びっくり箱

まず、この報告書を注意書きではじめなければならないことを遺憾に思う。
1.SCiPはおもちゃじゃない
2.Dクラス職員はおもちゃではない
古今様々な研究分野があるなかでSCiPの研究は最もダイナミクスなプロセスである。だからこそ実験においては観察・研究自体が対象に及ぼす影響を考えなければならない。
SCiPにかかわる限り、必ず注意しなければならない。

箱型のSCP革製でできている。
50*20*20。

箱にものを入れ、その後はこの前で物品を指定すると、前に入れたものを基に指定した物品を構成する。
大きさは入れたものに準拠する。

概念的なもの「なんでも治せる薬」などを指定すると、入れたもの+不明な物品で作成を試みる。
なんでも治せる薬 なら、健康に効果がある。
現実的に構成可能な素材であり、薬学に寄与する。

「なにかよくわからないもの」というといかなる観測でも測定不能な物質を生み出す。

インシデントでは人を中に入れて中の状況を確認しようというプロジェクトで小人病のひとを中に突っ込む。小人病の人を無理やりDクラスにしていした疑いもある。

その後、あらゆるものにDクラス職員の意思が入るようになる。
その後、物品がしゃべり、不明なものを呼び出すインシデントが発生する。

ERROR

The AndouinRin's portal does not exist.


エラー: AndouinRinのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5729279 ( 14 Oct 2019 11:22 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License