逃走劇は終わらない

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-2093-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2093-JPの発生が確認されたエリア付近に常に監視員10名および機動部隊や-8を配置します。当該エリアは財団の私有地として登録し、有刺鉄線を巻いたフェンスで囲い、一定間隔で立ち入り禁止の張り紙を貼ります。新たにエリア外で発生が確認された場合、一連の対応を新規エリアまで拡大します。

一般人のエリア内への侵入が確認された場合即座に機動部隊や-8が出動し、山の所有者であることを伝え追い返します。

現在、SCP-2093-JPに関する実験は禁止されています。

説明: SCP-2093-JPは███地方の山間部で不定期に発生する現象です。SCP-2093-JPの発生において当該エリアの人間から無作為にSCP-2093-JP-1を選出します。SCP-2093-JP-1は何らかの方法により近くに人間がいる事を認めると対象に向かって追いつける程度で走り出します。

SCP-2093-JP-1の付近にいる人物は対象に不可抗力的に引き寄せられ不明な原理で吸収されます。吸収された人物はSCP-2093-JP-1の表面に融合し、SCP-2093-JP-1は歪な体を形成しながら巨大化します。融合は基本的に不完全で終了し、SCP-2093-JP-1の表面には吸収された人物の手や足などの体の一部が確認されます。

SCP-2093-JP-1は人間を10名吸収するとSCP-2093-JP-1の周辺が見えなくなる程度で発光し、吸収された10名とSCP-2093-JP-1に選出された1名に分離します。この時点でSCP-2093-JPは終了します。

現在、分裂後の各々の障害の発生は確認されていません。各々はSCP-2093-JP-1状態での記憶を有しておらず、SCP-2093-JPに関する情報が全般的に失われ、SCP-2093-JP-1を認識できなくなっていることが確認されています。

基本的にSCP-2093-JP-1は当該エリア内を徘徊してますが、追跡している人物が当該エリア外に出た場合SCP-2093-JP-1は当該エリアから脱出し追跡を続けることが可能です。

インシデント記録2093-JP
実験の翌日、夢追隊員は精神不安の傾向を示し不眠症を発症しました。夢追隊員は実験で唯一SCP-2093-JP-1に吸収されずに遭遇した人物です。睡眠薬の投与を続けましたが傾向は日を跨ぐごとに強くなり、6日後にせん妄状態になりました。同日、強力な鎮静剤を投与しましたが効果は得られませんでした。10日後にベッドで横たわる状態が続き、15日後、夢追隊員は死亡しました。

また、この間夢追隊員は現実において「近くにいた人物が急にSCP-2093-JPとなって追いかけてくる」「誰かに常に見られている」といった症状を訴えましたが、夢追隊員が何者かから逃げるように走っている状態を目撃した財団員はそれが事実ではない事を証言しておりSCP-2093-JPとの関連は不明です。

以下は夢追隊員のベッド脇の机に置かれていた夢追隊員のメモ書きです。

私はSCP-2093-JPに関わったことを深く後悔している。どうやらアレは私の夢に入り込んできたようだ。

・・・アレはこの世のものではない、悪魔、もしくは怪物だ。ろくろっ首、見上げ入道、海坊主。現実に存在していたらどれだけ恐ろしいことか。そして、アレはこれらよりも恐ろしい。

怪物から逃げる夢を体験したことのある人は結構いるのではないだろうか。夢の中で走ると、大抵の人は足が遅く感じる。怪物は相変わらずこっちに向かって走ってくる。私達は怪物に捕まれまいと逃げる。けど足が遅い。もどかしい!

怪物との距離はどんどんと縮まる。10m、5m、1m、50cm、10cmーーーそして私達は最悪な気分で目覚める。

何故毎回逃げている場面なのか。何故戦わないのか。

多分、夢の中の怪物相手にはどうあがいても勝てないからだと思う。怪物は私達の空想の世界に入り込んで破壊する侵略者だ。私達は無意味に逃げてるわけではない。捕まったら終わりだということを直感しているのだ。

私は夢でアレと出会って、最後に捕まりそうになりながら起きるということを繰り返している。アレとの距離は寝るたびに近づいてくる。今は多分1mくらいだろうか。

もはや現実と夢との区別がつかない。ここがどこなのか分からない。誰もが私を追いかける。私はもう寝たくない。実験で見なかった続きを夢で見るからだ。アレに捕まったらと思うとゾッとする。

私はもうダメなのかもしれない。

夢追隊員の死体を霊安室に安置した2日後、夢追隊員の死体の消失が確認されました。この間霊安室に財団職員は一切入っていないことが霊安室付近の防犯カメラによって確認されていますが、代わりに夢追隊員と思しき死体が何者かから逃走する様子が映し出されました。

現在、財団内で夢追隊員の死体を新たに異常存在と指定するかについて検討中です。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The Readet's portal does not exist.


エラー: Readetのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5986557 ( 30 Dec 2019 15:43 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License