内容を要約したものです。参考用として手帳の内容を一部記載しています。

2012/07/13: SCP-3000-JP-1とSCP-3000-JP-2が交際を始める。

2012/12/25: SCP-3000-JP-1とSCP-3000-JP-2が婚約を取り決める。同日同居を開始。

2013/01/01: SCP-3000-JP-2がSCP-3000-JP-2に自身の夢を伝える。

2013/03/15: SCP-3000-JP-1とSCP-3000-JP-2が肉体関係を持ち始める。

(2013年3月15日以降のページは全て白紙である。)

インタビュー記録3000-JP-1: 以下は2017/██/██、当時のSCP-3000-JP担当職員がSCP-3000-JP-1に対して対象の収容後に行った初のインタビュー記録です。

対象: SCP-3000-JP-1
インタビュアー: 滝本研究員


<インタビュー開始 10:35>

滝本研究員: こんにちは。今回貴方の担当になった者です。貴方の願望に沿った収容室にしましたが、気分は落ち着きましたか?

SCP-3000-JP-1: え?願望に沿った?どの口がそんな事言ってるんだ!僕はあの花に会わせてくれと頼んだんだ!

滝本研究員: すいません、それは出来ないんです。こちらの事情というものもあるので。

SCP-3000-JP-1: (ため息をつく)

SCP-3000-JP-1: 心菜はずっと嘆いている。僕の姿が見えないことに。心菜が死んで、あの花に出会って、それから今まで気前の良い街の人だと思っていた人にその花を盗まれる4まで、一緒だったんだから。

滝本研究員: 願望を叶えられなくてすいません。出来る限りの事はしたいと思いますが。

SCP-3000-JP-1: (少しの沈黙の後)まぁあんたも努力はしてくれたんだろうけど。んで、何を聞きに来たの?

滝本研究員: はい。まずはあの花の存在を認識したきっかけを教えてください。

SCP-3000-JP-1: そうだな…。というのもある日突然聞こえてきたっていうだけの話なんだけど。そりゃあ最初声が聞こえてきた時はびっくりしたよ。ぼんやりだったけど死んだ心葉の声が聞こえてきたんだからな。僕はそれを聞いた時とにかく嬉しかった。それが異常だと分かっていても、ただただ嬉しかった。そして声のする方に向かっていくと、僕の花壇の花が増えてて、その中でも一番惹かれた花があの花だった。

滝本研究員: 分かりました。

SCP-3000-JP-1: ほんとに、最初は夢かと思った。もう聞こえないはずの声が聞こえたんだから。聞いた時は色々疑う前に泣いちゃったよ。

滝本研究員: では2つ目の質問に行きます。

SCP-3000-JP-1: あ、ああ。

滝本研究員: 貴方はどうやってここまで辿りついたのですか?

SCP-3000-JP-1: ここに彼女がいたから。だけじゃ不十分?

滝本研究員: もう少し詳しく教えて欲しいです。

SCP-3000-JP-1: (少しの沈黙の後)彼女から助けを求められたから。心菜が掠れるような声で会いたいって言ってきた。そしたらこの場所を教えてくれた。その時何故か突然僕の頭の中にここまでの行き方が入ってきて…なんというか…ああ!説明しにくいけど!とりあえず僕は頭に入ってきた通りに移動し続けたらここに来た。そしたら何回も謎の注射5を打たれた後にこんな場所に入れられた。

滝本研究員: 大凡は分かりました。3つ目の質問いいですか?

SCP-3000-JP-1: まだあるのか。

滝本研究員: 日記が書きかけのページがありますが、これはどうしてですか?

