時の狭間のウサギ穴/Rabbit Hole in Time Lapse
評価: 0+x

[[[|← 前へ]]]| |ハブ | | [[[|次へ →]]]


The more time Lilibeth spent away from the cottage and at The Library, the more she realized how used she had been. By what she couldn't be sure, but she had begun to feel like a pawn in some cosmic chess game. She didn't know the players, and she didn't know the rules, but, she had gotten to know a few of the game pieces.

リリベスがコテージや図書館で過ごす時間が長くなればなるほど、彼女は自身がどれほど使われていたかを実感した。確証は無い、しかしながら彼女は自身がなんらかの宇宙規模のチェスゲームにおけるポーンになった気分になり始めていた。彼女は指し手を知らない、そしてまた彼女はルールを知らない、しかし彼女はいくらかゲームのピースを知っている。

It had been several days since her arrival. The feeling of being somewhere new filled her both with excitement and anxiety, and there was a sense of change floating about. She had confirmation now: there were more of these cottages in alternate universes, and different people within those cottages. How many were out there? Possibly infinite? Lilibeth couldn't tell.

彼女が到着してから数日が経った。コテージの外にいる感覚は彼女を興奮と不安の両方で満たし、変化する感覚が漂っていた。今現在彼女は確信を持っている。あれらのコテージは別の宇宙に数多く存在し、それらコテージ内には異なる人々が囚われていると。どれほどの人がコテージを出れただろう?可能な限り無限?リリベスは口をつぐんだ。

Perseus had put it thusly: “Whatever forces are controlling this situation, they don't appear overtly hostile, and they only target versions of what is commonly- though not always- called The Foundation.”

The Library and Ways appeared to be the only safe haven from this influence. Perseus explained how when he had first escaped his cottage, he had tried to return to his Foundation. Though he tried multiple times, he was almost immediately redirected back to the cottage once he left The Library or the Ways.

ペルセウスは述べた「この状況を支配している力が何であれ、彼らは明白な敵意を見せないしー常にとは言わないがー概ね財団と呼ばれる類の存在をターゲットにしているようだ。」

”図書館”と"道"は、この影響を受けない唯一の安全地帯のようだ。ペルセウスは、彼がコテージを初めて脱出し、彼の財団へ戻ろうとした時の事を話した。幾度も試みたのだが、彼が"図書館"や"道"から離れるとすぐさまコテージへ戻されてしまったのだ。

“Whatever forces are controlling this situation, they aren't overtly friendly either,” Norma had scoffed, adjusting the off-kilter top hat which she insisted on wearing. Her and Perseus weren't the only other two from these cottages either. Lilibeth saw a third person arrive sometime the day after her. He was a shambling mess of a man; skin grey, hairless body, and covered in rags. He identified himself as Crux, servant of “The Nineteenth Grounds”, which by his account bore striking resemblance to Site-19.

「この力が何であれ、彼らがフレンドリーな訳でもないわ」自己主張の強いハットのずれを直しながらノーマは冷やかした。彼女とペルセウスの2人だけが他のコテージの住人という訳では無い。リリベスは、彼女の後に第三者が到着するのを見ている。彼はよろよろと歩く雑然とした見た目-灰色の肌、無毛の体、ぼろ切れに覆われた-の男性だった。彼は”19番地”の従者クルックスと自称している。


The only individual involved in this extended get-together who had not come from the cottage was Carina. In fact, Carina was only tied to The Library, which is to say, she was firmly melded to the floor behind the desk she was placed at. Apparently this was not uncommon for librarians here, but that's besides the point. It was her who reserved dormitory style rooms for Lilibeth, Perseus, Norma, and Crux to stay in. They were welcome to stay as long as needed.

