翻訳投稿完了:tale "Good Fences Make Good Neighbors"

このページの批評は終了しました。


原記事
http://www.scp-wiki.net/good-fences-make-good-neighbors
翻訳先
http://scp-jp.wikidot.com/good-fences-make-good-neighbors

原著者:DrewbearDrewbear
タイトル:Good Fences Make Good Neighbors

タイトル訳案:良き柵が良き隣人を作る

原タグ: doomsday2018 factory nobody tale wanderers-library


  • 訳者より査読者の方へ

自身の無い訳出部は赤字で表示しています


rating: 0+x

He sat alone on the apartment building's stoop, watching people go in and out of the building across the street. He was almost certain that it contained a Foundation presence and was curious to see if his research and tracking were correct. The last Site he'd infiltrated had had some unique anti-telepathy gear, which he had of course liberated, and he wondered what delights this one might hold. He could write entire books about what he'd seen them contain.
彼は通りの向こう側の建物に出入りする人々を眺めながら、アパートの建物入り口の階段に一人座っていた。彼はその建物に財団の連中が潜んでいることをほぼ確信しており、自身の調査と追跡の内容が正しいかどうかを確かめたがっていた。彼が最後に潜入したサイトには、いくつか固有の反テレパシー装置が  もちろん彼はそれらを盗み取ったが  存在していて、ここにはどんな楽しみがあるのだろうかと思った。彼は、財団が収容してきた事物を幾つも見てきた。何なら本を一冊書ける程に。

The morning turned to afternoon turned to evening and he still jotted down notes in his Moleskine. Such a handy size. Finally, he stood from his perch and ambled over to the other building's doorway. A buzzer system, but he entered the door code he'd observed. Standard issue slightly decaying lobby, wall of mailboxes on one side, creaky elevators on the other, flyer-covered corkboard hanging on the far wall flanked on one side by a stairwell leading up and on the other by a closed door with a plaque reading "Superintendent."
朝が昼になり夜になっても彼は自身のモレスキンの手帳にメモを書いていた。便利なサイズだ。最終的に、彼は座っていた場所から立ち、他の建物の玄関へ向かいふらっと歩いていった。警報システムがあったが、彼は観察して得たコードを扉に入力した。標準仕様の少し朽ちたロビー、片側の壁には郵便受けが、もう片側の壁にはきしむエレベーターがあり、奥の壁にはチラシで覆われたコルクボードがぶら下がっていて、片方の端には階段の吹き抜けがあり、もう片側には"管理人"と書かれたプレートが付いた閉まっているドアがある。

Most likely the elevator. Either a hidden basement or an otherwise inaccessible floor or something. Fairly standard for urban Sites, or so he'd found. He called the elevator and waited as it slowly rumbled down to the ground floor. Hmm, the mailbox doors all looked dusty. The Foundation really ought to pay attention to the little details if they were going to hide in plain sight.
恐らくエレベーターだろう。隠された地下室か、それを使わなければ行けない階層か何かか。都市部のサイトとしては割と典型的な造りだ、少なくとも彼の知る限りでは。彼はエレベーターを呼び、それがごろごろ鳴りながら地上階へゆっくり降りてくるのを待った。ふむ、郵便受けの扉は全部埃っぽいな。ありふれた風景の中に隠れるつもりなら、財団は本当に細部まで注意を払うべきだ。

He turned back to the elevator as it groaned to a stop and opened to reveal a pair of men carrying handguns, who swept the hallway as they exited. Neither paid any attention to the man standing in front of them, which wasn't unusual. He brushed past them into the open elevator while they finished.
エレベーターがうなり声をあげながら止まり扉が開いた。彼がそちらへ振り返った時、拳銃を持った2人組の男が出てきて廊下を全て見渡した。珍しい事ではないが、そのどちらも彼らの目の前に立っている男に目もくれなかった。彼らが確認を済ませる間に彼は彼らとすれ違い開いたままのエレベーターに入った。

"Nobody here, Command. Totally empty."
"誰も居ません、隊長。完全に空です"

"Yes, I'm sure."
"ああ、きっとそうだろうな"

"What do you mean tha—"

"それは一体どういう  "

The Foundation agents swung around and aimed at the elevator just as the doors finished closing. Nobody smirked a little and held down the "close door" button while he quickly thought over his options. How about choosing— Oh it couldn't be that easy. The floor buttons skipped straight from 12 to 14. He pressed both buttons and waited as the elevator trundled upwards.
財団エージェントは突然振り向き、まさに扉が完全に閉まり切ろうとしているエレベーターに照準を合わせた。何者でもない者は少しニヤリと笑って、「閉」ボタンを押したまま、取り得る選択肢について素早く考えた。これを選ぶのはどうだろう  いや、そう簡単にはいかないぞ。階層ボタンは12からまっすぐ14に飛んでいた。彼は両方を同時に押し、エレベーターが上昇するのを待った。

