下書 SCP-2454-JP - 或る父

このページの批評は終了しました。

下書凍結
rating: 0+x
blank.png

アイテム番号: SCP-2454-JP

オブジェクトクラス: Safe

特別収容プロトコル: SCP-2454-JPは扉を溶接して封鎖され、大型収容庫に収容されます。更なる内部探査は許可されません。

説明: SCP-2454-JPは長さ12m・幅2.4m・高さ2.6mのコンテナです。側面には”怪奇部門(Department of Abnormalities)”という言葉が英語で刻まれた金属製プラカードが取り付けられています。

SCP-2454-JPの内部面積は外寸と一致せず、██████m2以上の余剰次元的空間を有しています。内部に侵入した人物は、右側の壁面に等間隔に設置された複数の施錠されたドアを発見します。扉のプレートには何らかの文字が刻まれていますが、ひっかき傷のような痕で汚損しており判読は不可能です。扉の小さなのぞき窓からは、全ての部屋に共通して、およそ9m2ほどの正方形の薄暗い部屋の隅に破損した監視カメラが落ちている様子が窺えます。SCP-2454-JPの内部面積はこれらの部屋の数の増加として非定期的に拡大します。部屋の増加はコンテナの入り口側で起こり、結果として最奥部は次第に遠ざかっていきます。拡大の平均的な頻度から概算すると、SCP-2454-JPの異常性は19██年頃に最初に発現したと推定されます。


scp-jp safe 構造 財団製 時空間 容器



ページ情報

執筆者: iti119
文字数: 1396
リビジョン数: 29
批評コメント: 5

最終更新: 27 Oct 2020 23:49
最終コメント: 24 Aug 2020 07:11 by ARAGAMIakit

    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The iti119's portal does not exist.


エラー: iti119のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5722815 ( 01 Nov 2019 03:28 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License