SCP-XXXX-JP-J お受験戦争-backup
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP-J

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JP-Jによる大規模なミーム汚染の発生を防ぐため、財団職員を████大学に1人以上の人員を配置し、SCP-XXXX-JP-Jの発生する可能性のある受験会場はカバーストーリー「受験会場の緊急変更」を適用して別受験会場へ誘導し、SCP-XXXX-JP-Jの曝露を防いでください。また、受験後の関係者には必要に応じて適切な記憶処理を施すことが許可されています。

説明: SCP-XXXX-JP-Jは████大学における受験関係者に発生する認識災害です。この認識災害は、████大学受験会場がSCP-XXXX-JP-Jの影響下に置かれた際もしくは敷地内に侵入した際に曝露します。
受験生は近代における戦争の戦場をモチーフとした風景の幻覚や、実際の発言や物音などを歪められる形での幻聴を引き起こされます。また幻覚や幻聴に対して起こした行動は未知の方法によって歪められ、受験生は正常なように振る舞います。発言に関しては歪められている事は観測されていませんが、監督官や面接官がこれらの異常な発言には反応せず、むしろ正常な受験生として認識します1
 
SCP-XXXX-JP-Jの発生の予兆として、あらかじめ出願された受験生の数よりも明らかに多くの受験席が用意され、また多数のSCP-XXXX-JP-J-1を生み出されます。SCP-XXXX-JP-1は突如として発生し、本来なら存在しないはずの受験票を持ち、████大学受験会場への侵入を果たし、受験が終わると帰路につき、消失します。現在に至るまでSCP-XXXX-JP-J-1の出現や消失を確認するのとは成功していません。
SCP-XXXX-JP-J-1は話しかけても特に問題なく応答しますが、SCP-XXXX-JP-J-1はSCP-XXXX-JP-Jの影響下に置かれると、即座にSCP-XXXX-JP-Jに適応し、さも自分に異常性がないように振る舞います。
 
SCP-XXXX-JP-Jは██年度の██大学受験後の受験生のSNSにおける書き込みや、合格生の約██%と連絡がつかないことを不審に感じた付近の財団エージェントが捜査した結果、異常性を発見しました。

補遺: SCP-XXXX-JP-Jの影響下にある受験会場の探査記録

    • _

    調査記録XXXX-JP-J-1 日付20██/██/██

    調査員: 才葉さいよう 通華つうか

    目的: SCP-XXXX-JP-Jの面接の際の効果を詳しく記録する。

    記録員: 古葉こよう博士

    備考: 才葉さんには異常性について軽く説明し、同意の上調査を行います。才葉さんには小型カメラとマイクを所持させています。

    <記録開始>

    才葉: テスト、テストです。聞こえますか。

    古葉博士: こちら古葉、聞えますよ。

    才葉: 了解です、では今から██大学の面接入試会場に向かいます。

    [数分間██大学に向けて歩く]

    才葉: 今から██大学の校門を潜ります。

    [██大学の校門を潜る]

    才葉: …!?景色が…変わりました…!?

    古葉博士: それが事前に説明した現象2と思われます。こちらの映像では確認できません。具体的に、どう変わったか説明はできますか?

    才葉: え、えぇと…これは何というか…飛行場…でしょうか。

    古葉博士: 飛行場ですか?

    才葉: そう…です。ごめんなさい、もしかしたら違うかもしれませんが…私の知識の限りでは飛行場です。

    古葉博士: そうですか、分かりました、そのまま調査を続けてください。

    才葉: 分かりました。このまま、人の流れに沿って進んでいきたいと思います…。

    [数十秒間歩く]

    才葉: え、えぇっと…

    古葉博士: どうかしましたか?

    才葉: えぇ…この景色が飛行場って言うのは、間違いないようです。

    古葉博士: 何か変化がありましたか?

    才葉: はい…はい、間違いありません。列がそれぞれ分岐して…戦闘機に…乗り込んでいます…。

    古葉博士: [数秒間沈黙]戦闘機、ですか?