コテージからの訪問者の類以外でこの集まりに関与している唯一の個人はカリーナだった。実際、カリーナは図書館にのみ縛られており、言葉通りに、置かれた机の後ろの床にしっかり同化していた。どうも図書館員にとっては珍しいことではないようだが、そこは重要ではない。リリベス、ペルセウス、ノルマ、クルックスの滞在用に宿舎を押さえたのは彼女だった。リリベス達は必要なだけ滞在できることを歓迎した。

It was day 4 since Lilibeth had arrived at the Library.

Now, Lilibeth sat in one of the comfortable chairs placed in a circle around the center of the conference room. Across from her was Perseus, to her left Crux, and to her right Norma. In the corner, behind Perseus, Carina jotted down notes in a blank book.


リリベスが図書館に到着してから4日目。

今、会議室の中心を囲むよう配置された心地良い椅子の1つにリリベスは座っていた。向かいにはペルセウス、左手にはクルックス、そして右手にノルマが座っていた。ペルセウスの後ろ側の隅では、カリーナが白紙の本にメモ書きをしていた。

“You insist on stopping it?” Crux asked.

“I'm not ruling it out,” Perseus replied, “this thing is taking people, has been taking people, and will almost certainly continue to do so once we’re gone. If it's for some sinister purpose, then I want it neutralized, the scenario and whatever’s behind this thing.”


「あなたはそれをやめると主張するのですか?」クルックスが尋ねた。

「僕はその選択を除害していない。」ペルセウスは答えた。「これは人々を捕らえていて、捕らえてきた。我々がいなくなっても、ほぼ確実に続けるだろう。それが不吉な目的の為ならば、私はこのシナリオとその背後にあるものの無力化を望む。」

“I'm telling you, it is the will of the Slouthering,” implored Crux.

“Slou-what-ering?” Norma shot the man a quizzical look.

“Listen, Crux, I understand your beliefs, and I'm doing my best to respect them, but we don't want to jump to any conclusions here.”


「あなたに教えてあげます、それはスラウザリングの意志です」クルックスは訴えかけた。

「スラ-なんたら-リング?」ノーマは男を訝しげに見た。

「クルックス、聞いて欲しい。僕は君の信念を理解していて、それらを尊重する為に最善を尽くすが、ここで結論に飛びつきたくはない。」

“I’m with Perseus,” Norma continued, “we need to figure what’s going on here and we can only do that with the information we have currently. Orion, you said you found a bunch of cogs underground?”

“Yeah,” Lilibeth confirmed. “Deep below the grassy field is a series of tunnels. Most of them lead to empty rooms, but this one, it goes to a big room of machinery. I haven’t a clue what it’s supposed to do, but it’s certainly doing something.”


「私もペルセウスに賛成」ノーマは続けた「私たちはここで起こっている全体像を把握する必要があって、現在持っている情報でしか判断できないの。オリオン、あなたは地下でたくさんの歯車を見つけたと言ったわね?」

「ええ」リリベスは頷いた。 「芝地の地下深くには、トンネルが並んでいます。ほとんどは空き部屋につながっているけど、ひとつは機械の大きな部屋に続いている。この機械が何をする機械なのか、手がかりは無いけど確実に動作しているの。」

“And you also said something about where the water from the pump goes,” Perseus added, “with what you think could be names of other alternates of SCP-2508?”

“Yes. Especially with Crux’s belief in this ‘Slouthering’ entity, I’m almost certain.”


「そして、あなたはポンプからの水がどこに行くのかについても言及した」ペルセウスが付け加えた「あなたが考える他のSCP-2508の代替品の名前とは?」

"はい。特に、この「Slouthering」エンティティに対するCruxの信念では、ほぼ確実です。」

“So what I wanna know,” Norma was pacing now, rubbing her chin, “is what the hell needs all this water we’re putting in that pump anyway? And if those extra pipes you saw are in fact ours- oh shit, that means our cottages our actually physically linked and working together to provide this water.”

