翻訳投稿完了:tale "Site 11, Conference Room K, 8:58 AM, March 12, 1982" 

このページの批評は終了しました。


原記事
http://www.scp-wiki.net/nope-not-typing-all-that

翻訳先
http://scp-jp.wikidot.com/nope-not-typing-all-that

作者:アカウント削除済
タイトル:Site 11, Conference Room K, 8:58 AM, March 12, 1982

タイトル訳案:サイト-11、会議室K、1982年3月12日、午前8:58

原タグ:mtf2016 orientation tale

自信が無い訳出部を赤字で表示してあります。


rating: 0+x

Alright, everyone let's - everyone? Alright, let's sit down. Today, I want to welcome you all to the first meeting of Mobile Task Force Sigma-3. Well, the new Sigma-3. We don't have a nickname yet, but that's not particularly important. We can discuss it later.

よし、皆さん、それでは  皆さん? よし、席に座りましょうか。今日は、機動部隊シグマ-3の最初のミーティングに来てくれてどうもありがとう。そう、新しいシグマ-3です。私達には未だニックネームはありませんが、それは重要な事ではありません。後で話し合う事が出来るでしょう。

So, as you know from the pre-meeting reading- the, uh, five hundred pages of light reading- this task force came about after the incident with the uncontained anomaly known as the Library. Mobile Task Force Sigma-3, with support from Rho-2 and Beta-18, attempted to contain it. Well, invade might be a better word. Howe-

さて、事前に読んでもらった文書  あー、500ページほどの軽い文書です  から分かるように、この任務部隊は放浪者の図書館として知られる未収容のアノマリーに関連するインシデントののちに設立されました。機動部隊シグマ-3は、ロー-2とベータ-18から支援を受け、それを収容しようとしていました。そうですね、侵入と言った方がいいかもしれません。しかし  

Yes, Dr. Yi?

はい、イー博士?

No, the documents are correct. We don't know precisely when this happened. Foundation documentation, readouts of non-anomalous indicators that correlate with the event, even memories of those directly involved, they're all contradictory and give different times and places for the event.

いいえ、文書は正確です。私達はこれが正確にはいつ起きたのかを知りません。財団の公式記録文書、この事象に相関している非異常性の計器から読み取れた数値、あるいはそれらが直接関与した記憶、これらの全てが矛盾し、この事象について異なる場所、異なる時間を示しています。

That being said, about 70% of the documentation puts the event in a three-week window in December of last year, with the teams entering from several Ways found in the greater metro Atlanta area. So we're reasonably sure that that is the time and place. We believe that it has something to do with the nature of the Library and the entrance of Sigma-3, Beta-18, and Rho-2 into an area called "the Archives." But that's mostly conjecture.

とは言ったものの、アトランタ地区の大都市圏で発見されたいくつかの"道"から入ったチームについての公式記録文書のおよそ70%程は、この事象を昨年の12月までの三週間にあったとしています。ですから私達は確かにその日時と場所を信用できるわけです。これは図書館の性質と、"the Archives"と呼ばれる領域へのシグマ-3、ベータ-18、ロー-2の侵入口に関係があると考えられます。しかしそれはほとんど推測に過ぎません。

Anyway, as you no doubt have read, what happened next was, uh, well, it was a clusterfuck. The anomaly - it has extensive self-defense mechanisms, which it made use of. We were expecting some pushback, but mostly from the patrons.

ともかく、皆さんが間違いなく読んだように、次に起こったのは、あー、ええ、とんでもない大失敗でした。アノマリーは  それは広範囲の自衛機構を有しており、それが利用されました。私達はいくらかの後退を予期していましたが、それらは主に図書館の利用客によるものだと考えていたのです。

What we got instead was, well, Rho-2 suffered a 100% casualty rate.

その代償に、ロー-2は100%の損耗を出しました。

Beta-18 managed to make it out of the Way with two members. Sigma-3 was luckier, making it out of there with five.

ベータ-18は2名の隊員が"道"から巧く脱出出来ました。シグマ-3は、より幸運な事に、5名の隊員が脱出に成功しています。

If those of you who were in the first version of Sigma-3- if you could just raise your hands, then we- no one? Alright, well I suppose that that's fair. I don't think I'd want to either.