    才葉: はい、これは、世界史とかの教科書で見たことがあります…これは…空挺部隊用の戦闘機…です。

    古葉博士: [沈黙]

    才葉: これ、乗るんでしょうか…あっ…あ、あの戦闘機に私の面接室の番号が振られてます…。取り敢えず、入ってみます…。

    古葉博士: こちらからの映像では、普通の待機室に見えます。…戦闘機に搭乗して問題はないかと。

    才葉: …乗り込みました、座席があります…座ればいいんでしょうか…。

    古葉博士: はい、良いと思われます。

    才葉: 座り、ます。…座りました。このまま面接開始まで待ちたいと思います。

    [十数分間沈黙]

    才葉: …!?古葉博士、1人が、外に向かって飛び降りました…!?

    古葉博士: 只今の時刻は██:██。面接が始まったと思われます。

    才葉: なる、ほど…え、面接するのに飛び降りる…?こ、古葉博士!この戦闘機、いつのまにか飛んでいます!?

    古葉博士: 飛んでいるのですか?

    才葉: はい、間違いありません、飛んでます。ほとんど揺れてないのに…?

    古葉博士: 才葉さんは今、幻覚を見せられてるだけで、実際には待機室で椅子に座ってますから。

    才葉: そう、ですね…。

    [数十分間沈黙の後、才葉の番が来る。]

    才葉: 私の番です。で、では、行ってきます。

    古葉博士: 健闘を祈っています。

    才葉: はい。…えっ、降下してください…?ん、んんっ!失礼します!

    [映像では才葉が室内の面接官から入室許可が降り、面接室へ入室する]

    才葉: あ、落ち、いや、落ちてな…!景色だけ落ちてる…!景色だけ落ちてます…!

    古葉博士: なるべく視線を動かさない範囲で、見えるものはありますか?

    才葉: こ、荒野、いや、平原です…!所々、焼かれてたり、人工物らしき物が確認できます…!いや、何か生き物…というか…化物?が、居ます…。

    古葉博士: 化物ですか?

    才葉: 化物…化物、です!平地のど真ん中に、形容し難い三体の化物が座って…!

    古葉博士: こちらの映像では、その化物は面接官であると推測されます。

    才葉: あれが…ですか!?

    古葉博士: その地点に向かう事を、私は推奨します。

    才葉: わ、かり、ました…!うっ…体勢を維持して…!あの化物まで…!

    [映像では才葉が入室、面接官に一礼し、椅子の左隣に立った。]

    才葉: パ、パラシュートを展開してください…?パラシュートなんて持って…る!?いつの間に…!?し、失礼します。

    [映像では面接官に着席を促され、才葉が着席する。]

    才葉: ちゃ、着陸、成功しました。

    古葉博士: 地表面に降りて何か気づいた事は?

    才葉: 特にはありません…。化物が間近に…きゃっ!?

    [映像では面接官が才葉に向かって挨拶を済まし、質疑応答を始める。]

    才葉: 化物が、殴りかかってきました…!?

    古葉博士: こちらの映像では面接官が質問を始めています。

    才葉: こ、こんなに迫力と威力に満ち溢れた質問なんて…!?

    [映像ではつつがなく面接が進行している。]

    才葉: こ、怖…!古葉博士、古葉博士!し、質問を返すことができません…!?

    古葉博士: ……面接は正常に進行しているようです…。こちらからの映像では面接官の質問に対して何かしら返しているであろうと推測できます。

    才葉: えぇ…?

    古葉博士: 新しい異常性かもしれません、調査を継続しましょう。

    才葉: は、はい…取り敢えず避けることだけ…!

    [数分間進展なし]

    才葉: 私は今、何を喋っていますか…!?

    古葉博士: 特に異常な事は発言していないと思われます。

    才葉: 何も喋っていないのに私が勝手に喋ってるのが、怖すぎます…!

    古葉博士: 調査のためです。今一つ、辛抱を。

    才葉: はい…………っ!?

    [映像では面接官が才葉に志望動機を尋ねる]

    古葉博士: どうかしましたか?

    才葉: いえ…少し、化物の攻撃に被弾してしまって。

    古葉博士: 大丈夫ですか?何か体調に変調はありますか?

