財団 任天堂を超常組織指定か
rating: 0+x
blank.png
最新
国内
国際
経済
芸能
スポーツ
生活
科学
神秘
宗教
任天堂本社.jpg
財団 任天堂を超常組織指定か
5/10 6:30
撮影: 恋昏崎新聞社

財団の暴挙またも 内部文書を独自入手 恋昏崎新聞社

 今年のエイプリルフールもつつがなく終了してから間もなく、当新聞社の編集部に耳を疑うような情報が寄せられた。それは、財団が家庭用ゲームを製造・販売する最大手・任天堂株式会社(以後、任天堂と記載)を要注意団体(※当新聞社では超常組織と呼称しております)に指定し、任天堂の活動及び商品を財団の監視下に置くことを決定したという、にわかには信じ難いものだった。当新聞社は情報の真偽を確認すべく全力で取材を進めた結果、財団の内部文書のデータを入手することに成功した。当新聞社は財団の信じ難い暴挙に一石を投じたい。




header.jpg
hirosue.jpg
▲広末 孝行 明大政治経済学部卒、東弊重工本社総務部で10年勤続後退社し、恋昏崎新聞社へ入社。任天堂の最新ゲーム機「Nintendo Switch」を未だ購入できていない。

 超常社会はもとより、一般社会でゲームに少しでも関心のある方なら知らない人等存在しないと言って良いでしょう。任天堂はゲーム業界の黎明期から家庭用ゲーム機を製造・販売し、数多くの名作ソフトを輩出している日本を代表する家庭用ゲーム業界の最大手企業です。近年でも「Nintendo Switch」が世界的大ヒットを記録したことは読者の皆様もご存知かと思います。正に、世界中のゲームユーザーから愛される素晴らしい企業と言って良い存在なのは間違いありません。

 私が初めて本件の第一報を聞いた時、思わず「いくらなんでも…」と返してしまったことを今も覚えています。既存の一般企業における活動や商品から意図せずに、アノマリーもしくは超常現象が発生してしまうことは、超常社会の人間なら常識と言って良い次元の話です。当然ながら、そのことをもってその企業が超常活動を行っているという証拠にはなり得ません。そのことは「超常社会の保護者」を自認している財団が何より御存知のはずです。私にとって、本件はそれ程異例としか思えない事件であり、「財団の奇行ここに極まれり」と言わざるを得ません。

 財団は現在のところ、任天堂に対する警戒は最小限に抑えておく方針のようですが、それでも任天堂に対して多大な圧力及び経営への圧迫に繋がることは容易に想像できます。現代社会において、世界中からこれほど愛され続けている企業に対し、このような「仕打ち」と言って良いレベルの扱いをして本当に良いと考えているのでしょうか?当新聞社は財団に対して一刻も早く、任天堂に対する超常組織指定を取り消すよう要求していく次第です。【広末 孝行】



 読者コメント  

yassu_8888

2019/05/10 — 08:43:32

任天堂が超常組織って…
財団はよっぽど暇なんですかね?
155156
23

bbb_222

2020/05/10 — 10:42:05

任天堂以外のゲーム機やソフトからもアノマリーが出てきてるのに
どうして任天堂だけを敵視しなきゃいけないのか意味不明すぎますね…
128129
67

the_‎doctor

2020/05/10 — 12:03:47

僕は財団のことが大嫌いだけど、正直よくやってくれた!
僕の偽物もそうだが、早く潰れてくれれば良いのに。
01
4546

goto_510

2019/05/10 — 12:07:25

↑ the_‎doctor

おいおい、こんなところにまで業界の揉め事持ち込むとか勘弁して下さい…

118119
56

※コメントはユーザー個人の意見であり、恋昏崎新聞社による公式記事ではありません。


広告

弟の食料品.jpg

当店で人気の「家庭の味」ハンバーグです。
当店ではお客様の心を揺さぶる料理を提供しています。
恋昏崎の皆様も是非ご来店下さい。
弟の食料品

伏木駄菓子店広告.jpg

新製品のご案内(写真はイメージです)
1本食べる毎に、ストレスを軽減するシガレットです。
当店では悩める人の心に寄り添う姿勢を重視しています。
伏木駄菓子店

ERROR

The kossy's portal does not exist.


エラー: kossyのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5670836 ( 14 Oct 2019 12:50 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License