tale-cn『鯨の下で(鲸/Under The Whale)』翻訳案

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x
blank.png

走进街角的咖啡馆,我在落地窗边的位置如约见到Talloran。那时他抬头看向我,阳光很明亮地照在他身上,他的绿眼睛使我想起海燕的波涛,翡翠的浪头打在岸上,将要溅起白色的繁星。
角のカフェに入ると、テラスの窓際の席でタローランを見かけた。その時彼は顔を上げ、私を見た。太陽の光が明るく照っていた。彼の緑色の目は私にウミツバメの波濤を連想させた。翡翠の波は岸に打ちつけ、白い星が空に跳ね上がるだろう。

你曾出过海吗?
海に出たことはあるかい?

他的视线穿过我,望着某个秋季的晴空万里水天一色。晃荡不定的甲板上只有两个人,Draven在他身边倚着栏杆,忽然笑起来。他瞧着很远的地方,有一柱喷泉高高地越出水面,细微悠长的声音缥缈地回响。而Talloran只看见大片宏伟的幻影,亚特兰蒂斯之城立于空中,珊瑚制的尖顶折射出丝缎一般的红光,砖瓦深紫,却像有日暮的色彩笼罩其上,极尽谐调。
彼の視線は私を通り越し、ある秋の空を眺めていた。空は一面、水のように澄み渡っている。ゆらゆらと揺れていた甲板には二人しかいなかったが、ドレイヴンは彼の横の欄干に寄りかかり、ふと笑った。遠くを見ると、一本の噴水が高く水柱を掲げ、かすかに長音が響いている。アトランティス城は空中に立っていたが、サンゴで出来た尖塔が絹のように赤い光を屈折させていた。深紫の煉瓦は日暮れのような色彩に染まっており、とてもよく調和していた。

他眨眨眼,Draven已经凑到他眼前,轻吻他的脸颊。他凝视着特工的面容,直到那张脸开始渗出血,变得和他被抛弃在巷道尽头与蚊蝇污水为伍的死去的妹妹一样。妹妹开口说话,歌唱出安魂曲的哀泣之日,然后她开始显得更年轻、更幼小,缩在卧室的角落,抓着被撕坏的新连衣裙。蛾子从她的唇齿间挣扎而出,飘飘转转奔向蜡烛,鳞翅接触到火焰的一瞬间让那辉芒闪耀;灰烬和烛泪混杂在一起,深灰色与象牙白相爱至死方休。
彼が瞬きをする間に、ドレイヴンは彼の目の前に来て、頬に軽くキスをした。エージェントの顔をじっと見つめていたが、その顔からは血が滲んできた。路地の果てに捨てられ、蚊やハエの汚水と戦っていた妹のようになった。妹が口を開いて、レクイエムの悲嘆の日を歌い出すと、妹は更に幼く、小さく見えるようになり、寝室の隅に縮こまり、破れてしまった新品のワンピースを掴んでいた。蛾は唇と歯の間でもがき、ちらちらと燃えるろうそくの方に飛んで行った。鱗粉を纏ったその羽が炎に触れた瞬間、輝きが放たれた。灰と蝋燭が混ざり合い、深い灰色と象牙のような白が命を削る程に愛し合っていた。

蜡烛继续燃烧。自那光明的陷落里,葳蕤的香气蔓生滋长。他尝到嘴里的苦味,如同口含硬币;接着是血液的甜腥,寄生虫蛀咬他的肝脏,穿透他的皮肤,探头深深地吸了一口咸涩的海风——“呼”地一下掠过他,好像远逝的鱼群冰凉的鳍抚摸他的发际,落叶在山顶拉出金黄色的长河。风中长出刀刃,剜下他的双眼,于是那两颗磷叶石骨碌滚下,在地上摔成标新立异的奇妙艺术。
蝋燭は燃え続けた。その光り輝く窪みからは、生い茂ったようなノウゼンカズラの香りが漂った。それから血の生臭さが後に続いた。寄生虫は彼の肝臓を喰らい、皮膚を突き、探針は塩辛い海風をすうっと深く吸い込んだ。まるで遠く離れた魚の群れの、冷たいひれが彼の髪を撫でるように、頭の上を一度にかすめ、落葉は山頂で黄金色の長河を引っ張り出した。

