掃き溜めの矜恃

現在このページの批評は中断しています。


 「やあ、久しぶりだな。一体何をしてるんだ?」

 ゴミ箱の整理だ。良い加減ゴミも増えてきたからな

 「その割にはちっとも進んでねぇみたいだな」
 
 喧しい。思い出に浸ってるのさ。初めての作品、試行錯誤して、使い慣れないコマンドを使って書いたもんだ。

 「その為に3日間下調べしてたもんな」

 批評に載せて、ずーっと待って、満を辞して打ち込んでやった。

 「その結果、ゴミ箱の一番下にそれがあるんだろ?」
 
 チッ、大正解だよ。ゴミ箱の一番下で泣いてやがるぜ。

 「まあ良い。次のゴミは何だ?」

 エマニュエル。懐かしい名前だろ?

 「カルタゴ野郎か。確かに懐かしい名前だな。どうしたら手強く見える様に、さぞ苦労して造形しただろうな」

 ああ。ジョージ・オーウェルの爪の垢にも劣る物語と、モデルになった天才の本さえ読んだ事が無い奴が作ったゴミだ。

 「で、そこから進歩はしたのか?」

 今モデルになった男の本を読んでるそうだな。少しは理解できたみたいで、何よりだ。

 「おい、このゴミはちょっと他とは違うぜ?」

 ゴミ箱行きになっても、ある程度の改善があったみたいだな。ゴミ箱の中で、悪いところを探して書き直したみたいだ。

 「結局ゴミ箱からは出てこなかったけどな」

 ほざいとけよ…。で、次はこいつだ。設定集以上にはならなかった報告書。

 「へぇ…。トーキョー・コミューンに日本新生産業京都総研…。何だこいつは。アイツが中学生の時にあれから妄想してた恥ずかしいノートじゃねえか」

 言ってやるな。そんな事はアイツ自身承知の上だろ。覚えてるぜ、雨に降られながら学校の帰り道、必死で考えてるアイツの姿を。

 「お前はアイツに甘いな。その辺も美徳なんだろうが」

 次のゴミは…コイツだな。

 「ゴールドベルクの続編か。またお粗末な出来してやがるぜ。こんな恥ずかしいもんよく人様に見せられたもんだな」

 結局コイツもゴミ箱送りになった訳だ。そろそろ一年経つんじゃねえか。さてと、次のゴミは…アッハッハッハ!

 「何だいきなりアホみたいに笑いやがって!」

 コイツだよコイツ。「愚者の贈り物」。

 「ああ…過去最高クラスにボロクソに言われたやつだな。アイツメンタル弱いから、これ見た瞬間自殺するんじゃねえかと思ったぜ」

 まさかまさか…。にしても傑作だな、やっぱりドシロートがランボーの真似しても、猿真似にもなりゃしねえ。ランボーの猿真似ができりゃ、今頃アイツは物書きで飯が食えてるぜ

 「全くその通りだな。アイツの場合、『地獄の季節』が単なる『地獄』になっちまう」

 違えねえ…。さて、そろそろ最後に近づいてきたな。これだ。

 「由利﨑か。過去一番適当に書いたやつだろ?」

 当人はフランツ・カフカかアルベール・カミュを気取っていたがな。全く…!訳のわからんものを書けば文豪になれる訳じゃねえっての。

 「待て待て。アイツを書き下ろすのは俺の仕事だ。お前がやってどうする」

 すまん。つい口が滑ってな。にしても、これは今までで一番「ゴミ」と言われてたゴミだな。

 「言葉を慎め。『しょーもない』くらいに留めておいた方が身の為だ」

 へいへい、そうするよ。そうしないと、ここに出てくる奴みたいに「ドロドロに溶かされ」ちまうからな。

 「これで終わりか?」

 いや、正確には後もう一つ…。これだ、左坂勘四郎。

 「コイツはまだゴミじゃねえんじゃねえか」

 事実上はもうゴミだな。何処に出しても馬鹿にされるだけだ。左坂もかわいそうな奴だよ。生まれてすぐ、こんな咬ませ犬みたいなことをやらされた挙句、誰の目にも触れずにゴミ箱行きになるんだから。

 「…なあ、お前。どうしてお前はこんなことしてるんだ?」

 こんな事、って?

 「ゴミの整理さ。本来ならアイツがやるべき事だろ?なのにお前がやってる」

 仕方ない。アイツはここまで手が届かないんだ。越えられない壁って奴だな。

 「だから代わりに、この世界に居るお前がやってるのか?」

 大正解。アイツはこっちまで手が届かないが、俺は届く。俺がアイツの代わりに、ゴミを発掘して、晒してやるのさ。

 「…虚しくならないか。お前が作ったわけでもない、単なるゴミの整理をするなんて。大昔に無価値と言われたものを見直すのに、何の意味がある?」

 良いんだ。アイツはゴミと言ってるが、このゴミ一つだって一つの世界だ。世界は広いぞ?きっとアイツにとっては、何か得るものがあるさ…。

 「じきここも消えるぞ。消えた後は、俺たちもゴミ箱送りだ。俺たちが生きていられる時間なんて、殆どない」

 …元々その為に、俺たちはここに居るんだ。ほんの僅かだっていい。歴史の中の、ほんの僅かな間、俺たちが生きていたなら、俺はそれでいい。このゴミ箱の連中は、アイツの未熟に殺された。俺たちだってきっとそうだろう。まあ、それも悪くないんじゃねえか?

 「人生の損失だろう。この世界は優しくなんかない。アイツの居場所はここには無いんだ。虚構の世界でまで否定されて、こき下ろされる…。そんな事を続けるなんて、俺には理解できない」

 意外だな。お前がアイツの心配をするのか。お前の事だから、「俺たちが死ぬ時、アイツは子供を殺されるのと同じだ。そう思うと溜飲も下がる」位は言ってくると思ったぞ。

 「それも悪くは無いな。俺はアイツが嫌いだ。だから、俺たちが死ぬ事で苦しむなら、溜飲も下がる。…アイツにとっても、ここは居心地が悪かろう。俺にとっても、ここに居るのは苦しみしかない」

 違いないな。財団の敵だろうと、味方だろうと、アイツが作った人間は、結局のところ苦しむしかなかった。アイツがいる事で、誰も幸せにはなれなかった。当の本人もな…。ところで、時間は大丈夫か?もう殆ど時間はないんじゃないか?

 「そうだな。72時間あった砂時計の砂が、もう無くなりつつある」

 だろ?お前の方が先にここに来たから、お前の方が数秒先に消えることになるな。

 「けっ!ゴミ箱の仲間入りかよ…。まあ良い、これでアイツのツラも、嘘に塗れたここからもおさらばできる。もう二度と顔を見る事はねえな!ほら、よく見ろ。71時間59分59びょ…」

 ……そんな寂しいこと言うなよ。またアイツは戻ってくるかも知れないぜ。なあお前ら。アイツはまたゴミを貼り付ける。アイツはまだ諦めてないからな。お前らが不快になろうが、アイツには知ったことじゃ無い。だから、発想の掃き溜めに行く前に言っておく。「また会おう」


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The str0717's portal does not exist.


エラー: str0717のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5825127 ( 01 Nov 2019 09:12 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License