    才葉: いえ…いえ、何も変わり…いえ、ひとつだけ。

    古葉博士: それはなんですか?具体的な説明は可能ですか?

    才葉: 説明は、難しいです。でも…この思いは、気持ちは伝えないといけない気がするんです。

    古葉博士: 才葉さん?

    才葉: ごめんなさい、古葉博士…!この思いは、気持ちを抑えられない…!

    古葉博士: 才葉さん?才葉さん?

    [映像では面接官が才葉の発言に聞き入るような姿勢をとっている。]

    [数十秒間続く。]

    才葉: ふぅ…。

    古葉博士: 才葉さん?大丈夫ですか?

    才葉: はい、あれだけ激しく動いたのに全く疲れないです。

    古葉博士: 実際のあなたの体は今も椅子に座っていますから。

    才葉: そうでしたね…。…え、撤退してください?…え、いつの間に後ろに軍用ヘリが…?

    [面接官が面接の終了を告げる]

    才葉: あれに乗ればいいんでしょうか…。

    古葉博士: はい、こちらからの映像ではドアが確認できます。

    才葉: で、では、退出します…。失礼しました。

    [才葉が面接官に一礼し、面接室から退場する。]

    <記録終了>

    終了報告書: 新たな異常性がいくつか確認されました。詳しい調査を要求します。-才葉博士

    • _

    調査記録XXXX-JP-J-1 日付20██/█/██

    目的: SCP-XXXX-JP-Jによる一般入試の際の効果を詳しく記録する

    調査員: 鵜軽うかる 剛郭ごうかく

    記録員: 落内おちない博士

    備考: 鵜軽君は異常性について軽く説明し、親子両方の同意の上調査を行います。鵜軽君には小型カメラとマイクを所持させています。

    <記録開始>

    鵜軽: テスト、テスト、聞こえますか。

    落内博士: こちら落内、しっかり聞こえます。

    鵜軽: あ、よかったです。えーと、今から████大学に入ります…凄い人です。

    落内博士: じゃあまず、試しに周りの誰か1人に話しかけてみてくれないか?

    鵜軽: はい、りょ、じゃない、承りました。

    落内博士: (苦笑)別に、敬語じゃなくていいよ。

    鵜軽: あ、ありがとうございます。助かります…。じゃあ今から話しかけます…すいません。

    SCP-XXXX-JP-JP-1: …ん?俺?

    鵜軽: はい、いきなりすいません。話しかけないとやっていけなくて…。

    SCP-XXXX-JP-1: へえぇ、珍しいね。あ、俺は巣梁すべりよろしくな。(以下、SCP-XXXX-JP-1を巣梁と表記)

    鵜軽: う、うん、僕は鵜軽、よろしく。やっぱり緊張するね。

    巣梁: そりゃな。あの大学の門を潜ったら戦争の始まりだ。

    鵜軽: そう、ですね。孤立無援ですし、厳しい戦いになりそうですかね?

    巣梁: 孤立無援って… ブタペスト包囲戦じゃあるまいし。

    鵜軽: ブ…ああ、第二次世界大戦の。

    巣梁: いや、どっちかと言えばブタペスト包囲戦よりもスターニングラード包囲戦だな。

    鵜軽: …その心は?

    巣梁: 決まってんだろ?みんなで結束してこの戦いを乗り切るのさ。なんたって、受験は団体戦だからな!

    SCP-XXXX-JP-J-2: その通り!

    鵜軽: ぅわぁ!?

    [倒れかけた鵜軽を巣梁が支える]

    巣梁: 大丈夫かっ…おい、頃尾ころびあんまり驚ろかせんな。

    SCP-XXXX-JP-J-2: へへっ、悪いな。ん、お詫びの糖分だ。いるか?(以下、SCP-XXXX-JP-J-2を頃尾と表記)

    [頃尾が鵜軽に飴玉を差し出す]

    鵜軽: ああ、ありがとう…。

    頃尾: (飴玉を舐めながら)んいひてもふへひひょほ、ひひほというやへへか。

    巣梁: 口に物を入れてしゃべるな。なんのことだ?