寄生虫爬向他的手腕,称赞他那里盘结的静脉与珍珠矿脉里沉眠的青金石别无二致。蚕食血管,深色的血顺着他的指尖滴下,在起伏的船上画出同心圆和三个朝内的箭头。它笑如伊甸的毒蛇吐信,嘶——嘶——
寄生虫は腕を這い、そこに走る静脈を、真珠の鉱脈に眠っている青金石そのものだと褒めた。は血管を蚕食し、指先に沿って濃い色の血が垂れた。上下に揺れる船の上には同心円と、内に向いた三つの矢印が描かれている。エデンの毒蛇のように、蛇はシューシューと笑っている。

Talloran闭上眼睛。垂死的太阳,它的形象投射在他的眼睑内侧,唤起一阵战栗。他胎儿时代的梦境在恒星的晦光中复现:一个细胞吞噬另一个,肽链不断纠缠折叠,演画出分形图,最后从中诞生了新的平行宇宙和下层叙事。他躲在时空的缝隙中,瞥见泛白的金发。有小小的红灯亮起,一盏,和无数盏。
タローランは目を閉じた。瀕死の太陽がまぶたの裏側に映し出され、戦慄を呼び起こす。恒星の光の中で彼がまだ胎児だった頃の夢が再現された。一つの細胞はもう一つのそれを飲み込み、ペプチド鎖が次々と折り畳まれ、分図を描き、最後に新しい平行宇宙と下層叙事が誕生した。彼は時空の隙間に隠れ、白っぽい金髪をちらりと見た。小さな赤いランプが光り出す。一つ、そして無数に。

姓名,James Martin Talloran。年龄,不重要……Draven,Draven在哪?我需要他,我需要你。
名前、ジェームス・マーティン・タローラン。年齢、は重要じゃない……ドレイヴン、ドレイヴン、どこにいるんだい?僕には彼が、僕には君が必要なんだ。

你应当尝试倾听,MottHery does not match any existing user nameTalloran一边看着我说话,一边喝尽杯中的咖啡,马克杯和未曾被污染的海洋同等湛蓝,我已明了狂欢生命之荒唐,我已知晓六英尺下之欢愉。我将成为你的叙事者,为你写就一生的痛苦,让你写下Talloran的终结。
耳を傾けろ、MottHery。タローランは私が話すのを見ながら、一杯のコーヒーを飲み干した。マグカップは汚染されていない海と同じような紺碧色だった。私はすでに生命の荒波を知っている。私は既に六フィート下の喜びを知っている。私は貴方の語り部になって、貴方の人生の苦しみについて書いて、タローランの終わりについて書いてもらう。

我从善如流,噤声聆听。他之世界在我面前展开。
私は慈悲深く、静かに聞いている。彼の世界が私の前に広がった。

Talloran又一次试着粘合碎成好几块的木雕,那小小物品来自他远走的父亲。
タローランはいくつにも砕けた木彫りをまた接着しようとした。それは遠く離れた父親から貰ったものであった。

Talloran坐在地板上,把扎进手心的玻璃碎片拔了出来,端详沾上红色后越发光彩的无机质。
タローランは床に座り、手のひらに突き刺さったガラスの破片を引き抜いた。赤に染まって輝きを増すあちらこちらの無機物を彼は眺めていた。

Talloran目睹邻居家里一场一时兴起的谋杀发生,血液溅在窗上形成的图案令他回忆起梵高的笔触。
タローランは1時に起きた隣の家での殺人事件を目撃した。窓に血液が跳ねてできた模様に、彼はゴッホの筆使いを見出した。