The Site well and truly knew he was here by now, even if they couldn't find him. A shame, but it only made his investigatory expedition a little harder. Still, better safe than sorry. He crouched down as the elevator dinged past the 12th floor and pressed the stop button. The door creaked open and a fusillade of bullets struck the back wall.
サイトは、例え彼の事を見つける事が出来ないとしても、彼が今やここにいる事を完全に知った。しかし残念ながら、それはただ彼の探索調査をほんの少し難しくしただけだった。とはいえ、備えあれば憂いなしである。彼はエレベーターがじゃんと鳴りながら12階を通過すると同時にしゃがみ込み、停止ボタンを押した。ドアが軋みながら開き、銃弾の一斉射撃が背後の壁を穿った。

Nobody scuttled out of the elevator, under the line of fire. The guards in the surprisingly spacious lobby had stopped firing after the first round, but still looked ready to resume at any moment. Once safely away from being immediately killed, he stood and surveyed the room.
何者でもない者は射線の下に身を沈めエレベーターの外に出た。意外にも広々としたロビーにいた警備員は、最初の射撃が終わったところで射撃を止めていたが、いつでも射撃を再開できるように照準は固定したままだった。直ちに殺される状況から一度安全に逃れ、彼は立ち上がり部屋を調査した。

A lobby that had to take up a good fifth of the floor, with keycard-protected doors set in all the interior walls. A modern-looking glass-and-chrome receptionist's desk sat in the middle of the room with an open laptop and phone sitting on it, along with a few loose papers paperclipped together, a few pens and highlighters, and a large 3-ring binder. Four guards in plainsclothes stood in a semicircle around the elevator, standard Foundation-issue handguns pointed into it. Oh, wait, one of those was a stungun. Well, at least there was the possibility that someone wanted to catch him alive, so there's that.
全ての内壁にカードキーで保護された扉が設置されたロビーは、その階層の5分の1を占めざるを得なかった。部屋の中央に置いてある現代風な外観をしたガラスとクロム合金製の受付机には、起動中のPCと電話に加え、クリップで留められた数枚のばらの書類、いくつかのペンや蛍光マーカー、そして大きい3リングバインダーがあった。普通の服を着た4名の警備員はエレベーターを囲むように半円上に立ち、エレベーター内に財団支給の拳銃の照準を合わせていた。おっと、待てよ、うち1名はスタンガンだ。まあ、誰かが彼を生きたまま捕えようとしているのであれば、そう悪いニュースではないかもしれない。

Nobody kept an eye on the guards as he investigated the open laptop. Looked like a duty roster, a logbook, a— hello, what's this? An email alerting the whole Site that Director Kondraki was going to visit the Site tomorrow. No details as to why, but those wouldn't be in a general email, anyway.
何者でもない者は、起動したままのPCを調べる間、警備員から目を外す事は無かった。当番表と日誌に見える物、そして  おやおや、こいつはなんだ? コンドラキ管理官が明日サイトを訪れる予定である事をサイト全体に警告するメールか。理由の詳細は無いが、いずれにせよそれは一般職員宛のメールに書かれるような事ではないだろう。

Two of the guards had started sweeping the room while the others remained focused on the elevator. One pressed her finger to her earpiece.
警備員のうち2名はエレベーターを見たまま、2名は部屋の中を見渡し始めた。1名は指でイヤホンを押している。

"No visual contact on the intruder. Elevator appeared to be empty on arrival. Please advise."
"侵入者目視出来ず。エレベーターは到着時無人のように見えました。助言願います"

Nobody only paid partial attention while he flipped through the papers. Requisition form, requisition form, requisition form with doodles in the margin, photocopy of a barley stew recipe? Hmm, looked tasty. Might as well keep it.
何者でもない者は、書類をめくる間、部分的な注意しか払わなかった。申請書、申請書、余白に落書きされた申請書、大麦シチューのレシピのコピーか? ふむ、美味そうだ。持っていくか。

Now to get past those doors. No keycard conveniently hidden under the laptop and he didn't see any dangling from lanyards. Really, all he could do was convince them to come out.
今はあれらの扉を通り抜けなくてはならない。都合よくPCの下にカードキーが隠されている事も無く、彼はストラップにぶら下がっている物も見なかった。実際、彼に出来る事と言えば、彼らが扉を通って出ていくように促す事だけだった。

Nobody crouched back below the line of fire and leaned into the open elevator, pressed the button for the ground floor, then quickly backed out and away from the killzone. A second later, the elevator dinged and the doors slid closed. He heard it start clacking away down the shaft.
何者でもない者は、射線の下をしゃがんで戻り、開いたままのエレベーターに寄りかかり、地上階のボタンを押した後、素早く出てキルゾーンから離れた。1秒後、エレベーターはじゃんと鳴り、扉がスライドして閉じた。彼はそれがシャフトの中をカタカタ鳴りながら降り始めるのを聞いた。

The guard with the earpiece holstered her weapon. "Are you sure it wasn't a malfunction, Command? It just closed and headed back down. Nobody was on it."
イヤホンを付けた警備員は武器をホルスターに入れた。"確かに故障ではなかったのですね、隊長? ちょうど閉じて下に戻っていきました。誰も乗っていませんでした"

