SCP-XXX-JP 沈没船は、消えてゆく。亡者どもを荒海に貽したまま。

このページの批評は終了しました。

rating: 0+x
blank.png

この報告書はSCP-XXX-JP監視・研究サイトにおける旧バージョンの報告書であり、この報告書内の記述には誤りが含まれていることに留意してください。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: 日本国██市(以下SCP-XXX-JP-α)は、機動部隊ろ-1("電脳")と機動部隊ろ-2("反乱鎮定軍")による広範な活動によって周辺地域民の行動範囲外及び日本国民の認識外へと隔離されます。SCP-XXX-JP-α内部に監視・研究サイトが設置され、外部の本部サイトの指示によって各種プロトコルが実行されます。財団職員を含めたあらゆるSCP-XXX-JP-α内部の人型オブジェクトは外部への立ち入りが拒否され、機動部隊はこれを遵守することを目的とした即時の破壊的行動が許可されています。すべてのSCP-XXX-JPに関わる財団職員はAまたはBクラスの記憶処理薬の服用が義務付けられます。

すべてのSCP-XXX-JP-A実例は発見され次第研究サイトに回収されます。

説明: SCP-XXX-JPは、SCP-XXX-JP-α内部に存在する身長50~180cm程度の自律式人型ロボット(以下SCP-XXX-JP-A)が段階的に人間に置き換わる現象です。進行度合いにより以下のように分類されています。


現時点で財団はSCP-XXX-JP-A-Ⅳと人間を区別する能力を保有していません。SCP-XXX-JP-A-Ⅳはその特性からSCP-XXX-JP-α内部において人間と概念的に同一であり、サイトにおいてSCP-XXX-JP-A-Ⅲより移行した4例のみがSCP-XXX-JP-A-Ⅳとして登録されていますが、実際には██市民に紛れ込んでいる潜在的なSCP-XXX-JP-A-Ⅳが存在するとみられています。

██市民(以下SCP-XXX-JP-1)はSCP-XXX-JPに対する違和感を抱きません。SCP-XXX-JP-1はSCP-XXX-JP-Aがどこに存在するかについての言及を一切行いません。また、特筆すべきことにSCP-XXX-JP-Aについて、Ⅰ~Ⅳのいかなる状態であろうとも、それを元のロボットと同様に扱います。このことは、SCP-XXX-JPのSCP-XXX-JP-1に対する限定的な反ミーム性の存在を示唆します。SCP-XXX-JP-A-Ⅰ~Ⅲの変化及びSCP-XXX-JP-A-Ⅳの特性に気付くのはサイト内の財団職員のみです。またSCP-XXX-JP-1への変化を防ぐための有効な手段としてAクラス記憶処理薬の継続的な服用が提案されています。

SCP-XXX-JP-αを取り巻くように心理学的あるいは概念的なヴェールが観測されています。SCP-XXX-JP-α内部においては、SCP-XXX-JP-1は四つ葉のクローバーと三つ葉のクローバーの違いを認識できません。また、雨と雪の違いも認識されません。この現象の詳細は不明です。

gazou.jpg

SCP-XXX-JP-1によってSCP-XXX-JP-Θの存在するとされる領域。

補遺1: SCP-XXX-JP-αの海岸に、財団が認識不能な半実体的存在(以下SCP-XXX-JP-Θ)が出現しました。この存在を財団職員が直接認識することは不可能であり、海岸に集っていたSCP-XXX-JP-1の証言によって発見されるに至りました。エージェントらは以下の証言を得ています。

"それは常に変化し続ける船であり、丸太船であり、帆船であり、戦艦であり、空母であり、廻船であり、亀甲船であり、蒸気船である。それらはすべて同時に正しい。"

"そしてそこに船はあり続けている。元の形のままに。不変を象徴するかのように。"

研究チームは、SCP-XXX-JP-ΘがSCP-XXX-JP-1以外の存在に対する限定的な反ミーム性を持っているとして、前述の反ミーム性との関連性を指摘しています。


>バージョンを更新する


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The cytruynne's portal does not exist.


エラー: cytruynneのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5771687 ( 22 Sep 2020 05:56 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License