固くて苦いチョコレート

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2051-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-2051-JPの敷地内に民間人が侵入するのを防ぐため、カバーストーリー「解体工事」を適用し、4人の警備員を配置してください。SCP-2051-JP-1は非実体的存在収容ロッカーに保管してください。

説明: SCP-2051-JPは神奈川県███に存在する空座 希求氏1の自宅として使用されていた一軒家です。唯一の入り口である正面玄関扉の横の外壁に引き下げ式レバーが存在すること、内部を観測可能な全ての箇所がコンクリートによって塞がれていることの2点を除いて外見上の異常は観測されておらず、内部に関する情報は後述の異常性の影響から判明していません。

SCP-2051-JPに何らかの物体を投入すると扉が閉まり、レバーを引くとSCP-2051-JPは投入された物体に関わらず銀紙によって包装された板チョコレートを排出します。チョコレートはロボットアームに支えられた銀色のトレーに載せられて排出されます。レバーを引いてからチョコレートの排出までに掛かる時間は投入した物品の大きさによって変化し、1分から20分の間に終了します。物品投入から排出までの間にSCP-2051-JPの扉を開放する試みは現在まで成功していません。SCP-2051-JP内部を映像機器で記録する試みは故障という結果を齎し、肉眼での観測は内部の暗さから失敗しています。また、外部で用意した光源によってSCP-2051-JP内部を照らす試みは光源の機能停止という結果に終わりました。

SCP-2051-JP-1はクラスB霊的実体2です。容姿は20歳前後の日本人男性で、行方不明である空座希求氏と酷似しており、物的証拠及び本人の証言から空座氏が変化したものであると推測されています。また、SCP-2051-JP-1の下半身は腰部からチョコレートと一体化しています。

実験記録:

実験記録XXXX-JP-1

対象: 市販の板チョコレート1枚

実施方法: 対象をSCP-2051-JPに投入し、排出されたチョコレートをDクラス職員に摂食させる。

排出までに掛かった時間: 1分

結果: Dクラス職員は問題なくチョコレートを消費した。

分析: 排出されるチョコレート自体に異常性は無いのか? - ██博士

実験記録XXXX-JP-2

対象: 生の牛肉50g

実施方法: 前回と同様

排出までに掛かった時間: 3分

結果: Dクラス職員は1口だけ齧り、チョコレートを消費することを拒否した。理由を質問したところ「生肉の味がする」との返答が得られた。

分析: 味は投入した物品と同じようだ。 - ██博士

実験記録XXXX-JP-3

対象: 金属板1枚

実施方法: 前回と同様

排出までに掛かった時間: 3分

結果: Dクラス職員は1口だけ齧り、チョコレートを消費することを拒否した。理由を質問したところ「食いもんの味じゃない」との返答が得られた。

分析: やはり味は投入した物品に依存するらしい、それにしても無機物すらチョコレートにするとはな。 - ██博士

実験記録XXXX-JP-4

対象: 異常性が関わらない事故によって死亡したD-8900の死体

実施方法: 前回と同様

排出までに掛かった時間: 5分

結果: Dクラス職員は問題なくチョコレートを消費した。味について質問したところ「ミルクチョコレートの味だった」という返答が得られた。また、摂食担当のDクラス職員がチョコレートの中ではミルクチョコレートを好んでいる事実との関係性が予想される。

分析: 人間の死体の味だけが変わるというのか? - ██博士

実験記録XXXX-JP-5

対象: 異常性が関わらない事故によって死亡したD-9001の死体

実施方法: 前回と同様

排出までに掛かった時間: 5分

結果: Dクラス職員3は問題なくチョコレートを消費した。味について質問したところ「ビターチョコレートの味だった」という返答が得られた。また、摂食担当のDクラス職員がチョコレートの中ではビターチョコレートを好んでいる事実との関係性が予想される。

分析: 人間の死体に限定して摂食対象が好むチョコレートの味に変わるようだ。 - ██博士

SCP-2051-JP敷地内を調査した結果、空座 希求氏の日記が発見されました。以下はその抜粋です。

2月14日

今日はとても良い日だった。真衣からチョコを貰うことが出来た。徹夜して作ってくれたのだろう、目の下には隈が出来てしまっていた。

啓介の奴もチョコを貰ったらしいが、彼氏の俺より小さいなんてことは見なくてもわかる。そうとも知らず浮かれて、可哀そうな奴だ。

2月15日

真衣と啓介がキスしているところを見た。可哀そうに彼女は襲われていた、俺が助けなくては。裁判になれば彼女はもっと傷ついてしまうだろう、ネットの声は容赦ない。俺が秘密裏に啓介を消さなくては。だが奴は格闘技の経験者だ。俺が正面から挑んでどうにかなる奴じゃない。

書庫を調べていたら本を見つけた。儀式の方法やら呪文が書いてあったその本を、俺はどうしてか読むことが出来た。そういえば、死んだ親父がおふくろを魔女だって言ってたっけ、あれは酔っ払いの妄言じゃなかったんだな。

3月1日

最近はずっと本を読んでいて日記を書く暇が無かった。使えそうな魔法を見つけた。人体変異の魔法、人の体を作り替えるこれならば、死体は見つからず捕まりはしないだろう。ぴったりだ。

最近ますます真衣のことが頭から離れない。やっぱり彼女と俺は赤い糸で結ばれているんだ。そうに違いない。

3月12日

啓介を捕らえた。いくら体格が良くて格闘技が出来ようが、呪いで手足を麻痺させれば造作もない。

啓介は面白いことを言う、真衣が俺のことを愛していないなどとほざいている。折角だ、俺と真衣の愛を証明してやろう。儀式の内容を変更する。俺と啓介、真衣に選んでもらう。当然、選ばれるのは俺だ。

インタビュー記録XXXX-JP-1:

インタビュー記録XXXX-JP-2:

インタビュー記録XXXX-JP-3:

インタビュー記録XXXX-JP-4:



scp-jp euclid 家電 機械 構造 死体 人間型



ページ情報

執筆者: p51
文字数: 10443
リビジョン数: 52
批評コメント: 3

最終更新: 01 Nov 2020 06:25
最終コメント: 31 Oct 2020 07:04 by p51

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The p51's portal does not exist.


エラー: p51のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5875210 ( 22 Nov 2019 06:43 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License