皆さんの中で誰か最初のシグマ-3に所属していた場合は  もし手を挙げる事が出来るのならば、私達は  誰も居ない? 分かりました、まあそれは正しいと思います。私もそうしたいとは思いませんから。

At any rate we don't think that those listed as MIA have been killed, but rather, um, transformed into servants of the Library. So that's nice, I suppose.

とにかく、私達は、記録されたMIA1が殺されてしまったとは考えていません。むしろ、えー、図書館の従者に変身させられたのだと考えています。それは良い事だと、私は思います。

What? No, there's not much we can do to get them back, at least for the time being. They are fine, after a sort.

何? いいえ、少なくとも当分の間、私達が彼らを取り戻すため出来る事は多くありません。彼ら大丈夫です、一応は。

Since then, attempts by Foundation and D-Class personnel to enter known Ways has lead to either being immediately captured by the Library, probably for use as servants, or else walking into a plane of fire or caustic gas or some other nasty thing. So we're discontinuing exploration into the Ways, at least for the time being.

それから、財団及びDクラス職員による既知の"道"への侵入の試みは、恐らく従者にするために図書館によってすぐに捕えられるか、火や苛性ガスやその他の厄介な物で満たされた場所に足を踏み入れるかのいずれかの結果に終わっています。したがって少なくともしばらくの間、私達は"道"への探索を中止します。

The thing is that the white paper, the, uh, the Kamelov memo - about the Library being "a loaded weapon" - it wasn't wrong. The Library represents a threat to normalcy. It serves as a base for terrorist groups. It has served as the point of origin for several hugely disruptive anomalous events. We need to deal with it.

この白い紙、あー、カメロフのメモ  図書館が"装填された武器"である事についてのですが  それは間違っていませんでした。図書館は、正常性への脅威を示しています。これはテロリストグループへの拠点となっています。これはいくつかの非常に破壊的な異常事象の起点として機能しています。私達はそれに対処する必要があります。

But our previous attempts- trying to watch from behind bushes and never involving ourselves or getting our hands dirty? That didn't work. You just read five hundred pages about how badly it failed. Hell, some of you can say firsthand how badly it failed.

しかし私達の以前の試みは  茂みの後ろから覗き込もうとして、自分自身を巻き込んだり自身の手を汚したりしない試みは、うまくいきませんでした。皆さんはたった今それがどれだけ酷く失敗したかについて500ページ読みましたね。ええ、皆さんのうち何名かは、それがどれだけ酷く失敗したかを直接言う事が出来るでしょう。

Which brings me to why we're here. Majority decision by the O5 council has ruled that Sigma-3 is changing its focus. We are now going to be doing hands-on investigations of anomalous phenomenon. This means interacting with Type Blues - wizards, uh, shamans, sorcerers. No more of this "Witchfinders General" crap. More deep cover cooperation wit-

これでここに私が居る理由がわかります。O5評議会による多数決によって、シグマ-3はその活動の焦点を変える事が決まりました。私達は異常現象の実地調査を行います。これはタイプ・ブルー  魔法使いや、あー、シャーマン、ソーサラー達との対話を意味します。"魔女狩り将軍"のようながらくたはもう必要ありません。隠蔽のためにより深く協力を  

Agent Smithson? Yes, yes it does. But the Foundation's mission isn't necessarily black and white. In the best of all worlds, yes, we would maintain an absolute distance between ourselves and the anomalous world. But that's no longer feasible. In the best of all worlds, we wouldn't have do the horrible shit that we do in the name of protecting people. So this is a fairly minor compromise.

エージェント・スミソン? はい、ええ、そうです。しかし財団の使命は必ずしも白と黒の二面だけであるとは限りません。この上無い最善は、もちろん、私達自身と異常な世界の間の絶対的な距離を維持する事です。しかしそれはもはや実現不可能です。今の最善は、私達が、人々を守るという名目の下にする恐ろしいたわ言を実行しない事です。ですからこれはかなり小さな妥協です。

Think of it this way: letting smaller stuff slide in order to focus on and coordinate against more significant threats. Like a CI. Er, that's confidential informant, I mean.

こう考えてください: より重大な脅威に焦点を合わせ調整するために、些細な事はなりゆきに任せるのだ、と。CI. Er、機密情報提供者のように、という事です。

Anyway, some schmuck in Hoboken who moves dish soap with his mind isn't the same level of threat as a death cult trying to summon an elder god. In the past, we've gotten lucky and mostly caught these things before they blew up. But there have been a lot of close calls. Too many.