    頃尾: (飴玉を噛み砕く)お前が言った、受験は団体戦だって言葉だよ。

    巣梁: ああ。事実、その通りだろ。皆でお互いにお互いを高めあって、目標に向かう。

    頃尾 全くだな。尾地おちにも聞かせてやりたいぜ。

    鵜軽: えぇと…。

    落内博士: こちら落内、大丈夫か。

    鵜軽: あ、はい、大丈夫です…。

    落内博士: 今、うちの調査員と話してたんだが、そいつらは例の奴3かも知れん。

    鵜軽: えっ…

    落内博士: おそらく、会話能力に我々と差異は無いようだな。驚くのも無理はない。すまないが、それでも割り切って調査を続けてくれ。

    鵜軽: はっ、はい、わかりました。

    頃尾: んおーい、鵜軽ぅ、何1人ボソボソ言ってんだぁー?

    巣梁: おい、頃尾…悪い、さっきの間にお前の名前教えちまった。

    鵜軽: う、ううん、大丈夫だよ。

    巣梁: そう言ってもらえると助かる…あれ、頃尾、そういやお前、御健登ごけんとうはどうした?

    頃尾: ん?そういや居ねぇな。さっきまでいたはず…あ、いたいた。

    [頃尾が人混みに手を伸ばし、1人の人を引っ張り出す]

    SCP-XXXX-JP-J-3: う、わ!?な、何すんだよ頃尾!?

    頃尾: わりぃわりぃ御健登、丁度そこにいたもんだからな。

    SCP-XXXX-JP-J-3: 心臓に悪い…やめてくれよ。(以下、SCP-XXXX-JP-J-3を御健登と表記する)

    巣梁: 御健登、お前どこ行ってたんだ?

    御健登: ああ、ごめん巣梁、尾地と生典おいのりがいたから…。

    巣梁: 生典が?へぇ…そりゃあ、許すしかないな。

    御健登: っ、な、なんだよニヤニヤして。

    巣梁: べっつにぃー?なぁ、頃尾。

    頃尾: ああ、何もないぜ。なぁ鵜軽?

    鵜軽: っえぇ?なにが?

    御健登: えっちょ、どちら様、おい待っ…

    [頃尾が御健登の口を塞ぐ]

    巣梁: へへ鵜軽…御健登な、受験が終わったら生典に告白するんだってよ。

    [御健登が頃尾の拘束を抜け出す]

    御健闘: おい巣梁!?何を!?

    巣梁: おい落ち着けって、緊張はほぐれただろ?

    御健登: …まぁいいや。えーと、鵜軽、君?よろしく。

    鵜軽: あ、ああ、よろしく…。

    [数分間特に会話なし]

    巣梁: …!とうとう潜るぜ、校門。

    頃尾: お、それあれだろ、トーチカ法。

    御健登: …倒置法、でしょ?

    頃尾: おおそれそれ、さすが御健登は覚悟が違うぜ。

    御健登: なっ!?

    巣梁: 何まだ騒いだんだ…潜るぞ。

    [鵜軽、巣梁、頃尾、御健登が校門を潜る]

    鵜軽: !?景色が、変わった…!?落内博士、落内博士!?

    落内博士: 落ち着いて、残念ながらこちらの映像では普通の学校のキャンパスにしか見えない。詳しい描写を頼めるか?

    鵜軽: え、えぇと、…若干、暗い…です。土地も痩せて…いや、焦げてる?…まるで戦争映画の中に入り込んだみたいです。周りには何もありません、僕の他にも何人か、戸惑ってるような人が見えます。

    落内博士: …把握した、他に何か?

    鵜軽: いえ、ありません。

    落内博士: わかった、何か変わったことがあれば頼む。

    鵜軽: わかり、ました。

    巣梁: …!やっぱり、雰囲気が違うな。

    頃尾: 相変わらず辛気臭い場所だ。慣れないな。慣れたくも無いがな。

    御健登: 頃尾は、確か去年も?

