037改稿
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-037

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-037は地下複合施設として知られるサイト-32で磁気によって収容されます。 オブジェクトのサイズ、分光シグネチャ、温度は現地職員と中継を用いたサイト-98職員双方から常に監視されます。

熱伝導性の耐放射線ポリマーで構築された小規模な地下室に収容し、部屋は真空になるまで排気します。SCP-037からの熱は、周囲の岩に放射されます。万が一、封じ込めが不完全となる恐れがある場合、それが修復されるまで緊急システムが低出力のアルゴンプラズマシールドを生成します。このため、オブジェクトによる収容違反が発生する前に現地エンジニアが不可欠な修理を完了するための猶予が最低4時間与えられます。

放射に先じて恒星進化が進み、新星イベントが差し迫った事態に陥った場合、もしくはその他の要因で収容違反が避けられないものとなった場合、残りのプロジェクトスタッフはPituaqプロトコルを発動させる権限が与えられます。

説明: SCP-037の外見は直径約5cm(2インチ)の星で、光度は太陽の1×10-12倍、表面温度は約5,000Kです(UBVRI分析によって測定がされました)。SCP-037の起源は不明ですが、分析の結果、典型的な主系列星と異常な小ささを除いて多くの性質が似通っていることが明らかになっています。このオブジェクトは北磁極経由で地球の磁気圏に進入したと思われます。

このオブジェクトは、北磁極の近くのボーフォート海で19██年に発見されました。激しい電磁気の干渉がアラートのカナダ軍基地(CFS)から報告され、続いて非常にまぶしい物体が空から海の方へと落下しました。財団が所有するGuardian号が出港し、水面から約200m上空を不規則な軌道を描きつつ揺れるオブジェクトを発見しました。収容手段が考案されるとすぐ、研究目的でサイト-32へ輸送されました。

SCP-037は強力な電磁石を用いて収容、輸送されており、自身の磁場によってSCP-037が配列されるようになっています。収容の最も困難な点は強力な電磁波放射です。この放射があまりに強力であるため、肉眼でも地球高軌道から容易にSCP-037を視認できます。現在の収容施設は地下深くに位置しますが、これによりSCP-037の存在が察知されることを防ぎ、周囲の岩盤への放射による冷却を容易にすることが可能となっています。実質的に設備全体および地殻の一部が巨大なヒートシンクとして機能しています。

補遺 A: 過去██年間の研究で、このオブジェクトは既に電磁放射線が変化しており、これは恒星進化がとてつもない速度で行われていることを示唆しています。もし一般的な恒星がこの変化に耐えきった場合には、すぐにでも半径は100~300倍にも巨大化し、それに伴って放射エネルギーも増大します。この突発的な収容違反に備え、研究が続けられています。オブジェクトの成長がさらに進行すると、新星としての終焉を迎える段階を迎え、最終的には███████████が発生すると推測されています。予測調査の結果、これらの現象により███████████が引き起こされると考えられています。現在、その現象が発生する前にSCP-037の成長を阻害するか、惑星から離れた場所へ安全に運ぶ方法を調査中です。


Hello! I'm a Japanese author. I wanna translate it into Japanese. But I can't understand that

SCP-███ in particular might prove especially convenient for this purpose, considering the outcomes of recent attempts to explore it and the difficulty of [[.

it may be a mistake. If you know its meaning,

ERROR

The Zatto13's portal does not exist.


エラー: Zatto13のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5653117 ( 12 Sep 2019 08:13 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License