要注意団体-FR 神秘管理局アフリカ部局

現在このページの批評は中断しています。


暫定訳です。本要注意団体名称「神秘管理局アフリカ部局」(ほか訳案:オカルト管理局アフリカ部局、アフリカオカルト管理局)も含めて、改訳の提案あればお伝えください。記事中の画像は投稿時に追加します。
現在、
・各組織の名称、特に「オカルト」をどう訳すか
が懸案です。

オカルト管理局アフリカ部局

logo.png

概要: 1830年、アルジェリア統治開始から数ヶ月中にルイ=フィリップ1世によって創設されたオカルト管理局アフリカ部局 (le Bureau Africain des Affaires Occultes, BAAO) はフランス領アフリカ植民地におけるアノマリーの収集、管理、研究、開発を担っていた政府組織でした。オカルト管理局アフリカ部局は公式的にはフランス内務オカルト省 (le Ministère des Affaires Occultes) とエステート・ノワール (les Archives Noires, The Estate Noir) の下部組織でありましたが、実際にはほぼ自律して行動しており、フランスの他のオカルト行政部局に比べてより大規模な軍事的・学問的リソースの行使が可能でした。

オカルト管理局アフリカ部局の行動指針は、アフリカにおけるパラノーマリーに関するフランスの権益の絶対防衛にありました。したがって、本部局はその組織の沿革を通して、SCP財団を含むアフリカ大陸に出現する他国ないし民間の要注意団体と競合関係にありました。これら要注意団体との衝突はしばしば深刻化し、フランスの外交にかかる信頼性や、オカルト管理局アフリカ部局の本来保護すべき民間人の安全を脅かすほどになることも稀ではありませんでした。

オカルト管理局アフリカ部局はその絶頂を戦間期に画しました。部局の目的達成のため、オカルト管理局アフリカ部局の管理部門がフランスオカルト連隊 (les Régiments Occultes Français) や植民地憲兵隊 (la Gendastrerie Coloniale) の部隊と最も協調していたのもこの時期でした。自由フランスにおける主要なアノマリー関連団体であったオカルト管理局アフリカ部局は、1940年のフランス降伏後、活発にレジスタンス活動にあたっており、同盟オカルト連合 (la Coalition Alliée Occulte) に属して本国の解放へと活動しました。

1962年のアルジェリア独立により、オカルト管理局アフリカ部局は完全に解散しました。オカルト管理局アフリカ部局の保有していた資産はエステート・ノワールに回収されたほか、SCP財団やマーシャル・カーター&ダーク社といった別団体に安価で売却されています。同様に、オカルト管理局アフリカ部局のメンバーのうちいくらかは財団や傭兵組織プリモルディアル、世界オカルト連合やカオス・インサージェンシーに雇用されています。

BAAOタグが付いたすべての文書を表示するには、こちらをクリックしてください。

Le Bureau Africain des Affaires Occultes

logo.png

Vue d’Ensemble : Créé par Louis-Philippe Ier en 1830 dans les premiers mois suivant le siège d’Alger, le Bureau Africain des Affaires Occultes (BAAO) était une organisation gouvernementale chargée de la collecte, de la gestion, de l’étude et de l’exploitation de l’anormal dans les colonies africaines de la France. Dépendant officiellement du Ministère des Affaires Occultes puis des Archives Noires, le BAAO agissait de fait de manière pratiquement autonome et pouvait compter sur d’importantes ressources militaires et scientifiques comparé aux autres branches de l’administration occulte française.

La doctrine du BAAO se fondait sur la défense absolue des intérêts paranormaux de la France en Afrique. Celui-ci s’est ainsi engagé tout au long de son histoire dans une compétition effrénée contre les autres groupes d’intérêts nationaux ou privés présents sur le continent, y compris la Fondation SCP. Il n’est pas rare que ces conflits d’intérêts aient parfois dégénéré jusqu’à mettre en péril la crédibilité diplomatique de la France et du Ministère des Affaires Occultes, ou même la sécurité des populations civiles que le BAAO était censé défendre par ses actions.

Le BAAO connait son apogée pendant l’entre-guerre. C’est au cours de cette période que l’administration du Bureau a le plus recours aux troupes des Régiments Occultes Français ou de la Gendastrerie Coloniale pour parvenir à ses fins. Principale organisation anormale de la France libre, il s’investit activement dans la résistance après la défaite de 1940 et participe à la libération de la métropole au sein de la Coalition Alliée Occulte.

Le Bureau Africain des Affaires Occultes est définitivement dissout en 1962 suite à l’indépendance de l’Algérie. Ses ressources sont récupérées par les Archives Noires ou bradées à d’autres organisations comme la Fondation SCP ou le groupe Marshall, Carter and Dark. Un certain nombre de ses membres sont également recrutés par la Fondation, l'organisation mercenaire Primordial, la CMO ou l’Insurrection du Chaos.



    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Enoshima_san's portal does not exist.


エラー: Enoshima_sanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6004274 ( 09 Jan 2020 14:09 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License