「だから、私が知りたいこと」、ノルマはあごをこすりながらペースを取りました。「とにかく私たちがそのポンプに入れているこの水を地獄が必要としているのは何ですか?そして、あなたが見た余分なパイプが実際に私たちのものであるなら、それは私たちのコテージが実際に物理的にリンクされ、この水を提供するために一緒に働いていることを意味します

“Perhaps The Slouthering is thirsty,” Crux suggested. Norma paused.

“What is this Slouthering thing anyway?” she asked. Crux’s eyes widened.

“Why, it is the divine. The legends of old tell of it, and its Type-Fritz Hosts. It needs them to manifest, you know. Do you not have the stories in your dimension?”

“No,” Norma stated flatly.


「おそらく、スラウザリングはのどが渇いている」とクルースは提案した。ノーマは一時停止しました。

「とにかくこのSloutheringのことは何ですか?」彼女は尋ねた。 Cruxの目が広がった。

「なぜ、それは神です。昔の伝説はそれと、そのタイプフリッツのホストを伝えます。あなたが知っているようにマニフェストする必要があります。あなたの次元に物語がありませんか?」

「いいえ」ノーマは率直に言った。


Lilibeth travelled back to SCP-2508 on the 7th day since she had left. She grabbed belongings, refilled generators and pumps, and made sure things were in order. She did not intend on coming back. In a way, she would miss the comfort of this place. She had grown attached to it. But she knew in her heart that this wasn't the place for her. If there was even a chance of escaping it, she had to take it. There was a house and a family she hadn't seen in almost 20 years; she especially missed her daughter Emily, who would be grown by now.

リリベスは彼女が去ってから7日目にSCP-2508に戻ってきました。彼女は持ち物をつかみ、発電機とポンプを補充し、物事が整っていることを確認しました。彼女は戻ってくるつもりはなかった。ある意味で、彼女はこの場所の快適さを恋しく思うでしょう。彼女はそれに付着して成長しました。しかし、彼女は心の中でこれが彼女のための場所ではないことを知っていました。逃げるチャンスさえあれば、彼女はそれを取らなければなりませんでした。 20年近くも会っていない家と家族がいました。彼女は特に、今までに成長する娘エミリーを恋しく思っていました。


It was overcast, and there was a salty smell in the air that reminded Lilibeth of a beach at low tide. As she shut the door to what had been her home for the past two decades, her heart skipped a beat. She was leaving. Raindrops began to pepper the ground as the world was obscured from view; a circle of dirt and clay rising up and slowly consuming the sky as the elevator returned to the depths of the dark.


それは曇りで、空気中に塩味の匂いがして、リリベスに干潮時のビーチを思い出させました。彼女が過去20年間彼女の家であった場所への扉を閉めたとき、彼女の心臓は鼓動をスキップしました。彼女は去っていった。世界が視界から見えなくなるにつれて、雨滴が地面に浸透し始めました。エレベーターが暗闇の奥に戻ると、土と粘土の輪が上がり、空をゆっくりと消費します。


Soon she was back in The Library, where Crux and Norma were searching through an aisle labeled “Auniversal”. They had an unprecedented amount of information at their disposal, and with it they were trying to find any clues as to what the cottages were, and where they might have come from.


すぐに彼女は図書館に戻り、クルックスとノルマは「ユニバーサル」というラベルの付いた通路を探していました。彼らは自由に利用できる前例のない量の情報を持っていたので、コテージが何であり、どこから来たのかについての手がかりを見つけようとしていました。

“I see you two have been busy,” said Lilibeth.

“And apparently we aren't the only ones,” Norma added, “you got your stuff from your cottage? Don't need to go back for anything?”

“I shouldn't. I've had enough of filling up a pump for one life. What about you?”

“We’ll be getting to that.”

“Okay,” Lilibeth sat in one of the nearby armchairs. “Do you mind if I ask you something?”