SCP-3000-JP-1: 書きかけ…?(3秒の間)ああ、あれか!あれは書いてる途中でシャワーから出た心菜が飛び乗ってきてさ〜。そんでそのまま突入したから書きかけのままだったわ。

滝本研究員: 了解です。

(SCP-3000-JP-1の顔つきが変わる。)

SCP-3000-JP-1: (少しの沈黙の後)ちょっとここでこっちから質問してもいいか?あんたらなら知っているかもしれない。

滝本研究員: どうぞ。

SCP-3000-JP-1: (少しの沈黙の後)皆が、心菜が死んだ事件を覚えていないんだ。お義母かあさんでさえだ。僕がどれだけ心菜のことを聞いても何故か皆口を揃えて「行方不明だ」と答える。僕だけが覚えているんだ。彼女が死んだ事件を、████6のクソ野郎のことを、…彼女の遺体を。

(5秒の間)

滝本研究員: すいません、私では分かりません。

SCP-3000-JP-1: そうか。なら仕方ないか…。

滝本研究員: お力添え出来なくてすいません。

SCP-3000-JP-1: いや、知らないなら仕方ない。ありがとう。

滝本研究員: 他に何かありますか?

SCP-3000-JP-1: いや、特にないかな。

滝本研究員: 分かりました。ではインタビューを終了します。お疲れ様でした。

(滝本研究員が椅子から立ち上がる)

滝本研究員: あれ?

SCP-3000-JP-1: どうかしたのか?

滝本研究員: 今度は花が黄色のストックに変わっています。ここに持ってきた時はハナニラになっていたのですが。

SCP-3000-JP-1: 何!?あの花は赤色のコスモスだったはずだぞ?あれだけ一緒だったはずだから間違いないはずだ!

<インタビュー終了>

インタビュー以後、SCP-3000-JP-1に対してSCP-3000-JPの異常性の説明実施の是非に関する協議がなされ、その結果SCP-3000-JP-1に対して異常性の説明が行われました。7

監視記録3000-JP: 以下の記録は先述のインタビュー終了後の2017/██/██から事案3000-JP-aが発生した2018/02/28まで監視したSCP-3000-JPの変化後の姿を変化回数の多い順に5つ並べたものです。

変化後の姿: ストック(Matthiola incana)
変化回数: 215回
概要: 変化後のストックの殆どが黄色のストックであったが、ごく稀に赤色のストックへと変化した。それ以外の色のストックへの変化は見られなかった。

変化後の姿: キンセンカ(Calendula officialnalis)
変化回数: 160回
概要: SCP-3000-JPがキンセンカに変化した際、SCP-3000-JP-1の精神状態が不安定な事が多かった。

変化後の姿: ラベンダー(Lavandula)
変化回数: 103回
概要: SCP-3000-JPがラベンダーに変化した際の状況は様々だった。主にSCP-3000-JP-1が自身の過去に関する事柄や妄想、[削除済]について話している時に変化していた。

変化後の姿: スカビオサ(Scabiosa atropurpurea)
変化回数: 58回
概要: SCP-3000-JPがスカビオサに変化した際、SCP-3000-JP-1の精神状態が特に不安定な事が多かった。

変化後の姿: アルストロメリア(Alstroemeria)
変化回数: 31回
概要: SCP-3000-JPがアルストロメリアに変化した際、SCP-3000-JP-1の精神状態が比較的安定していた事が多かった。またSCP-3000-JP-1は白色のアルストロメリアにのみ変化した。

監視開始から1ヶ月後、SCP-3000-JPの変化パターンとSCP-3000-JP-1の感情に因果性があると推測した滝本研究員が研究を進めたところ「SCP-3000-JPはSCP-3000-JP-1の感情に対応した花言葉を持つ花へと変化する」という仮説が出てきました。以下は参考資料としてインタビュー記録3000-JP-1及び監視記録3000-JPに記載している花の花言葉を記載したものです。