    頃尾: ああ、そうだ。去年の雪辱を晴らせると思うと心が昂るぜ。

    [唐突に頃尾が指を刺す]

    頃尾: 見えたぜ、あそこが俺たちの戦場しにばしょだ。

    鵜軽: えぇと…?あれ?

    頃尾: なんだ?大層な要塞でも建設されてるとでも思ってたのか?

    鵜軽: いや…そういうわけじゃ…え、塹壕?

    頃尾: ああ、なんだ?今更泥に塗れるのが嫌だってか?

    鵜軽: …落内博士。

    落内博士: …こちらからじゃ、普通の受験会場にしか見えない。

    鵜軽: えぇ…。

    頃尾: そういやお前達、席はどんな感じだ?

    巣梁: えぇと、俺は████-█だが。

    頃尾: 俺は████-█だ。

    御健登: ████-█だね。

    鵜軽: ████-█だな…。

    巣梁: え、みんな超近くじゃないか。ていうか、固まってるな。

    頃尾: へぇ、そりゃいいな。

    [それぞれが塹壕に座る。]

    頃尾: そろそろだな…お前ら、祈りは済んだか?

    御健登: 祈るまでもないでしょ。

    巣梁: はん、やっぱり覚悟が…いや減らず口はここまでだ、始まるぞ。

    鵜軽: …。

    [テスト開始のチャイムが鳴る]

    鵜軽: …あの、落内博士、突撃ラッパが鳴ってるんですが…

    頃尾: 始まったぞぉぉぉぉぉぉぉォ!俺に続けぇぇぇぇぇぇぇェ!

    巣梁、御健登: うおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉォ!

    鵜軽: (絶句)

    巣梁: どうした鵜軽!?早くしなきゃ間に合わないぞ!?すぐそこまで英語は迫って生きてるんだぞ!?

    鵜軽: え…?え、え、え?ええ!?お、落内博士!?あっ…落内博士!え、英語が!英語の大問1の括弧1番が、括弧1番が、突撃してきます!?

    落内博士: どういうことだ?もっと具体的に説明できないか?

    鵜軽: む、無理です!あいつは…あいつは英語の大問1の括弧1番です!それ以上でもそれ以下でも…うわぁ!?

    落内博士: こちらからは試験の筆記音しか聞こえない、説明は無理そうか?

    鵜軽: む、無理です!ぐっ、くそ!

    落内博士: 鵜軽君?鵜軽君?

    [60分間、応答できず。テスト終了のチャイムが鳴る。]

    鵜軽: はぁ、はぁ…?こ、の、音色は…?

    頃尾: 鵜軽、こんなところにいたのか。

    鵜軽: こ、頃尾…君。

    頃尾: ん?お。お前その顔、できたって顔してるな。

    鵜軽: え…?

    頃尾: いや、話は後だ、休憩しに行くぞ、あいつらもいるはずだ。

    鵜軽: う、うん…。

    [数秒間沈黙]

    巣梁: お、鵜軽、久しぶり…でもないか。

    御健登: お疲れ様…。

    頃尾: 次は数学か…どうだ?

    巣梁: ああ、尾地が纏めてくれたやつがあるからな、そこまで不安ではないな。

    頃尾: 尾地のやつが、か?

    御健登: 僕も生典から貰ったよ…。今までの環境の読みとメタがしっかりしてるし、かなり頼ってる。

    頃尾: そうか…鵜軽は?数学、どうなんだ?

    鵜軽: うーん…得意じゃないから不安かな…。

    頃尾: そうか、ま、なんだ、そこまで不安になる必要はないぜ、なんだって受験は団体戦だからな。

    鵜軽: そ、そうだね…?

    [数分間沈黙]

    巣梁: 来るぞ、数学だ。

    頃尾: (深呼吸)

    御健登: 大丈夫、できる、できる…。

    [テスト開始のチャイムがなる]

    鵜軽: やっぱり突撃ラッパ…。

    頃尾: ッしゃあぁぁぁぁぁぁぁぁぁァ!気合入れていけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇェ!

    巣梁、御健登: うおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ…!?グッ!?

    鵜軽: !?