A pause. A nod. "Yes, sir."
短時間の無言。そして頷く。"了解しました、サー"

She jerked her head towards one of the closed doors.
彼女は急に自身の頭を閉じた扉の片方に向けた。

"Everyone, return to stations. Command is letting the lower floors handle it from here."
"総員、持ち場に戻ってください。隊長がここからは下の階に任せるそうです"

She fished a keycard out of her pocket (oh, there it was) and swiped it through one of the readers. The door unlocked with a clunk and she pushed it open. The one armed with a stungun sat at the desk and the other two left the room. Nobody slipped in behind them, managing to get in without touching the door.
彼女はカードキーを彼女のポケットから取り出し(ああ、そこにあったのか)、カードリーダーの1つにさっと走らせた。ドアはガチャンという音と共に解錠され、彼女はそれを押し開けた。スタンガンで武装した1人は机に座り、他の2人は部屋を出た。何者でもない者は彼らの背後にそっと滑り込み、ドアに触れる事無く何とか入る事が出来た。

The next room was small. A mesh-fronted weapon cabinet on one side and a long desk with a trio of monitors showing the downstairs lobby, the room they'd just left, and what looked like an interrogation room. No one in there, but intriguing. Why in the world would they put a security station this easily accessible to the main area?
次の部屋は小さかった。片側には前面がメッシュの武器キャビネットがあり、さらに三連モニターが置いてある机があった。モニターはそれぞれ下の階のロビー、たった今出てきた部屋、そして尋問室に見える場所を映していた。誰も居ない、だが興味深い。一体なぜ彼らは保安管制室をこんな主要エリアにアクセスしやすい場所に置いたのだろう?

The guards settled into a couple of chairs, looking alert. They were definitely still on edge about the intrusion. Another door in the opposite wall promised further secrets to plumb, but getting through it without notice was going to be tricky.
警備員達は警戒しつつ、それぞれ幾つかの椅子に落ち着いていた。彼らは間違いなく、未だ侵入された事にいらいらしていた。反対側の壁にはさらなる機密情報入手が見込めるであろう他の扉があるが、気づかれないように通り抜けるには手際を要するだろう。

Nobody pulled out a small tablet that had a Factory logo stamped on the back. It'd been a bitch getting a hold of this prototype and the cost to use it was distasteful, but it had its uses. He brought the optical sensor up to his eye and strained to keep his lids open as it scanned his retina. He hardly noticed when the tiny needle almost painlessly stabbed into it to get a DNA confirmation sample. The screen turned on, showing a set of icons, glyphs, runes, and other arcane symbols. Everything that the tablet could do was technically possible using non-anomalous technology, but the speed and precision that it delivered results hinted strongly at retrocausal effects.
何者でもない者は背面にファクトリーのロゴが押印された小さなタブレットを取り出した。このプロトタイプを入手するには随分と苦労したし、使用する上での負担も顔をしかめたくなるものだったが、使い道はあった。彼は光学センサーを目の高さに持ってくると、それが彼の網膜をスキャンするまで瞼を開けた状態を維持する事に神経を研ぎ澄ませた。彼はDNA照合サンプルを取るために小さな針がほとんど痛みなしにそこに突き刺さった時もほとんど気付かなかった。画面が起動し、アイコン、絵文字、ルーンやその他の神秘的な記号の集合を映し出した。この端末が行える全ての事は技術的には非超常技術を用いて可能な事だったが、結果がもたらされる速度とその精度は逆因果効果の介在を強く仄めかしていた。

Nobody tapped one of the glyphs, typed in a short series of commands, and hit "enter". Immediately the lights and monitors turned off. He also heard a kachunk as magnetic locks in the inner door deactivated. As the agents scrambled in the darkness, Nobody slipped through the now accessible door.
何者でもない者は絵文字の一つをタップし、一続きのコマンドを入力すると、"enter"を叩いた。すぐに明かりとモニターが消えた。彼は内側の扉の中の磁気ロックが動作を停止するカチャンという音も聞いた。エージェントが暗闇の中で慌てる中、何者でもない者は今や通行できるようになった扉へと滑り込んだ。

The other side was a hallway lit by emergency lights, mini-floodlights illuminating every 30 feet or so. Not enough to see well by, but enough to set the mood. People were beginning to flood the hallway, a cacophony of excited voices starting to build. A second after Nobody entered the hall, the overhead lights flickered back on and a recording started playing over a hidden intercom overhead.
向こう側はおよそ30フィート間隔で点灯する小さな投光器による緊急照明で照らされた廊下だった。良く見るには不十分だったが、期待を高めるには十分だった。人々は興奮した声で不協和音を作り出しながら廊下に殺到し始めた。何者でもない者が廊下に入った1秒後、天井の照明がちらつきながら再点灯し、天井に隠された内部通話システムからは録音音声が繰り返し流れ始めた。

"Security Drill Active. All Personnel Proceed To Designated Areas. Security Drill Active. All Personnel—" 