ともかく、ホーボーケン2で自分の意のままに食器用洗剤を動かせる嫌な奴らの脅威度は、旧き神を召喚しようとする死を崇拝する教団の脅威度とは違います。かつて、私達は幸運にもこれらのほとんどを本格的に動き出す前に捕えてきました。しかしそこには多くの危機一髪がありました。とても多くの。

But the thinking is, if we maybe manage to, y'know, infiltrate the community, the, uh, "anomalous underground," like they say, we can learn about some of this stuff earlier. Give us time to prep, note threats as they emerge. We can't contain the Library, but we can mute its influence, or at least the disruptive stuff. Violent terrorists, dangerous or noticeable anomalies, dark gods, that sort of thing. And if the price for that is letting the dish soap guy go free, then that's fine by me.

しかし考えてみてください。もし私達が、えー、コミュニティに、その、あー、"超常地下組織"、と彼らが呼ぶようなところに、潜入出来たとしたら、私達はこれらの事のうちいくつかについてより早く学習する事が出来ます。準備する時間を得て、脅威が出現した時に注意します。私達は図書館を収容できませんが、その影響力を、あるいは少なくとも破壊的なものを弱める事は出来ます。暴力的なテロリストや、危険もしくは目立つ異常存在や、闇の神々など、そういった物です。そしてそれらに対する対価が、食器用洗剤野郎を野放しにすることであるならば、私はそれで構いません。

Yes, Perez? Oh, uh, no. Not as of yet. For obvious reasons, members of the Hand that are in Foundation custody- they're not super excited about the possibility of informing on their comrades in arms. Right now, we're looking at offering a sort of commuted sentence to some of the less dangerous anomalous entities that can offer us connections to lower-level people.

はい、ペレス? おっと、あー、いえ。まだです。明確な理由により、財団預かりとなっている蛇の手の構成員は  彼らは彼らの戦友に情報を提供する可能性についてそこまで興奮してはいません。現在、私達は通訳文のようなものをより脅威度の低い人々との繋がりを提供できるようないくつかの危険度の低い異常実体に申し出る事を検討しています。

What? Right, no, I know. "Commuted sentence" was probably not a good choice of words. Maybe something more like "we'll leave the door open, and if you happen to leave, well then maybe we won't look too hard for y-"

何ですか? その通りです、いえ、知っています。"通訳文"はあるいは良い言葉選びではありませんでした。恐らくもっと何か、『私達はドアを開けっぱなしにします。そしてもし貴方がたまたま去ったとしても、まあ多分私達は貴方の行動をあまり見ていない  

People, calm down! Quiet! Jesus, alright? I get that this is a shift, but seriously. We're not releasing anything dangerous, here, alright. We're talking dish soap guy again.

皆さん落ち着いてください! 静かにして! クソッ、良いですか? これは計略だと分かりますか、真剣に。私達はここで、何か危険なものを解放するわけではありません、良いですか。もう一度食器用洗剤野郎の話をしますよ。

Low level Blues, sometimes wanderers from other worlds. People that we don't do any research on, we just lock them up because that's what we feel we should do. People that don't pose any real threat to the Masquerade, but maybe were just in the wrong place at the wrong time.

低レベルのタイプ・ブルーは、時々別の世界からの放浪者である場合があります。私達が調査をせずに、ただそうするべきだと感じたためにただ閉じ込められる人々。この虚構に現実の脅威を何ももたらさない、しかし間違った時に間違った場所にいただけの人々。

I know that the pack rat thing is what we pride ourselves on, but it's not always the most useful mentality. These people can give us an in. We're giving them a second chance.

収容し収集する事は、私達が誇りに思っている事ですが、それが常に最も有用な考え方であるというわけではありません。これらの人々は私達にコネをもたらします。私達は彼らに二度目の機会を与えるのです。

Yes, Agent Johnston?

はい、エージェント・ジョンストン?

"Kumbaya bullshit?" Really? Great. I'll be sure to pass that upstairs. They'll definitely consider it.

『なんてでたらめだ』? 本当に? 素晴らしい。必ず、上に通しておきます。彼らは間違いなく考慮するでしょう。

I mean, yes, we'll be interacting with weirdos. Probably even some people with the Hand. But it's not as though we're going to be going on magical fairy rides or whatever with them. Like I said, we can't use Ways any more, and that's how they get around. What we are doing, though, is trying to work our way into the anomalous community. Think of it as deep cover, alright?