    頃尾: …!?どうした、お前ら!?

    巣梁: な…なんだと…。

    御健登: あ、ありえ、ない…だって、今年の環境は…。

    SCP-XXXX-JP-J-4 今年の環境は微積分とベクトル、とでも思ってたのか?

    巣梁: …!尾地…ッ!

    SCP-XXXX-JP-J-4 ハッハッハ!いい眺めですねぇ?まさか本当に騙されてくれるとは!(以下、SCP-XXXX-JP-J-4を尾地と表記)

    鵜軽: 落内博士、落内博士!漸化式の問題がやっぱり突撃してくるのはさておき、手に、僕の手に特性方程式が、特性方程式が握られてます!?

    落内博士: ちょっと、ちょっと待ってくれ、やっぱり問題が突撃?特性方程式を握ってる?もっと詳しく具体的な説明を…。

    尾地: くっくっく…今年にその範囲が入るわけがないだろう?

    巣梁: くそ…騙したってのか…。

    頃尾: …待て、御健登は生典から貰ったって言ってたろ、てことは…。

    尾地: おおっと!紹介が遅れたね!今回、僕に協力してくれた生典君だ!

    [SCP-XXXX-JP-J-5が姿を表す。(以下、SCP-XXXX-JP-J-5を生典と表記する)]

    生典: ごめんなさい、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…!

    巣梁: てめぇぇぇぇぇぇぇッ!

    尾地: ははは!はーっはっはっは!何が受験は団体戦だ!助け合いだ!受験は個人戦だ!蹴落とし合いだ!そんななまっちょろい理論で大学に入学できるかよ!

    鵜軽: お、落内博士ッ!2次方程式上を移動する点が軌跡を描いて移動しながら突撃してきます!?

    落内博士: そ、それはどういうことなんだ?

    尾地: ははははははは!お前達の受験戦争はここで終わりだ!せいぜい残りの75分を足掻いて過ごすんだな!

    頃尾: いいや、まだ終わっちゃいないぜ。

    尾地: はぁ?

    頃尾: まだ終わっちゃいないさ。なぁ御健登、お前はもう戦えないか?なら思い出してみろ。受験はどうやって戦うのかってな。

    巣梁、御健登 …!

    尾地: …!お前ら、まさか!?

    頃尾: おい生典ィ!

    生典

    頃尾: お前はもうすでに諦めてるのか!?

    生典:…!いいえ、いいえ!

    頃尾: そうでなくっちゃなぁ!巣梁!これを使えッ!相加相乗平均だッ!

    生典: 御健登…君!正弦、余弦の半角の公式です…!

    尾地: 馬鹿、な…冗談じゃない、そんなこと…。

    巣梁: サンキュー!頃尾!

    御健登: ありがとう!生典さん!

    尾地: ありえない、ありえないありえない!受験は、受験は個人戦だ!蹴落とし合いだ!おててを繋いで仲良く入学なんて夢物語なんだろ…ッ!?そうだろッ!?

    巣梁: おい尾地、まだ勘違いしてるのか?

    尾地: …!

    巣梁: わからないなら、教えてやる。

    頃尾:受験ってモンはなぁ…!

    御健登 お互いに手と手を取り合って…!

    生典: お互いに助け合う…!

    巣梁、頃尾、御健登、生典: 団体戦だッ!

    尾地: ぐ、ぐわあぁぁぁぁぁぁぁぁァ!?

    鵜軽: うわあぁぁぁぁ!?2つの対数関数を含んだ式が突撃してきますぅぅ!?

    落内博士: 鵜軽君?鵜軽君?

    [75分後、終了のチャイムがなる]

    鵜軽: …落内博士、玉音放送が聞こえます。

    落内博士: 君は大い健闘した。帰還してくれ。
    <記録終了>

    追記: ████大学入試にて、カンニングの疑惑ありとのことで4人が別室に連れて行かれたところ、いつのまにか消息をくらましたとのことです。

ERROR

The Yuri Lily's portal does not exist.


エラー: Yuri Lilyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5848237 ( 24 Apr 2020 15:03 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License