Talloran用旧美工刀划开自己的手臂,刀刃太钝了,完全不好使。
タローランは古いカッターナイフで自分の腕を切ったが、鈍い刃は使い物にならなかった。

Talloran躺在床上看着时间推移天色渐明,窗帘恪尽职守将所有光线扼杀。
タローランはベッドに横になり時間の経過を見守りながら、カーテンを守り、すべての光を殺していた。

Talloran身处绝对的寂静中,慢慢感觉到自己的心跳也融入一片阒然。
タローランは絶対の静寂の中にいて、自分の鼓動が孤独であることをゆっくり感じていた。

Talloran试着唱歌,一曲结束台下已经没有观众。
タローランは1曲歌ってみたが、曲が終わる頃には観客はいなかった。

Talloran被点起来回答“爱是什么”,支吾半天无法言语。
タローランは“愛とは何ですか”と問われ、言葉を失った。

Talloran看见母亲用一颗子弹送她自己前往《神曲》的前三十三篇。
タローランは母が《神曲》の最初の33篇に、弾丸を用いて身を投じるのを見た。

Talloran烧尽自家屋宅。
タローランは自分の家を燃やした。

Talloran把自己写成一本小说,编辑对此投以嗤笑。
タローランは自身を小説としてしたため、編集者はこれをあざ笑った。

Talloran用霓虹灯为自己捏造出上帝。
タローランはネオンで神を作り上げた。

Talloran梦见比痴人一千零一个白日梦更天马行空的现实。
タローランは、沢山の愚かな空想よりも、空っぽな現実を夢見ていた。

Talloran成为了最优秀的狱卒,每日屠杀三千九百九十九个儿童,接着让他们复活。
タローランは最高の刑死官となり、毎日3999人の子供を殺し、生き返らせた。

Talloran爱上了一个同样有着绿眼睛的人,他的父亲拿尘埃将自己从牢笼中解放。
タローランは同じ緑色の目を持つ人間と恋に落ち、彼の父は埃を払い檻から自身を解放した。

Talloran被送进仇恨的机器里,裂成两半。
タローランは憎悪の機械に送りこまれ、2つに引き裂かれた。

Talloran落入水中。
タローランは水に落ちた。

他越沉越深,却没感到压力和窒息。他看见大得不可思议的鲸鱼从他头顶游过,鱼腹闪出莹白和浅蓝的条纹光芒;海中搅起均匀的波澜,把他推向无底之渊的更深处。波段异常的鲸歌为他一人奏响,水里浮起泡沫,形成他永久的棺木。
彼は深く沈んでいたが、水圧や息苦しさは感じなかった。彼は信じられない程大きな鯨が頭上を泳いでいくのを見た。鯨の腹は白くて薄い青の縞模様で輝いていた。波が均等にかき混ぜられ、彼を底なしの淵の更に深い所まで押しやった。異常な周波数の鯨の歌が彼一人のためだけに響き、水の中には泡が浮かび、彼の為の永久の棺が形成された。

Talloran和我四目交接,他的瞳孔深黑,边缘泛出浅浅的金色,再往外去是无边的新绿,如秋之落叶重返新生,追逐亘古的朝阳一同破晓。
タローランと私と、四つの目が視線を交えた。彼の瞳は深く黒く、へりには薄い金色が見えた。更に外縁へ行くと、果てしない程の新緑があった。秋の落ち葉が若葉に戻るように、遠い昔の朝日を追い、私達は共に夜明けを迎えた。


ページコンソール

批評ステータス

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

言語

EnglishРусский한국어中文FrançaisPolskiEspañolภาษาไทยDeutschItalianoУкраїнськаPortuguêsČesky繁體中文Việtその他日→外国語翻訳

日本支部の記事を他言語版サイトに翻訳投稿する場合の下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C
    • _


    コメント投稿フォームへ

    新たなコメントを追加

    批評コメントTopへ

ERROR

The Aoicha's portal does not exist.


エラー: Aoichaのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5881921 (21 Nov 2019 14:57)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License