"防護演習開始。全職員は専用のエリアへ移動せよ。防護演習開始。全職員は  "

Nobody tuned it out quickly and proceeded up the hall against the flow of bodies. He peeked into the doors as he went. Most were just boring looking cubicle farms, but when he glanced in the window set into the door at the end of the hall, he saw racks of computer drives. A server room! Jackpot! Another keycard access, but… another eye poke and a few commands later, the light on the access lock blinked green and he pulled open the door.
何者でもない者はすぐに理解すると、人々の流れに逆らいながら廊下の先へと進んだ。彼は扉の前を通る度に、ちらりと扉の中を見た。ほとんどはつまらない、パーティションで仕切られた小部屋に見えたが、廊下の突き当りの扉にはめ込まれた窓の中を一瞥した時に、コンピュータ・ドライブの棚を見た。サーバールームだ! 大当たり! また別のカードキー認証がある、が……再度目潰しやいくつかのコマンドを打ち込むと、認証ロック上部の光が緑色に点滅し、彼は扉を引っ張り開けることが出来た。

Inside stood a dozen racks with row after row of servers and routers amidst a tangle of cables. At the far back was a small workstation with the monitor still on. Looked like… Samuel Johannsen forgot to pull his access card from the keyboard before he skeedadled. Bad luck for Sam, good luck for Nobody.
内側にはもつれたコードに囲われるように列をなして並ぶサーバーとルーターが載せられた、1ダースの棚があった。その遥か奥には、モニターが点いたままの小さなワークステーションがあった。見た感じどうも……サミュエル・ヨハンセンが、慌てて出るときにキーボードからアクセスカードを引き抜き忘れたらしい。サムにとっては不運な事に、何者でもない者にとっては幸運な事に。

Looked like it was a standard Foundation OS, nothing Nobody hadn't seen before. Click, click, click, and there was the list of projects managed by this Site. Hmm… keys to other realms, data crunching results from some kind of world-building sim, logistics reports for the rest of the state… nothing unique enough to really capture his interest. Would be a shame if this was all for naught.
何者でもない者の見覚えのない物が一切ない、標準的な財団のOSのように見えた。クリック、クリック、クリック、そしてこのサイトで管理されているプロジェクト群のリストが表示された。ふむ……他の領域への鍵、一種の世界創造シミュレータのデータ処理結果、州全域の兵站レポート……彼の興味を本当に捉えるのに十分にユニークな物は無かった。これら全てが水の泡なら、残念だ。

Hmm, wait. O5-access only files hiding in a folder labeled RI-class? What in the world would those be doing in a minor Site like this? Nobody pulled a cord free from the Factory tablet and plugged it into the workstation. Operating systems might be proprietary, but USB ports were universal. Another eye sampling to unlock the device (three times in quick succession was a bit rough, this was probably the last he could use it for a few days), a quick tap tap tap of a special app and… yes, files copied and password attack ongoing. This was probably all he was going to get and he shouldn't press his luck, so he tucked his gear away and left the room…
ふむ、待てよ。RIクラスに分類されたフォルダに隠れているO5だけがアクセスできるファイルだって? 一体どうしてこんな小さなサイトにそんなものがあるんだ? 何者でもない者はファクトリ―のタブレットからコードを引き出し、それをワークステーションに接続した。OSは専用の物だったかもしれないが、USBポートは共通規格だった。デバイスをアンロックするのに更なる網膜スキャンが必要 (素早く連続して三回は少々手荒で、恐らくこの後数日は使えないだろう)、特別なアプリを素早くタップタップタップ……よし、ファイルはコピーされパスワード解除が進行中。恐らくこれ以上の収穫は得られないし、これ以上危険を冒すべきではない、よって彼は装備をしまい込み、部屋を出た……

Into a squad of fully-equipped MTF agents. With perceptual filter goggles on. Damn.
完全装備の機動任務部隊の分隊の中へ。それも知覚フィルターゴーグルを付けた連中の。畜生。

Nobody raised his arms slowly and smiled sheepishly. "Nice day, isn't it, fellas?"
何者でもない者は腕をゆっくり上げ、気が弱そうな笑みを浮かべた。"良い日ですね、皆様方?"

The crackle and jolt of the stungun's probes discharging into him weren't really a surprise at that point, and he fell to the ground, jerking uncontrollably before mercifully passing out.
ぱちぱちという音とスタンガンの針が撃ち込まれた衝撃は、その時点では真に驚くべき事ではなかった。彼は痙攣を抑えきれずにそのままありがたくも気絶し、そして地面に崩れ落ちた。


He awoke strapped down to a chair in the middle of the interrogation room he'd seen on the monitor, or one very like it. He checked his bonds, secure, and then stretched and popped his neck while he waited. He was stripped down to his underwear and the chill of the room was making his muscles stiff.
彼は、彼がモニターで見た、もしくはそれによく似た尋問室の中央に、椅子に固定された状態で目覚めた。彼は自身の束縛の固さを確認し、待っている間首を伸ばしたりひょいと動かしたりした。彼は下着姿になっていて、部屋の冷たさが筋肉を凝らせていた。

