Foundation Introduction Hub

このページの批評は終了しました。

TERMINAL SESSION ID: [ERROR/OUT_OF_BOUND]
端末セッションID: [ERROR/OUT_OF_BOUND]

FROM: [AUTOMATED MESSAGE]/[自動送信]

TO: Junior Researcher █████████
TO: 新人研究員 █████████


Welcome to the SCP Foundation, researcher.
SCP財団へようこそ。

It has likely been a difficult journey to find yourself where you are today, having to be scouted out by people you've never met before and invited to exams and interviews for a position you were never fully told of. We can imagine you already have a few questions, whether it be where you are, who is here with you, or why you were chosen to be here. Many of these questions we will not be able to answer. Some of those, we will.
見知らぬ人からスカウトを受けたり、十分な説明を受けていない役職の試験や面接に呼ばれたりと自分がどのような状況におかれているのかを把握できず今日に至ったと思う。今自分がどこにいるのか、今自分と一緒にいる人物は誰なのか、自分がここに選ばれたのは何故なのか。何にせよ君が既にいくつか疑問を抱いているというのは想像に難くない。その中の多くは回答の許可が出されていないが、いくつかは答えることができるだろう。

In the interest of not making new personnel go through their first several weeks guessing what each task force, site, and acronym actually stands for, we have compiled all the information you'd reasonably need (and can be given) into a single automated message, sent to every new recruit's personal inbox. We recommend going over these at your earliest convenience.
新人職員が各機動部隊やサイト、略語の意味を推測しながら最初の数週間を過ごさずに済むよう、最低限必要な(そして渡すことのできる)全ての情報を一通の自動メッセージとしてまとめ、一番最初に全ての新入者の個人メールボックスへ送信している。都合がつくタイミングがあれば、出来るだけ早く目を通しておくことをお勧めする。

  • About the SCP Foundation, our mission statement, a word from the Administrator, and other miscellaneous information we expect new recruits to be aware of.
  • SCP財団とは - 私たちの使命と理念、管理者からの言葉、他にも新入者に知ってほしい様々な情報がここに載っている。
  • Object Classes, a rundown of the standard anomaly classification system and what each designation says about its respective item. Required reading for new researchers. Information regarding esoteric object classes may be found here.
  • オブジェクトクラス - 標準的な異常物分類システムの概要と各指定名称がアイテムのどのような状態を指すかが書かれている。新人研究者には必ず読んでもらいたい。中でも難解なもの、esotericクラスの情報はここから見つけられるだろう。
  • Security Clearance Levels, how our classification system works. Violation of clearance levels is grounds for instant contract termination, and likely amnesticization, so take this information to heart.
  • セキュリティクリアランスレベル - 仕事上の機密分類システムがどのようなものかを扱っている。クリアランスレベル違反は即時解雇や記憶処理の根拠となりえるから、このページの内容は心得ておいてくれ。
  • Secure Facilities, an explanation of what your Site or Area designation stands for, along with what to expect in such locations.
  • セキュリティ施設 - 所属サイトやエリアへの指定がそれぞれ何を意味しているか、その場所で何が行われているかの説明だ。
  • Research Departments. Due to the vast amount of anomalous items in our possession, we have multiple operational departments, each focusing on a different aspect of our research. Cursory knowledge of these sectors may assist you when handling unknown objects.
  • 研究部門 - 財団の保有している異常物品は膨大であるため、それぞれ違った分野から業務を行う職務部門が複数存在している。大雑把でも区分けを知っておけば、未知のオブジェクトを扱うときにきっと役に立つはずだ。
  • Mobile Task Forces, our highly specialized containment teams. Depending on the anomaly, you may require a different kind of expertise than what you personally know, so a cursory knowledge of this list may help during times of crisis. A more complete list of Task Forces can be viewed here, if you possess the appropriate clearance levels.
  • 機動部隊 - 高度に専門化された収容チームだ。アノマリーによっては、異なった分野の専門知識を、君が持っている知識以上に必要とすることがあるかもしれない。だからこのリストを軽く読んでおくと、いざと言う時に役に立つかもしれない。もし適切なクリアランスレベルを持っているなら、機動部隊リストのより完全なリストはここから閲覧できる。
  • The Personnel Dossier, a list of your superiors, fellow workmates, and individuals of particular interest. This list is mostly redacted to personnel of lower security clearances, so do not be alarmed if you cannot see any names.
  • 人事書類 - 君の先輩か同僚か、または注視すべき対象のリストだ。このリストでは、低セキュリティクリアランス職員の箇所をほとんど編集されている。だから、名前が見えない箇所は気に留めないでくれ。
  • Groups of Interest, a list of other organisations aware of the anomalous. A list of more minor Groups of Interest may be found here.
  • 要注意団体 - 異常について知っている他組織のリストだ。確認事例の少ない要注意団体のリストはここからアクセスしてくれ。

