翻訳練習-意思の在る処/Where There's A will


It was cold this far down, below any semblance of natural light, past where the churning of machinery boomed. Up above, birds chirped about the trees and and bees buzzed over the flowers and sun beamed down on all of them. Down here there was no such fortune. It was cold, dark, and empty.

撹拌機の唸りを通り過ぎると、日の届かぬこの地底は寒々しかった。地上では鳥達がさえずり、ミツバチは花から花へ飛び回り、すべてに太陽が降り注いでいた。そのような幸運はここに無い。寒く、暗く、空虚だ。


Lilibeth’s flashlight shown through the dark and swayed ever so slightly with the elevator as it descended further and further into a sea of inky blackness. It had taken months of preparation, but the old researcher had enough rope strengthened and affixed to her lift to bring her miles below the surface. And bring her miles below the surface it did.

彼女の懐中電灯の光は暗闇を通り抜け、エレベーターと共にわずかに揺れながら、墨のような漆黒の海を下へ下へと降りていった。数ヶ月しか準備をしなかったが、老研究者には十分な強度のロープと、リフトに固定して、彼女のマイルを水面下に持っていきました。そして、彼女のマイルを水面下に持ってきました。


The rope hit its end only half a meter above what appeared to be a black tile floor. Lilibeth paused for a moment, listening to the dull hum coming from somewhere beyond where her flashlight touched the otherwise perpetual darkness.

ロープは、黒いタイル張りの床のように見えるもののわずか0.5メートル上で端に当たりました。リリベスは一瞬立ち止まり、懐中電灯が永遠の闇に触れるところを越えたどこかから来る鈍いハム音を聞いていた。

Lilibeth turned on a small floodlight attached to the side of her elevator. God only knows why it was in her basement, but it proved invaluable. If she lost her way, she'd be able to backtrack towards the light. Thankfully she had run its power source through a generator. It could last for days, maybe weeks.

リリベスはエレベーターの側面にある小さな投光器をつけた。投光器が何故地下室にあったのかは神のみぞ知るところだ、しかしそれは貴重な目印なのだ。迷ってしまったとき、明かりを頼りに戻ることができる。ありがたいことに、彼女は発電機を通して電源を動かしていました。それは数日、おそらく数週間続くかもしれません。


“Off into the dark, I suppose,” Lilibeth whispered to herself. The tile floor echoed into the distance, much louder than Lilibeth had expected. Her pulse quickening, she took off, watching every step she took. There was no way to know if a bottomless pit was mere meters in front of her at any given time.

「暗闇に向かって、私は思う」リリベスは独り言を言った。タイルの床は遠くに反響し、リリベスが予想したよりもはるかに大きかった。彼女の脈拍は速くなり、彼女は離陸し、彼女がとったすべてのステップを見ました。底なしの穴がいつでも彼女の前のほんの数メートルであったかどうかを知る方法がありませんでした。


She wasn't sure how long she had been standing there, looking at the door affixed to the rock wall in front of her. She wasn't sure when she had stumbled into the cave she was currently in. And yet, there she was, staring at the entirely un-extraordinary door, wondering just how long she had been walking . It felt like an hour. Maybe two. The strange noises from before were gone. It was quiet here, and properly normally quiet. With a push, Lilibeth opened the door.

彼女は、自分の前にある岩の壁に取り付けられたドアを見て、そこにどれだけ立っているのかわかりませんでした。彼女はいつ自分が現在いる洞窟につまずいたのかはわかりませんでした。それでも、彼女はまったく異常なドアを見つめて、どれだけ歩いているのかと思っていました。それは1時間のように感じました。たぶん2。前からの奇妙なノイズはなくなりました。ここは静かで、通常は静かでした。プッシュで、リリベスはドアを開けました。


On the other side was a hallway built of marble and stone. A dozen meters out, the corridor gave way to some sort of balcony or walkway, overlooking shelf after shelf after shelf: Books.

This was a library.

反対側には大理石と石で作られた廊下がありました。廊下は数十メートル先にあり、棚や棚を次々と見下ろすように、ある種のバルコニーや通路に道を譲りました。

これは図書館でした。

Lilibeth took careful and bewildered steps out to the railing, where shelves went so far down and so far up that she couldn’t even see the roof amidst all the walkways and floors and ladders. But there were people too, reading in armchairs or walking or browsing through the books in the narrow aisles. Some wore casual attire, while some were dressed in suites or ornate jewelry. A few were wearing dark brown robes. One of those robed individuals was on the same walkway as her, walking towards a flight of stairs at the far end. She gave the person a tap on the shoulder.

リリーベスは慎重に戸惑い、手すりまで出て行きました。そこでは棚が非常に下がっていて、すべての通路、床、はしごの真ん中に屋根さえ見えませんでした。しかし、アームチェアで本を読んだり、狭い通路で本を読んだり閲覧したりする人もいました。カジュアルな服装を着た人もいれば、スイートや華やかなジュエリーを着た人もいました。数人は暗褐色のローブを着ていました。それらの服を着た個人の1人は彼女と同じ通路にいて、遠端の階段の階段に向かって歩いていました。彼女はその人に肩を叩いた。


“Um, excuse me, do you know where I can fin-”

The man had no mouth. Lilibeth nearly screamed then and there, but managed to suppress her surprise. Why didn’t he have a mouth?! Where did his mouth go?!

“You wouldn’t- uh- happen to know, w- where I can find someone n- named Carina,” she stammered. The docent cocked his head to one side. Despite its rather ghoulish appearance it didn’t seem to be hostile, or even agitated.
“Carina, um, I was told she’s a librarian who works here.”

