夢見る風船

現在このページの批評は中断しています。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはサイト-8153低脅威用のロッカーに保存されます。SCP-XXX-JPを用いて実験を行うことは倫理的な観点などから現在禁止されています。SCP-XXX-JP-1の状態が継続中の対象は高さが10 mある部屋で浮遊した状態を維持し、外部から目撃されないようにして下さい。

説明 SCP-XXX-JPは██商店で販売されていたフーセンガムです。プラスチックの包み紙で封がされている3.2×3.2 cmの紙箱に4個入っています。SCP-XXX-JPは現在、未開封のものが20箱あります。原材料は市販のフーセンガムと同じでした。

SCP-XXX-JPは6歳から15歳の児童が噛んで膨らませた時に特異性が発現します。対象がSCP-XXX-JPを口を使って膨らませた時、SCP-XXX-JPに引っ張り上げられる様に浮遊していきます1。そしてSCP-XXX-JPを咥えた対象は10 mほどの高さで止まり、一定時間滞空2し夢を見ます。この時対象は全身が脱力していてノンレム睡眠に入っています。滞空し夢を見ている状態をSCP-XXX-JP-1とします。対象により夢の概要は異なりますが、本人がこれまでに思索したことのある強い快感を覚えるような内容の夢であるという点、夢が覚める直前に「まだここにいたいか」という様な旨の質問を受ける点は一致しています。そしてこの質問に対していいえという旨で答えると夢が終了しSCP-XXX-JPがゆっくりと萎みながら対象が下りてきてます。SCP-XXX-JP-1の状態は、家庭環境に悩みを抱えている、自分に自信がない、生きていることに幸福を感じない等ネガティブな感情を多く抱えているほど長くなります。対象がSCP-XXX-JP-1の状態のとき、15歳以上の人間は直接その姿を視認出来ませんが、カメラなどを用いて間接的に視認することは可能です。現在、財団内ではSCP-XXX-JP-1の状態が続いている児童を██人保護しています。そして現在までに5人の児童が膨らんだSCP-XXX-JPの破裂が原因で落下死しています。この死亡を防ぐため防護ネットを敷く、天井の低い場所で収容するなどの対策を取りましたが、何らかの方法で透過してしまいました。なぜSCP-XXX-JPが破裂し、落下死してしまうのかは現在までわかっていません。

SCP-XXX-JPは███県███町で一カ月に発生した児童の失踪件数が、他の地域より非常に多いことを要因に財団の注目を浴びました。そして失踪から帰ってきた児童達への聞き取りを行い、SCP-XXX-JPの概要や夢の内容が分かりました。以下の表は児童達の見た夢の実例です。


夢の内容 滞空時間 備考
家族で豪華客船に乗って世界一周旅行をする夢。夢が終わる直前、ディナーを食べている途中「まだここにいらっしゃいますか」とウエイターに質問されいいえと返答した。 24時間 対象の家庭環境や精神状態はとても良好でした。
菓子で出来た町に住む夢。好きな菓子を好きなだけ食べ、クッキーで出来た町の住人と仲良く暮らす。夢が終わる直前、クッキーで出来た住人に「まだここにいるよね」と言われたがそれを拒否した。 36時間 対象は自分の進路や将来に少し不安を感じていました。
仮面ライダーになる夢。対象の体が仮面ライダーになれるよう改造され一匹の怪人と戦った後、対象の体を改造した博士から「おぬしはまだここにいるのか」と質問される。そしてそれにもう帰りますと返答した。 48時間 対象は親に受験勉強を強要されていて、精神的に疲弊している状態でした。しかし親との関係は良好でした。

インタビューによりSCP-XXX-JPは児童達のコミュニティー内で仄聞され、使用する人数が増加していったことが分かりました。そして財団はSCP-XXX-JPを児童達の中で一番初めに使用したとされる対象を発見しました。以下はその対象に対するインタビューです。

対象:█████

インタビュアー:エージェント林

<録音開始(2015/08/21)>

エージェント林: それではインタビューを開始します。

█████: はーい。

エージェント林: 貴方は何処でSCP-XXX-JPを入手しましたか?