Additionally, as you're presently listed as a Junior Researcher, here's a few resources you may use in order to get a better understanding of the anomalous and its limits (or lack thereof).
加えて、現在新人研究員として登録されている君へ、以下に異常やその範囲(または異常に際限は存在しないこと)への理解を深めるために使えるであろういくつかの知識リソースを掲載しておく。

  • The Log of Anomalous Items, a list of objects contained by the Foundation which do not currently warrant an SCP designation and containment procedures. A number of these items are available for testing purposes upon request.
  • Anomalousアイテム一覧 - 現在財団が収容している中で、SCP指定や収容プロトコルは必要ないとされたオブジェクトのリストだ。いくつかのアイテムは、実験目的で申請をすれば利用可能だ。
  • The Log of Extranormal Events, as an internal reminder of unusual events which occurred too suddenly for Foundation intervention or designation.
  • 超常現象記録 - 財団による介入や指定が行われるには突発的すぎた異常現象の記録だ。
  • The Log of Unexplained Locations, for locations that are presently anomalous, but do not warrant any more Foundation attention than basic concealment procedures.
  • 未解明領域記録 - 今のところ異常とされている領域の中で、標準隠蔽プロトコル以上の関与が必要とされていないものの掲載ページだ。
  • The Nexus Hub, a list of anomalous locations inhabited by a permanent community, necessitating a more diplomatic approach to their containment.
  • ネクサスハブ - 常住的なコミュニティが存在する異常領域のリストだ。更なる外交的なアプローチでの収容が必要となるだろう。

If you have any more questions, ask your assigned senior researcher. Remember that there's a considerable likelihood that your question will have a classified answer, and that you may receive a response.
もし他に質問があれば、担当の先輩研究員に尋ねてみるといいだろう。ただ、質問の答えが機密情報の可能性も十分に存在しており、君への返信はされないかもしれないということは覚えておいてくれ。
 
Welcome again, recruit, and good luck.
改めて歓迎と加入への感謝を。健闘を祈る。
 

This message was sent via an automated system; Do not respond.

このメッセージは自動的に送信されたものです。返信はしないでください。

53 45 43 55 52 45 43 4f 4e 54 41 49 4e 50 52 4f 54 45 43 54 57 45 44 49 45 49 4e 54 48 45 44 41 52 4b 54 48 45 52 45 49 53 4e 4f 53 49 54 45 2d 35 43 41 4e 54 46 49 54 52 4f 55 4e 44 50 45 47 53 49 4e 53 51 55 41 52 45 48 4f 4c 45 53 44 4f 45 53 54 48 45 42 4c 41 43 4b 4d 4f 4f 4e 48 4f 57 4c

52 45 4d 45 4d 42 45 52 20 55 53 2e

ERROR

The Zatto13's portal does not exist.


エラー: Zatto13のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5653117 ( 12 Sep 2019 08:13 )
layoutsupporter.png
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License