ストック: ストック全般の花言葉は「永遠の美」「愛情の絆」「求愛」。黄色のストックの花言葉は「寂しい恋」。赤色のストックの花言葉は「私を信じて」。

ハナニラ: 花言葉は「悲しい別れ」。

コスモス: コスモス全般の花言葉は「乙女の真心」「調和」「謙虚」。赤いコスモスの花言葉は「愛情」「調和」。

キンセンカ: 花言葉は「別れの悲しみ」「悲嘆」「絶望」「寂しさ」。

ラベンダー: 花言葉は「沈黙」「私に答えてください」「期待」「不信感」「疑惑」。

スカビオサ: 花言葉は「不幸な愛」「私は全てを失った」。

アルストロメリア: アルストロメリア全般の花言葉は「持続」「未来への憧れ」「エキゾチック」。白色のアルストロメリアの花言葉は「凛々しさ」。

インタビュー記録3000-JP-2: 2017/██/██、SCP-3000-JP-2の母親へのインタビューが実施されました。以下は警察官に扮した滝本研究員とSCP-3000-JP-2の母親とのインタビュー記録です。

対象: SCP-3000-JP-2の母親
インタビュアー: 滝本研究員


<インタビュー開始 14:45>

滝本研究員: では娘さんについて話を聞かせてもらいます。

SCP-3000-JP-2の母親: はい。よろしくお願いします。

滝本研究員: まず、娘さんが何故行方不明になったか心当たりはありますでしょうか?他の警官にも聞かれたと思いますが、改めてお尋ねします。

母親: はい、あります。私が、心菜の大事なものを壊してしまったから。だと思います。そのせいで心菜は家出したのだと思います。

滝本研究員: と言うと?

母親: 私が心菜の花壇を荒らしたのです。心菜の好きだったブーケンビリアも、手に入れるのが難しかったと言っていたトケイソウも、祐太さんに見せていたポピーも。全て私が尽くもぎ取ったんです。

滝本研究員: どうしてそのような事をしたのですか?

母親: (少しの沈黙の後)心菜が私の言うことを聞かなかったからです。私は心菜に完璧でいてほしかった。そして普通の職に就いて、普通の生活をして欲しかったんです。

滝本研究員: 完璧に育てて普通の生活をさせるつもりだったんですか?

母親: ええ。私は、完璧からしか普通の生活は得られないと思っていますから。

滝本研究員: 何故そう思うのですか?

母親: (少しの沈黙の後)私には心菜の他にもう一人息子がいました。あの子は自分が正しいと思ったことだけを信じるタイプで、私がああしろこうしろ言っても聞かなかったことが多くあったんです。その頃の私は子供にある程度の選択の自由があってもいいと思っていた立場だったので一旦は気にしないでおきました。しかしあの子はそれをいい事にだんだん反社会的になっていって、気付いた時には立派な半グレ8の一員でした。そしてあの子は19歳の時に███街の利権争いによる抗争が原因で亡くなりました。その時心菜はまだ1歳にもなっていませんでした。

滝本研究員: だからせめて心菜さんには同じようになって欲しくなくて、ということですか?

母親: はい。でも心菜は花屋になりたいとずっと言ってました。農家から花を仕入れて売るだけならまだしも、花を自分で育てる所からしたいと言っていました。それだけで食べていくのは難しいでしょうに。私がいくら反対してもずっと言い続けました。それはまるで、あの馬鹿息子みたいでした。兄弟で似なくていいところが似てしまったようです。「皆に綺麗な花を届けたい」とあんな歳になってまで豪語していました。全く、地に足をつけておけば9よかったのに。貴方もそう思いませんか?

滝本研究員: (強めの口調で)いえ、私は全ての仕事が尊いと考えています。

母親: そ、そうですか。

滝本研究員: 今までの話を要約すると、彼女が花屋を諦めないから無理矢理花壇を荒らした、と言う事ですか?

母親: はい。いくら言っても聞かないので、これしか無いなと思いました。

滝本研究員: (少しの沈黙の後)お母さんは、その行動を後悔していますか?

母親: (無言)

滝本研究員: お母さん?

母親: 後悔…は、しています。まさかあんな事でで家出するなんて思いもしませんでしたし、ましてや行方不明になるなんて。私は、やはり親として子供の夢を応援してあげるべきだったんでしょうか?

