Simazucha _yayoi-40--db81

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。


銃口を向け、引き金を引く。

手が勝手に照準を合わせて、引き金に手がかかってしまう。

—銃声。撃ちぬいた物をゆっくり箱の中に入れてやり問いかけてみる。「お前は楽になれたか」ってな。勿論答えは返ってこないが欠かさずやる。俺の仕事は疲れてしまった奴を楽にしてやることだから。さあ、これで今日の仕事も終わりだ。

—銃声。彼は遺体を箱に入れていく。ああ。また私は人を殺してしまった。自分の仕事に誇りが持てない。何で彼はそれを誇りに思えるんだろうか。


仕事部屋から出ていき、急ぎ足で帰宅する。橙色に染まった帰り道を進んでいく。帰り道といっても殆ど人がいない道だ。他人と一緒にいると自分の仕事の意味をつい考えてしまうから他人と一緒に帰ることは少ない。本当に拒絶しているわけではない。自分の仕事が本当に正しいかどうか分からなくなってしまうのを避けたいだけだ。

仕事部屋から出ていく。急ぎ足で橙色に染まっている帰り道を走っていく。ほとんど人がいない道に入っていく。ここの道だったら私が死んでも見つからないから迷惑にならなくていいかもしれない。ああ、誰か私を殺して。

ERROR

The Simazucha _yayoi's portal does not exist.


エラー: Simazucha _yayoiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5997051 ( 04 Jan 2020 23:45 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License