SCP-XXX-JP_下書き_"タデノウィルス感染症"

このページの批評は終了しました。


rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXX-JP

植物型細胞.jpg

SCP-XXX-JP-Aの表皮細胞を電子顕微鏡にて観察した画像。細胞壁が構築されていることが分かる。

オブジェクトクラス: Anomalous Euclid Safe

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPは標準的なノンエンベロープウイルス1保護手順にしたがって培養されておりさらに完全な塩基配列が解析中です。感染力や生存力は非異常性のアデノウィルス2に準じるため、塩素消毒剤やオートクレーブ3を利用して除染を行います。SCP-XXX-JP実体の収容ケース外での取り扱いはバイオセーフティレベル2以上の実験室で行い、万が一の収容違反に備え保管するサイト内の入り口には塩素消毒剤が設置されます。
SCP-XXX-JP-AおよびSCP-XXX-JP-Aのおそれがある者は、SCP-XXX-JP-Bの除去設備およびモニタリング設備一式が排気システムに設けられた収容房に諸症状が見られなくなってから2日経過するまで隔離されます。収容房から排気される気体の許容残留SCP-XXX-JP-B濃度は0.00400ppmです。
SCP-XXX-JP-Aの治療にあたる人員は感染以前に面識がある人物が担当してください。

説明: SCP-XXX-JPはB種3型のHuman adenovirus(以降アデノウィルスと呼称)の変異種です。
感染時の初期症状に同型の症状4と有意な違いはありません。

SCP-XXX-JPの異常性は感染者(SCP-XXX-JP-Aに指定)に異常な遺伝子を導入し、皮膚付近の構造を変化させることです。
この影響は発症後2日目までに顕著に現れ始めます。
SCP-XXX-JPが免疫系によって排除されることにより症状は沈静化し、症状が出なくなってから2日以内には物理的損傷を除く身体の異常が完全に回復することが分かっています。
主な変化は2つあり、第1の変化として全身の表皮細胞がセルロースの細胞壁を構築するようになります。このときの例外的な経路によるセルロースの副産物としてポリゴジアール5が合成され細胞質内に多くが残留する傾向にあり、またSCP-XXX-JP-Aの体表が樹皮様に硬質化するためSCP-XXX-JP-Aの軽微な動きや免疫作用による回復に伴ってボロボロと劈開し落ちることがあります。
第2の変化として汗腺からヘキセナール6を軸とする化合物(SCP-XXX-JP-Bに指定)を分泌するように変化します。空間汚染速度は平均0.047μg/L/hです。
SCP-XXX-JP-Bは次の条件に当てはまる人物の場合とMonolepta dichroa7の成虫を特異的に誘引してSCP-XXX-JP-Aに対する食欲を旺盛にさせ、大抵の場合には摂食行動に至らせます。
大抵はSCP-XXX-JP-Aの抵抗により失敗に終わりますが、数的有利から摂食を完遂してしまった事例も記録されています。ポリゴジアールを多く含むため一般に風味が食用として適さないにもかかわらず対象となった人間が摂食を行う理由は不明です。
SCP-XXX-JP-Bが誘引を引き起こす対象となる条件は

  • 空間中のSCP-XXX-JP-B濃度が0.0800ppmを超えている
  • 本人と新しく知り合った者
  • 本人と一緒に居ることを選んだ者

であり、これを満たすもののうちおおよそ70%の確率で対象となるため未解明の要素が係わっていることが指摘されており現在調査中です。

収容経緯: SCP-XXX-JPはもともと"発症すると皮膚が樹皮状に変化するアデノウィルス"としてAnomalousアイテムに登録されており、2020/02/17に治療実験が行われています。しかし、参加していたDクラス職員を医療スタッフ8が突然攻撃し始めるインシデント-XXX-JP-2020/02/17が実験中に発生したため実験は中断され未解明の異常性があるとして特別収容プロトコルが制定されました。このインシデントについての詳細な記録はインシデントレポートXXX-JP-2020/02/17を参照してください。
後の当該医療スタッフへのインタビューで「ピリッとした匂いがしてなんだか無性においしそうに思えた」という証言から異常な化学物質が疑われたため現行の収容プロトコルが策定されました。

2020/06/19追記: 異常性確認実験の参加者の情報を精査したところ、誘引の対象となる条件に"SCP-XXX-JP-Aが一般に恋愛対象として好意的にみられる要素を兼ね備えていない"があることが判明しました。異常性による誘引条件が判明したためオブジェクトクラスはEuclidからSafeに変更されています。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The DrClipper's portal does not exist.


エラー: DrClipperのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5712708 ( 10 Oct 2019 14:57 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License