“Shoot”


「二人は忙しかったと思う」とリリベスは言った。

「そして、どうやら私たちだけではないようです」とノルマは付け加えました。何のために戻る必要はありませんか?」

「すべきではない。私は一生の間、ポンプを十分に満たすことができました。あなたはどうですか?"

「私たちはそれに着きます。」

「わかりました」リリベスは近くの肘掛け椅子に座りました。 「何か質問してもいいですか?」

"シュート"


“How exactly are you associated with The Foundation? I mean, I know you said you worked at Site-43, but…”

Norma gave her a look, “but what?”

“You're like…. 12.”

“12 and a half, thank you very much. And so what? Kids gotta feed their adults somehow.”


「財団とはどのくらい正確に関係していますか?つまり、サイト-43で働いていたと言っていましたが……

ノルマは彼女に「でも何?」と見てくれました。

「あなたは…。 12.」

「12年半、ありがとうございました。それで何?子供たちは何とかして大人に餌を与えなければなりません。」


It was day 9 since she had left when Lilibeth saw it, on page 17 of a book entitled “The Fareaway Lands”:

In my travels I met many strange people, but none so perplexing as the group of individuals who warned me of the Ways. They could tell I was new, and cautioned me, saying that there were some places and corners you could get stuck in. They explained that they knew a lot about these kinds of places, and did their best to keep Wayfinders safe. When I asked them who they were, they simply replied “Aleph Null”.


「The Fareaway Lands」と題された本の17ページにあるLilibethが彼女を見て、彼女が去ってから9日目でした。

旅行中に私は多くの見知らぬ人に会いましたが、私にウェイについて警告した個人のグループほど困惑する人はいませんでした。 彼らは私が新しいと言って、立ち往生する可能性のある場所やコーナーがあると言って警告しました。彼らは、これらの種類の場所について多くを知っていて、Wayfinderを安全に保つために最善を尽くしたと説明しました。 私は彼らが誰であるかを尋ねると、彼らは単に「アレフ・ヌル」と答えた。



Something about this jumped off the page for Lilibeth. There was so far no record of the cottage anywhere in The Library, but this could be a lead. If anyone knew anything about what the cottages were, it would be this group, Aleph Null.

Lilibeth rushed to tell the others, who responded with similar reactions.


これに関する何かがLilibethのページから飛び出しました。 これまで、The Libraryのどこにもコテージの記録はありませんでしたが、これはリードになる可能性があります。 コテージが何であるかを誰かが知っていたら、それはこのグループ、Aleph Nullでしょう。

リリベスは急いで他の人に話しました。

“What do you think? The author seems knowledgeable,” Crux said.

“Corners that you can ‘get stuck in’? That sounds an awful lot like our predicament,” Norma agreed.

“Well then that settles it,” Perseus declared, “we have to find these Aleph Null guys. I'll run it by Carina to see if she can help us track them down.”

“Maybe they know a way out of this mess,” posited Norma.

“I hope so,” Lilibeth stared at the cover of the book; deep crimson leather with gold lettering, dusty and heavily weathered. “We've all spent so long in that place, I think we could use a change of scenery.”


"どう思いますか? 著者は知識があるようだ」とクルース氏は述べた。

「立ち往生することができるコーナー? それは私たちの苦境のようにひどく聞こえます」とノルマは同意しました。

「それで解決します」とペルセウスは宣言しました。「これらのアレフ・ヌルの人を見つけなければなりません。 Carinaがそれを実行して、彼女が私たちを追跡するのを助けることができるかどうかを確認します。」

「たぶん、彼らはこの混乱から抜け出す方法を知っている」とノルマは主張した。

「そうだね」とリリベスは本の表紙を見つめた。 ゴールドのレタリングが付いた深紅の革、ほこりっぽく、風化が激しい。 「私たちは皆、その場所で長い間過ごしてきました。景色の変化を利用できると思います。」


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The akashiro's portal does not exist.


エラー: akashiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5999863 (04 Jan 2020 12:52)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License