A one-way mirror extended the length of the wall to his left, but he was able to see through it with little difficulty. No-one in there at first, but a few trickled in over the next few minutes. Someone must've noticed he was conscious. Labcoat, labcoat, military uniform? He snuck a closer look under cover of stretching his neck. Lots of badges, shoulder insignia indicated a US Army major general. One last glance and yes, a lanyard with ID card. General Mulhausen. Now why was that name familiar?
マジックミラーが彼の左側の壁全体に広がっていたが、彼はそれを難なく見通す事が出来た。最初は誰も居なかったが、数分の間に何人かぽつぽつと入ってきた。誰かは彼が意識を取り戻した事に気付いたに違いない。白衣、白衣、軍服? 彼は首を伸ばすふりをしながら密かにより詳しく見た。多くの記章、合衆国陸軍少将である事を示す肩章。最後の一目と、よし、ストラップ付のIDカードだ。ミュルハウゼン少将。どこか見覚えのある名前なのはなぜだろう?

He was distracted from his ruminations as a quite angry looking man with a pinched face entered the room and rushed up to Nobody. Labcoat (he never understood their fetish for unnecessary labcoats), lanky, thinning brown-gray hair, essentially interchangeable with any number of other researchers he'd seen over the years. Nobody caught a glimpse of a small woman at the door before the man blocked his view and started shouting at him.
貧相な顔の激怒しているように見える男が部屋に入室し走って何者でもない者へ近づいてきたので、彼は自身の反芻から意識を逸らした。白衣 (彼は不要な白衣への彼らの異常なこだわりを決して理解しなかった) 、ひょろっとした、薄いブラウングレーの髪、本質的に彼が長年見てきた多くの研究者達と互換性がある外見。扉の傍に居る背の低い女の姿がちらりと見えたかと思えば、一人の男が視界を遮り、彼に対し怒鳴り始めた。

"Who are you! Who are you working for! Why were you after the files for Project Palisade?!"
"お前は誰だ! 誰の手の者だ! なぜ防御柵計画のファイルを狙った?!"

The man's breath smelled of fish and mint, a combination which sent a mild stab of nausea through Nobody's stomach.
男の息は魚とミントが混ざった臭いで、軽い吐き気が何者でもない者の胃を刺した。

"I'm Nobody. I would've thought you'd already know that."
"私はノーバディ。てっきり既に知っていた事だろうと思っていたが"

The man's (oh, let's call him Ratface) eyes narrowed and he spat back, "Nobody isn't real. Just an urban legend that agents tell to spook rookies. Who are you really working for?"
男 (ああ、こいつをラットフェイスと呼ぼう) は目を細め、吐き出した、"ノーバディは実在しない。エージェントが新人を怖がらせるために話すただの都市伝説だ。お前は本当はどこの手の者だ?"

Nobody sighed internally. Great. One of those.
何者でもない者は心の中でため息をついた。その類の人間か。上等だ。

"I'm not working for anyone but my own curiosity. You guys always have the most interesting tidbits. You didn't hide this place all that well, by the way. Much easier to find than Site 19."
"私は誰の手の者でもなく、ただ自身の好奇心のみで動く。お前達はいつも一番面白い、うまいモノを持っている。そもそも、お前達はこの場所をたいして巧く隠さなかっただろう。サイト19を見つけるのよりはよほど簡単だったぞ"

Oh, that got a response from the people behind the mirror. And sure, he was provoking Ratface, but that could lead to sloppiness. Besides, it was a little fun.
おや、鏡の向こう側の人達が今のに反応したぞ。そして当然、ラットフェイスを挑発する事になってしまったが、迂闊さを誘発できるメリットはあった。それに、今のは少し楽しかった。

Ratface grew more livid, face flushing a bright red. He stabbed Nobody in the chest with his finger. "Nobody, and I mean nobody, has ever infiltrated 19."
ラットフェイスは顔を真っ赤に染めながら、さらに怒った。彼は何者でもない者の胸に指を突き付けた。"サイト19は、今まで何者の侵入も許していない、何者の侵入もだ"

"Exactly." Nobody smiled sardonically.
"その通りだ" 何者でもない者は皮肉気に笑った。

Ratface cocked his fist back and the woman spoke quietly.
ラットフェイスは拳を振りかぶり、そして女性は静かに告げた。

"Agent Mitchell."
"エージェント・ミッチェル"

Ratface, Mitchell, stopped and lowered his still-clenched fist.
ラットフェイス、ミッチェルは、動きを止め、未だ握りしめられたままの拳を降ろした。

The woman gently pushed Mitchell to the side and looked down at Nobody, expression blank. Well, maybe vaguely curious, in the same way that you'd wonder whether or not a fly was going to bumble its way out of a partially cracked window.
女性はミッチェルをやさしく脇へ追いやり、何者でもない者を見下ろした、うつろな表情で。まあ、蠅が、部分的にひび割れた窓から出ていくか否か見届けようとする程度の、漠然とした興味はあるようだった。

