SCP-XXXX-JP 脳姦
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス:

特別収容プロトコル:

説明: SCP-XXXX-JPは8本の脚と円形の体からなる生物です。外見はクモ類と似ていますが、頭胸部と腹部が一体となった円盤形の体をしている点で異なります。毛は生えておらず、ミーム的性質を持つ模様のあるキチン質の殻に覆われています。この模様は、模様を視認した生物の行動を外部から刺激を受けるまで停止させる1ことができます。脚は8本全て同じ長さ・太さで、必要に応じて約2cm伸縮させることができます。大きな関節は付け根と中間付近の2つだけですが、先端部分には複数の小さな関節から成る、尖った三叉の器官(便宜上"手"と呼称します)があります。この器官を構成する関節の個数には個体差があり、1個体が8種類の手を持っていた例も確認されています。このような個体差が確認される理由は明らかになっておらず、現在も研究が進んでいます。口は体の下側、中心付近にあります。口の外周に沿うような細かな歯と、柔軟かつ硬質な螺旋状の舌を有しており、これを用いて生物の体内に侵入します。目は体の上部と脚の中間付近の計9つです。どれも殻の内側にあり、その関係上目の周辺の殻は透明度が高く、先述の模様もありません。雌雄同体で、十分な栄養を与えれば孵化直後の個体であっても産卵が可能です。

SCP-XXXX-JPは被食者を捕食している間、体内にある器官で生産される液体(SCP-XXXX-JP-1)を舌から分泌します。SCP-XXXX-JP-1には麻酔作用と、複数の脳内物質の生産を促進する作用があります。これによりSCP-XXXX-JPは食事中に被食者から攻撃されたり振り落とされたりする可能性を下げています。


ERROR

The ocami's portal does not exist.


エラー: ocamiのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5647303 ( 06 Mar 2020 14:16 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License