リリー×氷我記
評価: 0+x
blank.png

今日、が咲いた。弱々しくも力強い花たちが懸命に生きている。

瞼を持ち上げ、

「『SCP-001の発生が確認されました。特別収容プロトコルに従って、全ての職員は名誉退職となります。お疲れ様でした。』ですって。」
サイト-8181、C-3研究室。志文研究助手は頭に月下美人の花を咲かせた女性にそう言う。

「」


今日、春の花が咲いた。心地よい空気を吸い込んで。

 
 
 
 
 

今日、夏の花が咲いた。

 
 
 
 
 
 

今日、秋の花が咲いた。すぐそばに涼しげな空気を携えて。

「ふぅ……。最期にお腹一杯に食べれて……幸せだわ。」
「最期か……。」
紅茶の香りを吸い込みながら、二人はカップに口を付けた。使い慣れたカップからは湯気が踊る。寒い部屋で飲む紅茶の美味しさはよく知っていた。

「あんたは俺でよかったんですか。」
「ん?」
「提案していうのもあれですが、最期の時間を結局俺と過ごしちゃって。もっと仲がいい人がいたと思うんですが。」
「彼女たちにも彼女たちの過ごし方があるでしょ。」
彼女は少し寂しさを覚えるも、軽く微笑む。

「それに……。」
「志文のことは口うるさかったり生意気だったりで嫌いだけど。」
「もし、誰かと一緒に死ぬならって考えたら他に思いつかなかった。それだけ。」

「……俺も同じこと考えてましたよ。」
紅茶からの湯気はすでに消えている。二人はぬるくなった紅茶を飲み干し。

白い息を吐いた。


明日、冬の花が咲く。力強くも弱々しい花たちが懸命に生きていた。

サイト-8181、C-3研究室。神恵研究員はお茶の続きをしているかのように椅子に座っている。彼女の体からは、この世界がそうだったように、月下美人儚い美が咲いていた。
 
 
 
 
 

色は枯れ落ち、に染まる。


ERROR

The Zatto13's portal does not exist.


エラー: Zatto13のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5653117 ( 12 Sep 2019 08:13 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License