"You're an odd one, Mr. Nobody. That Notice-Me-Not lattice woven into your coat is making some of our lab boys excited and we've been trying to get a copy of the Factory's latest generation of tech for quite a while. Thank you for bringing us these gifts.
"貴方は思いがけない客です、ミスター・ノーバディ。貴方のコートに含まれる認識阻害格子織は我々の研究室の何名かを酷く興奮させていますし、我々はかなり長い間ファクトリーの最新技術の複製品を手に入れようと試みていました。これらの贈り物を運んでいただき感謝します"

"But I too am wondering why you bee-lined straight to our secure files if you were just wandering around sightseeing. What exactly were you hoping to find?"
"しかし、貴方がただ観光散策をしていたというのなら、なぜ我々が厳重に保護しているファイルに一直線に向かったのか、私はとても不思議でなりません。貴方は正確には何を見つけたかったのですか?"

She folded her arms casually, tapping her exposed fingers against her arm. Nobody shrugged as best he could while tied down.
彼女は何気なく腕を組み、剥き出しの指で腕を軽く叩いた。何者でもない者は束縛された状態で出来る限り肩を竦めた。

"Luck on my part, I suppose. Bad luck, given that you immediately caught me, but still, just random luck."
"運が良かったんだろう。君達にすぐ捕まった点では運が悪かったとも言えるが、結局はただの運だ"

He cleared his throat and continued, in a slightly different timbre. "I take it those files were about this Project Palisade. Wouldn't you like to tell me what that is?"
彼は喉をすっきりさせると、少し違った声色で続けた。"あれらのファイルはこの防御柵計画に関係しているみたいだな。その計画とやらについて教えてくれても良いんじゃないか?"

Mitchell growled disdainfully at him. "Yes, of course we're going to tell you all about our reality firewall program. Everything about using alternates for research purposes. That makes total sense."
ミッチェルは彼に軽蔑的に唸った。"ああ、それは良い考えだ。我々の現実保護プログラムについて全て話そう。研究目的のために用いる代替品についても全て。それはそれは、全く理に適った判断だ"

The woman narrowed her eyes as Nobody smiled apologetically and said, "Well, you can't blame a guy for asking."
何者でもない者がすまなそうに微笑み、"あー、質問すること自体は別に責められる事じゃないだろう?"、と言った時、女性は目を細めた。

"Yes, I rather think I can. Agent Mitchell, report to CH&P and get a level White regimen. You've been compromised."
"いいえ、貴方を責める事は出来るでしょう。エージェント・ミッチェル、CH&Pに報告を行い、レベルホワイトの検査プログラムを受講しなさい。貴方は洗脳されていました"

Mitchell looked shocked and angry. "What?! I have not! I'm perfec—"

ミッチェルはショックを受け、立腹しているように見えた。"何だって?! そんな事はしていない! 私は完ぺ  "

"Agent Mitchell, you just disclosed sensitive information to an individual with unknown capabilities. Go before I file a reprimand." The woman's voice remained steady and calm.
"エージェント・ミッチェル、貴方はちょうど繊細な情報を不明な能力を有する個人に開示したばかりです。私が懲戒処分を提出する前に、行きなさい" 女性の声は依然として安定し穏やかだった。

Mitchell darted his gaze to the mirror, flushed an even angrier red, and stormed out. The woman waited until he was out of the room and the door closed before addressing Nobody.
ミッチェルは顔を真っ赤に染めたまま、急に鏡の方を凝視し、部屋を飛び出した。女性は彼が部屋を出るまで待ち、扉を閉めた。そして何者でもない者に話しかけた。

"I'm naturally immune to most anomalous compulsion effects, Mister Nobody. It's part of why I have my job. Now please, continue. What were you planning to do with those files?"
"私は、異常な強制効果への耐性を先天的に持っているのです、ミスター・ノーバディ。それが私がこの職にある理由の一部です。さて、続けてください。あれらのファイルに関して、何を計画していたのですか?"

Nobody briefly furrowed his brow and flicked his eyes up and down the woman, seeking some clue in her body language of how to proceed. She looked… well, she was… her eyes were…
何者でもない者は、一瞬だけ額に皺を寄せ、彼女の全身を眺めまわした。次の一手を考える上での手がかりとなる何かを、彼女の身振り手振りの中に求めた。彼女はまるで……そうだな、彼女は……目が……

Fuck, he couldn't keep any impression of her in his head other than her gender. That wasn't a good sign. At least he retained the metacognition to recognize that he was missing details. He hated antiperceptuals. Well, ones that he wasn't using himself, anyway.
畜生、彼は彼女の性別以上の印象を何も脳内に留めておくことが出来なかった。それは良い兆候ではなかった。細部を取りこぼしている事を認識できる程度のメタ認知を保てていたのは、せめてもの救いだ。彼は認識阻害が嫌いだった。まあ、自分が使っていないものに関しては、だが。

He sighed. "I don't suppose that you'll believe anything I say at first."
彼はため息をついた。"最初の間は何を言っても信じないのだろう?"

