酩酊街LoI化提案

まとめ

[[[|要注意領域-JP]]]ハブページに現GoIである酩酊街を登録したい!

意見募集内容

  • 登録について
  1. 酩酊街をLoIに登録するか
  2. GoIへの登録は継続するか
  • 文面について
  1. LoIの文面はどうするか
    1. 現GoI文面を使用
    2. 新規作成
  2. GoIの文面はどうするか
    1. 継続
    2. 変更

背景

便宜上、酩酊街は要注意団体として登録されていました。しかし、現要注意団体ハブの掲載文面を参照すると、以下の通り場所としての性質が大半を占めており、場所としての酩酊街を要注意領域に登録するべきと思っています。また、酩酊街内部で成立しているコミュニティという側面で考えた場合、従来通り要注意団体としての扱いが適切と私は考えます。

以上の理由から、酩酊街をLoI、GoI両方に登録すべきと考えました。


LoIに登録するか
文面はどうするか
GoI登録はどうするか
GoIの文面はどうするか。

概要

  • 平行世界、異空間に位置する
  • 大規模な移住区
  • 双方向通行性中継空間
  • 上の位置はおおよそ京都府
  • 財団はあまり情報を持っていない
  • 知的存在あり
  • 理念
  • 中継地点の住民
  • 財団を認知していない無関心

酩酊街

概要: 酩酊街は平行世界もしくは異空間に位置する存在であり、恐らくは大規模な居住区です。財団は酩酊街が起源と思われる幾つかのアノマリーを発見、収容しています。また、我々の世界と酩酊街とを繋ぐ双方通行性中継空間も幾つか発見されています。これらの発見位置の凡そは京都府ですが、それに限定されません。

一部の要注意団体が酩酊街の情報をある程度収集している一方で、財団は酩酊街についての情報をほとんど持ち合わせていません。大半の中継空間には知性のある存在が定住しており、その存在によれば酩酊街の存在理念は「酩酊・忘却・停滞」です。これは調査によって得られた資料にも散見されるキーワードです。中継地点の住民はこの理念に賛同していませんが、積極的に敵対したり、酩酊街か我々の世界のどちらかに移動しようとする意思は今のところ見せていません。

これまでに財団は酩酊街と対立しておらず、酩酊街がそもそも財団を認知しているかは不明です。財団は不測の事態を予防するために不干渉体制を立ち上げ、基本的には酩酊街にアクセスする行為を禁止しています。しかし、何人かのエージェントやDクラス職員が無許可、もしくは不干渉体制が整う前に酩酊街に侵入しており、帰還した例は極僅かです。

酩酊街のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。

酩酊街

概要: 酩酊街は同名の異空間内に存在する超常コミュニティです。

酩酊街の存在理念は「酩酊・忘却・停滞」であり、内部の住民も同様の理念を持っていると考えられています。これに反対して酩酊街を飛び出した住民がいる。

反対に外部から酩酊街に侵入する事例を数件確認しており、全ての中継地点を把握できていないから、一般人の侵入等注意

コミュニティでは有機物・無機物を問わず知性を持った存在がいる

現在財団は、関連オブジェクト付近に出現する手紙を執筆している人物や「おかみ」と言及される人物を確認していますが、同一人物である可能性が存在しています。

これまでに財団は酩酊街と対立しておらず、酩酊街がそもそも財団を認知しているかは不明です。

酩酊街のタグが付いた全文書は、こちらを参照してください。


ERROR

The Zatto13's portal does not exist.


エラー: Zatto13のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5653117 ( 12 Sep 2019 08:13 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License