The docent thought for a moment, then nodded. Its arm stretched out towards Lilibeth, displaying its malformed fingers, index and middle finger curling in a motion indicating he wanted her to follow him.

「ええと、すみません、どこにひれがありますか?」

男には口がありませんでした。リリベスはあちこちで悲鳴を上げそうになったが、なんとか彼女を驚かせた。なぜ彼は口を持たなかったのですか?!彼の口はどこに行った?

「あなたはたまたま知りません、w-私はカリーナという名前の誰かを見つけることができます」と彼女はどもりました。彼は頭を片側に傾けた。むしろ残酷な外観にもかかわらず、敵対的ではなく、動揺するようにも見えませんでした。

「カリーナ、ええと、彼女はここで働いている司書だと言われました。」

しばらくして考えた後、うなずいた。その腕はリリベスに向かって伸びており、奇形の指、人差し指、中指がカールして動きを見せており、彼女が彼に追従したいと思ったことを示しています。


Are you here for the meeting?” asked a woman as Lilibeth was escorted into a small cozy room. An array of chairs were placed around the center of what looked like a conference room. The only other person here now was that woman, seated behind a desk with with several books stacked atop it. It would have been comforting if she had any eyes, but she did not.

「会議のためにここにいますか?」とリリベスが小さな居心地の良い部屋に連れて行かれたとき、女性は尋ねました。会議室のように見えるものの中央に椅子の配列が配置されました。ここにいる唯一の他の人は、その女性が机の後ろに座って、その上に何冊かの本が積まれていた。彼女に目があれば慰められたでしょうが、そうではありませんでした。

“I was told to find a librarian named Carina,” Lilibeth replied. The woman smiled.

“Yes, that would be me. So you are here for the meeting.”

“What is this place?”

“Why, this is The Library. Is this your first time here?”

“Yeah, I uh… I guess I don't get around much these days.”

“That's quite alright. Perseus is around here somewhere. If you'd like to wait for him he shouldn't be long.”

“I'm sorry, this is just a lot to process.”

「カリーナという図書館員を見つけるように言われました」とリリベスは答えました。女性は微笑んだ。

「はい、それは私です。あなたは会議のためにここにいます。」

"この場所は何ですか?"

「なぜ、これがThe Libraryです。ここは初めてですか?"

「ええ、ええと…私は最近はあまり移動しないと思います。」

「大丈夫です。ペルセウスはこの辺りのどこかにあります。あなたが彼を待ちたいのなら、彼は長くてはいけません。」

「すみません、これは処理するだけです。」

Lilibeth sat down, looking out the open door at the people milling about. Sat against a row of shelves, a couple held hands as they read, while another individual ran his hands along the books as he walked with a pace that suggested he had nowhere to be. It was strangely peaceful. Perhaps Lilibeth was just overwhelmed from seeing other people again; she had spent so long alone.

リリベスは座って、歩き回っている人々の開いたドアを眺めました。棚の列に座って、読んでいるカップルが手をつないでいる間、別の個人が本に沿って手を動かし、彼はどこにも居ないことを示唆するペースで歩きました。それは奇妙に平和でした。おそらく、リリベスは再び他の人に会うのに圧倒されただけでしょう。彼女は一人で過ごした。


“What's a library doing in a place like this?” she asked.

“What do you mean?”

“Has there been a library this far underground this whole time? All these years?”

Carina paused.

“Is that how you found it? Through a door underground?”

“Yeah.”

“There are many Ways to The Library. It doesn't have a location, it is a location.”

「このような場所で図書館は何をしているの?」と彼女は尋ねた。

"どういう意味ですか?"

「ずっとずっと地下に図書館がありましたか?これらすべての年?」

カリーナは一時停止しました。

「あなたはそれをどのように見つけましたか?地下のドアを通って?」

「うん」

「図書館への道はたくさんあります。場所はありません、場所です。」


That thought sunk into Lilibeth. She wasn't in SCP-2508 anymore. This was some entirely separate place, separated by who knows how much space (if such concepts could even be applied to them). Her lips curled into a faint smile at the thought.

その考えはリリベスに沈みました。彼女はもうSCP-2508にいませんでした。これは完全に別の場所であり、誰がどのくらいのスペースを知っているかによって分けられています(そのような概念を適用できる場合)。彼女の唇は、その考えに微笑みを浮かべた。


“So, which one are you?” Came another voice from behind Lilibeth. As she turned, she could see it belonged to a young girl in a labcoat who had just entered the room. She looked no older than 12, and sported a comically oversized top hat.

「それで、あなたはどれですか?」リリベスの後ろから別の声が来ました。振り返ると、彼女は部屋に入ったばかりの白衣の若い女の子のものであることがわかりました。彼女は12歳以下に見え、コミカルな特大のシルクハットを身に着けていました。


“I'm sorry?” Lilibeth remarked. The large hatted girl gave her a smirk.

“Your name I mean.”

“I'm Lilibeth.”

“Last name?”

“Orion.”

“That's the one,” she extended a hand, “I'm Norma, Site-43 Chemistry department. Welcome to our little club.”

「ごめんなさい?」リリベスは言った。大きな帽子の少女は彼女ににやにや笑いを与えた。

「あなたの名前、つまり」

「私はリリベスです。」

"苗字?"

"オリオン。"

「それがこれだ」と彼女は手を伸ばした。「私はサイト43化学部のノーマです。小さなクラブへようこそ。」

ERROR

The akashiro's portal does not exist.


エラー: akashiroのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5999863 ( 04 Jan 2020 12:52 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License