"No, probably not."
"ええ、そうですね"

"Well, I'm telling the truth anyway. I had no agenda coming in here other than to poke around and see what stood out. Thanks to Mitchell, I now know about the existence of this special project of yours that sounds very interesting. I copied those files because they looked special, not because I was looking for them specifically."
"まあいい、とにかく私は本当の事を言っている。私は、ここに入って突っつきまわして目立った物を見る、以外の予定は無かった。ミッチェルのお陰で、私は今この君達のとても面白そうな特別な計画の存在について知っている。私があれらのファイルをコピーしたのは特別なように見えたからだ、特にそれらを探していたからってわけじゃない"

The woman nodded slightly. "That seems plausible, at least. A good story to start with. Now lets dive a little deeper."
女性はわずかに頷いた。"少なくとも、尤もらしく聞こえますね。皮切りにするには良い物語です。では少し、より深く潜ってみましょう"

She pulled a capped needle and vial from her pocket and proceeded to fill the needle with a yellow-tinted fluid. Nobody tried to jerk and flail as she drew closer with it, but the chair was bolted to the floor and his bindings held him tight. She injected a vein in his right wrist and he felt a cold sensation surge up his arm.
彼女は蓋をされた注射針と試料瓶をポケットから取り出し、注射針を黄み掛かった液体で満たし続けた。何者でもない者は彼女がそれを持って近づくと必死に暴れようと試みたが、椅子は床にしっかりとボルトで固定され拘束具はしっかりと彼を抑えつけていた。彼女は彼の右手首静脈に液体を注入し、彼は腕から冷感が駆け上ってくるのを感じた。

"Now, I want you to know that I don't want any harm to come to you, Mister Nobody, but we will find out what you know. So let's begin at the top. How did you find out about this facility?"
"さて、知っていただきたいのは、私は貴方に危害を加えたいわけではないという事です、ミスター・ノーバディ、しかし私達は、貴方が知っている事を明らかにするつもりです。では最初から始めましょうか。この施設をどうやって発見したのですか?"

Nobody's head spun as whatever she'd shot into him started to take effect. The rest went predictably from there.
彼女が撃ち込んだ薬剤が効果を発揮すると、何者でもない者は目が回るような感覚を覚えた。残りはそれから予想通りに進んだ。


Nobody woke up on a park bench with a splitting headache and the taste of copper and cloying roses in his mouth. Blech. He hated amnesiacs.
何者でもない者は、頭が割れそうな頭痛と、銅とうんざりする薔薇の味を感じながら公園のベンチの上で目覚めた。おえっ。彼は記憶処理が嫌いだった。

He sat up and rubbed his temples, three circles forward, three circles back, two forward, two back, one, one. Memories of the past, goodness, week? filtered back slowly.
彼は上体を起こし座ると、こめかみをこすった、前に三回円を描くように、後ろに同じく三回、前に二回、後ろに二回、前に一回、後ろに一回。過去の記憶が、やれやれ、一週間分か? ゆっくりと戻り染み込んできた。

The woman really was good at her job. He didn't remember ever being interrogated quite that thoroughly before. She had been meticulous in not sharing any information, too. He had been able to glean a little from lip-reading people behind the glass, however, and they seemed particularly excitable when he accidentally used the word "variable". One of them started shouting a bit and a hint of it filtered through the glass before the general shoved him out of the room. Something like "extermination" or "escalation".
女性は本当に良い仕事をした。これまであれほど徹底的な尋問を受けた覚えは無かった。彼女はまた、一切の情報を共有しない事に細心の注意を払っていた。彼はガラスの向こう側の人々の唇を読む事で少しの情報を集めていたのだが、彼らは彼が偶然"variable1"という単語を用いた時に特に興奮しているように見えた。うち1人が少し叫び、将軍が彼を部屋の外に追い出すまでにそのヒントがガラス越しで得られた。"extermination2"あるいは"escalation3"と思われる。

It was hard to read the body language of someone he could barely concentrate on, especially while drugged, but he had the impression that the woman had been moderately bothered that he hadn't given her any other conspirators. He would have to assume that he'd be under surveillance so long as he stayed in the city, probably until he used his abilities to completely and deliberately disappear off their radar. Fuck. He rather liked this place. Some really good street food vendors.
かろうじて注目できる誰かの身振りを読み取る事は難しく、薬を打たれている時は尚更だったが、彼が他の共謀者の名前を一切挙げなかった事に彼女は少なからず苛立っていた、という印象があった。この街に留まる限りは、恐らく、彼が自分の能力を使って完全かつ意図的に彼らの探知能力から消えるまで、監視下にあると想定しなくてはならないだろう。畜生。彼は割とこの場所が好きだった。いくつかの本当に素晴らしい食べ物系の屋台があった。