滝本研究員: (少しの沈黙の後)考え方は人それぞれですが、私はそう思いますね。

母親: そう、ですよね。そのせいで、私はまた大切な人を失ってしまったんですから。この前主人を病で無くしたばかりなのに。…聞く事はそれだけですか?

滝本研究員: (少しの沈黙の後)そうですね、この辺で切り上げましょう。本日はありがとうございました。

<インタビュー終了>

インタビュー記録3000-JP-3: 以下は事案3000-JP-aが発生する7日前である2018/██/██に当時の担当職員がSCP-3000-JP-1に対して行った最後のインタビュー記録です。

対象: SCP-3000-JP-1
インタビュアー: 滝本研究員


<インタビュー開始 13:30>

滝本研究員: 気分は良いですか?

SCP-3000-JP-1: ああ、まあ悪くない。ところであんたらは彼女の変化を全部記録してるんだっけ?

滝本研究員: はい。500回くらいは。

SCP-3000-JP-1: 500回もか。全く、元気なやっちゃだ。10じゃあ今は何の花になっているのか?

滝本研究員: アマリリスですね。インタビュー時には大体いつもこの変化をしています。

SCP-3000-JP-1: 全く、誰がおしゃべり11だよ。(笑いながら)

滝本研究員: 収容当時に比べてかなり精神状態が安定してますね。

SCP-3000-JP-1: まあな。たまに話はできるし。んで、何の用だ?

滝本研究員: 貴方が以前言っていた「SCP-3000-JPとの同室収容」について話に来ました。

SCP-3000-JP-1: もしかしてやっと心菜に会えるのか!?

滝本研究員: 遅くなってしまいすいません。日頃の貴方の行動などを視野に入れて協議をしたところ、同室収容の許可が出ました。

SCP-3000-JP-1: よっしゃあ!おい、聞いたか!?また一緒にいられるんだって!(SCP-3000-JPの収容室がある側の壁に向かって話しかける)

滝本研究員: 1週間後にこの収容室にオブジェクトを移動させます。

SCP-3000-JP-1: 1週間後か!分かった!心菜が来てくれるんだな?

滝本研究員: はい。そういうことでよろしくお願いします。

SCP-3000-JP-1: よし、ちょっと部屋片付けとくか!

(SCP-3000-JP-1が身辺整理に取り掛かる)

滝本研究員: 少しナンセンスな質問にはなりますが、どうして貴方はSCP-3000-JP…いや、彼女との同室を望んでいたのですか?

(SCP-3000-JP-1の動きが止まる。)

SCP-3000-JP-1: (少しの沈黙の後)心菜が花屋さんだから。

滝本研究員: なるほど?

SCP-3000-JP-1: 心菜は花を通じて人々に笑顔を与えようとした。でもこんなところにいちゃそんな事出来る訳がない。だからせめて僕だけでも彼女の横で笑ってあげないといけないんだ。にしても、ほんとになんで死んじまったんだよ…。

滝本研究員: お悔やみ申し上ます。

SCP-3000-JP-1: 全く、なんで心菜が事故死しなきゃいけなかったんだ…。クソっ!あんな奴に…!なんで![罵倒語の連続]!

滝本研究員: 落ち着いてください。

SCP-3000-JP-1: はぁ…、すまないな…。

滝本研究員: (少しの沈黙の後)記録を続けてもいいですか?

SCP-3000-JP-1: すまないが、今はやめといた方がいいかもしれない。

滝本研究員: 了解しました。言いたいことは言えたので失礼します。

<インタビュー終了>


付与予定タグ: 3000jp scp jp neutralized 外部エントロピー 語り 記憶影響 芸術 瞬間移動 植物 自我 自律 精神感応 テレパシー 変身


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The ARAGAMIakit's portal does not exist.


エラー: ARAGAMIakitのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6020557 (20 Jan 2020 05:31)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License