█████: いえの近くにあるおかし屋さんで買ったよ。

エージェント林: 貴方は誰かにSCP-XXX-JPのことを勧めましたか?

█████: ███(対象の名前)がつかったときにフワフワういてすごく楽しいゆめが見れたから、友達ともいっしょにやりたいと思って、仲のいいともだちに教えたよ。それでその後、みんなでいっしょに使ったんだ!使ったあとにともだちのいろいろなゆめをきくのはとても楽しかった!

エージェント林: その他には誰かに勧めましたか?

█████: さいきんこっせつををしちゃって、それからずっと元気のなかったクラスの██君にも教えてあげたよ。

エージェント林: ██君がSCP-XXX-JPを使用するところをあなたは見ていましたか?

█████: 見てたよ。でも、他のともだちと違って1、2日してもおりてこなかったのでちょっとしんぱいだったな。だけどゆめを見ている時、すっごく楽しそうなかおをしていたのでちょっとうらやましかったなぁ。

エージェント林: 分かりました。以上でインタビューを終了します。

<録音終了>

終了報告書: SCP-XXX-JPが販売されていた██商店の店主にインタビューを行いましたが、店主は通常のフーセンガムではなくSCP-XXX-JPが店舗で販売されていたことを知りませんでした。

現在もSCP-XXX-JPの状態にいる対象の夢を、脳情報コーティング技術を用いて可視化することに成功しました。以下は現在もSCP-XXX-JP-1の状態にいる対象が見ている夢の実例です。

夢の内容 滞空期間 備考
塾の自習室ような広い部屋で一人、対象が泣きながら永遠と勉強を続ける夢。 1か月 対象は学校の成績や進路のことで親との関係が非常に悪化していて、強いストレスを感じていました。
夕方の公園でかごめかごめをしている夢。対象は輪の中で座っていて、動かない。 2カ月 対象は学校でいじめに合っていて、人間関係に深く悩んでいました。
いろいろなシチュエーションで車に轢かれ、右足を骨折するというパターンを繰り返す夢。 3カ月 上記のインタビューで出てきた██の夢です。対象はSCP-XXX-JPを使用する一カ月前交通事故に合っていて、右足を骨折していました。対象はサッカーが好きだったのですが、それが出来なくなり強いショックを受け、精神的に疲弊していました。

実例やインタビューにより、SCP-XXX-JP-1の状態に長時間いると、途中で見ている夢の内容が対象のトラウマに依存した悪夢に変更されることが分かりました。SCP-XXX-JP-1の状態が短時間で終了した対象より、夢の内容が変更されるほど長時間その状態にいる対象の方がSCP-XXX-JPを使用する前、親からの強い束縛を受けている、人間関係に問題を抱えている等の様々な影響で、生きていることや現実に愉悦を感じていない者が多かったことが分かっています。

補遺1: SCP-XXX-JP-1の状態に長時間いる対象が落下する瞬間と、その時の対象の夢の観測に成功しました。以下は対象が落下する直前まで見ていた夢の内容です。

00:00:00: 対象は学校の様な場所で一人テストを受けている夢を見ている。

00:45:00: テストが終了。教師の様な男が入ってくる。

00:47:34:教師の様な男が新しいテストを渡し対象に何かを話しかける。

00:48:25: 対象は泣き出し、話しかけられた内容に首を振る。その瞬間対象の見ている夢の映像が砂嵐に変わる。

00:48:35: 膨らんだSCP-XXX-JPが破裂し対象が落下。死亡が確認された。

備考: 対象は夢の中でテストを受けるという事象を███回繰り返していました。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The tacook02's portal does not exist.


エラー: tacook02のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5951771 ( 28 Apr 2020 08:08 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License