He stood and stretched, feeling stiff muscles creak and joints pop as his long-constrained body settled back into free movement. Well, time to go. He patted himself down. Looked like they'd given him back almost all of his stuff, but he'd have to trash what was left of it in case there were trackers. Swap clothes at a store, burn the coat, smash the tablet (last-gen; did they think he wouldn't notice?) and other toys and distribute the parts around town, hit one of his caches to confirm nothing implanted and resupply, then to the Library for some research.
彼は立ち上がり、長く拘束されていた身体が自由な動きを取り戻すと同時に、こわばった筋肉が軋み関節が鳴るのを感じながらストレッチをした。さて、もう行かなくては。彼は自身の身体をチェックした。彼らは彼の持ち物ほとんど全てを返してくれたように見えるが、追跡機がある場合に備えて残った物は捨てる必要があるだろう。服は店で取り換え、コートは燃やし、タブレット端末 (従来品に換えられていた、気付かないとでも考えたのだろうか?) や他の玩具は打ち壊し部品は街中にばらまいて、物資隠匿場所の1つを当たり何も埋め込まれたり再補給されていない事を確認して、そしていくつかの調査のために図書館へ向かうことにした。


A month later, Nobody sat in a coffee shop in a different city, browsing through a laptop that he'd liberated from a careless Foundation researcher a while back. At least half of his methods just consisted of taking advantage of other people's natural tendencies and common quirks. Like every IT drone's nightmare: an employee with zero sense of hardware security or understanding that no, they weren't the exception to the "don't take sensitive data home with you" rule.
1ヵ月後、何者でもない者は、違う街のコーヒーショップ内で席に着き、しばらく前に不注意な財団の研究者から盗み取ったラップトップにザっと目を通していた。彼の手法の少なくとも半分は、他者の生来の性向と一般的な癖を利用する事から成る。ハードウェアセキュリティという概念を持っていないか、自分が"機密情報持出禁止"ルールの例外でないことを理解していない被雇用者の存在は、IT業務に従事する全ての人間にとっての悪夢だ。

He had snagged it for the technical specs on that telekill helmet, but it had some other files on it that he hadn't looked through much until now. Files about MTFs Omega-8, -9, and -10, nothing terribly interesting there, standard exploitative crap. What looked like a standard database of their disaster classification system. CK, SK, TK, XK, GH, RI, LO, wait. RI? Those O5 files he'd found were in an RI labeled folder. Let's see…
テレキルヘルメットの技術仕様書が目的で盗んだパソコンだったが、中にはまだ目を通した事のないファイルがいくつも残っていた。機動任務部隊オメガ-8、-9そして-10に関するファイル……特に面白くもない、いつもの搾取的な代物だ。彼らの災害分類システムの、標準的なデータベースと思しき物。CK、SK、TK、XK、GH、RI、LO、待て。RI? 彼が見つけていたあれらのO5用のファイルはRIに分類されたフォルダの中にあった。どれどれ……


RG-class: Reality collapse
RH-class: Reality overwrite
RI-class: Reality incursion/invasion
RJ-class: Reality de-reification
RG-クラス: 現実崩壊
RH-クラス: 現実上書
RI-クラス: 現実侵入/侵略
RJ-クラス: 現実抽象化

Well. That certainly explained a few things that he'd overheard in the Library. Let's see, what else lurked in here…
良し。確かに図書館で耳に挟んだいくつかの事が説明されている。さてさて、他に何が潜んでいる……?

Huh. He skimmed through the helmet's documentation again and noted a memo he'd previously disregarded.
ははあ。ヘルメットの書類をもう一度流し読みすると、以前は見逃していた一通の業務連絡が目に留まった。

The nature of SCP-148 in Fencepost cluster MNT-9T3-___ (key variant SCP-682) makes utilization difficult, as it deadens cognition rather than merely blocks intrusive telepathy. Deployment of protective equipment is not recommended in this cluster. Do not retrieve samples of SCP-148 from these Fenceposts, as there is evidence that it contaminates mainline material. Utilize variant assets from Fencepost PQ4-99R-DD6 for infiltration purposes. They have the greatest natural Psionic Resistance Scores of currently available subsidiary assets.

柵柱クラスターMNT-9T3___ (主要差異SCP-682) におけるSCP-148の性質は、単に侵略的テレパシーを妨害するというよりも認識を弱める事で、その利用が難しくなっています。保護装置の配備はこのクラスターにおいて推奨されていません。基底現実の物質を汚染する証拠も存在するため、これらの柵柱からのSCP-148サンプルの回収は行わないで下さい。柵柱PQ4-99R-DD6からの差異資産は浸透目的に利用してください。それらは現在利用可能な補助資産の中で最大の自然超常耐性を示します。

A slow grin grew across Nobody's face. He'd started with slimmer leads than this. It was going to be a wonderful day.
何者でもない者の顔は、徐々にニヤリとした笑みを形作った。彼はこれより細い手がかりから始めた事があった。素晴らしい日になりそうだった。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The curio-clarion's portal does not exist.


エラー: curio-clarionのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:6000434 ( 03 Apr 2020 05:20 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License