私が言いたいのは、ええ、変人達と関係を結ぶつもりであるという事です。恐らく蛇の手の構成員も居るでしょう。しかしそれは私達が魔法の妖精の乗り物に乗ったりその他を彼らと共にするつもりであるとでも言うわけではありません。私が言ったように、私達はもうこれ以上"道"を使う事が出来ず、彼らはそれを使って移動しています。しかしながら、私達は、私達のやり方で超常コミュニティの中に入り込もうとしています。深い隠蔽であると考えましょう、良いですか?

What was that Lee? You need to, uh, you need to speak u- ah! Alright, that's a fair question.

何と言いましたか、リー? 貴方は、あー、貴方はもっと、ああもう! 分かりました、それはかなり良い質問です。

There are a few reasons, and it depends on where you're coming from. Some of you were selected because of your, uh, your firsthand knowledge of the Library, for better or for worse. And those of you on the old Sigma-3 - back when it was "Witchfinders General" - have probably the most extensive working knowledge of the Serpent's Hand and its operations of anyone in the Foundation. Not directly applicable, but still it has the potential to be useful.

いくつかの理由があります、それは貴方達の経歴によるものです。貴方達のうち何人かは、良かれ悪しかれ貴方達自身の、あー、図書館についての直接的な知識によって選抜されました。そしてまた何人かは、以前のシグマ-3に居ました  かつて"魔女狩り将軍"と呼ばれていた頃  蛇の手及びその働きについて、恐らく財団の誰よりも広範囲な実務知識を持っていた任務部隊に。直接任務に適用は出来ませんが、しかし未だに有用である可能性を持っています。

As for the rest of you? It depends, like I said. Some of you are trained in research, infiltration, all that fun stuff.

残りは? それは、私が言った通りです。研究、侵入、その他の楽しい物事について訓練を受けています。

Yes, Perez? What? No! Sweet Christ, no!

はい、ペレス? 何ですって? いいえ! 全く以て違います!

Let me be clear here: there is a blazing, huge line between "integrating ourselves with the anomalous community" and "being goddamn wizards." People who can do it naturally are freaks - sometimes useful freaks, but still freaks. The Foundation locks them up or, if we find it useful, maybe release them and use them as a contact. We do not employ them, at least intentionally.

これは明確にさせてください:『超常コミュニティと統合する事』と『クソッタレ魔法使いになる事』の間には、燃え盛るような、大きな境界線があります。そういった事が自然にできる人々は変わり者です  時に有用ですが、変り者である事に違いはありません。財団は彼らを閉じ込めるか、有用であると判明すれば、あるいは開放し、接点として利用します。私達は、少なくとも意図的に、彼らを雇用しません。

As for the other stuff, rituals and all of that? Things where ordinary people can do it? That is acceptable, if avoiding it would blow your cover. But we're not going to try to do this stuff on our own for fun. Leave that to the Hand and the GOC. We'd be out of our depth very, very quickly. And you don't screw around with magic.

そのほかの物は、というと儀式やその他全ての物ですか? 一般の人々が出来る事ですか? もしそれを避ける事で、隠蔽が取り除かれてしまうならば、許容できます。しかし私達は私達自身の娯楽のためにこのような事をしようとしているわけではありません。そのような事は蛇の手とGOCに任せなさい。私達は非常に、非常に早く深みから外れるべきです。そして魔法について無駄な時間を費やしてはいけません。

Are there any other questions?

何か他に質問はありますか?

Look, I know that this is a lot to take in. But think of it this way: that uneasy feeling you're having? About wandering into a world you didn't even know existed? That's what you felt - or at least, that's what I felt - when you joined the Foundation.

良いですか、確かに理解すべき事はとても多いです。しかしこう考えてください:不安な気持ちがありますか? 存在する事さえ知らなかった世界を彷徨うことに関して。それは貴方が、  あるいは少なくとも  財団に加入する時に感じた感情と同じものです。

We're still working for humanity. Still preserving the world. Just trying to be smart about it.

私達は未だ人類のために働き続けています。世界を保ち続けています。ただ、その職務について賢明になろうとしているだけなのです。

ERROR

The curio-clarion's portal does not exist.


エラー: curio-clarionのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6000434 ( 03 Apr 2020 05:20 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License