SCP-4260翻訳案「副次指令」(offset/1)

アイテム番号: 4260
レベル5
収容クラス:
euclid
副次クラス:
{$secondary-class}
撹乱クラス:
dark
リスククラス:
critical

scp_logo

"多冠蛇"作戦の公式紋章

特別収容プロトコル: 反復α.42601の収容手順は、SCP-4260の長期的な収容には不適切であると見なされています。収容の最適化のために2016年2月13日に"多冠蛇"作戦が実行されました。その結果、SCP-4260の性質は大きく変化しました。エラーは以下の説明全体に及びます。2

説明: SCP-4260は、観測可能な宇宙全体に浸透した概念物理的実体の集合意識を指します。 SCP-4260の存在は意識を持つ生物の生物学的老化をもたらし、あらゆる生物の生命機能の停止の直接的な原因となっています。

SCP-4260自体はそれ自身のエントロピーの影響を受け、宇宙へのその異常な影響は以前の1000年で著しく減少しました。 SCP-4260は2017年に概念物理的ヌル状態を達成することで無力化されると予測されています。 SCP-4260の以前の収容手順は、完全な物理的収容を達成したものの、この効果とその主要な異常な特徴の両方を同時に止めることができないことを証明しました。

手順8917は1999年3月に完成し、SCP-4260の終了 —結果としてΩK-クラス ("死の終焉") シナリオ をもたらす— と異常な手段によるその即時の蘇生をもたらします。この手順は、何らかのイベントが発生した場合に、財団内の著名人の死亡と世界的な絶滅を防ぐために設計されました。

補遺4260.β.1: SCP-4260の獲得

資産-4260:顕現イベントのタイムライン


日付: 1999/1/13
状態: 研究サイト-76は、サイトから約1kmの場所で発生した異常な地震活動の記録を開始しました。異常な空間的歪みは、サイト-76が概念物理的顕現イベントを経験していることを示していました。 研究任務部隊イオタ-39がオブジェクトの確保のために展開されました。

関連する機動部隊:


<12:09a>:

研究サイト-76は異常な地震活動を記録し始める。

<12:15a>:

測定値が再調整される。 地震活動の原因が本質的にエントロピー的であると判断される。

<01:03a>:

研究任務部隊イオタ-39が展開される。

<01:45a>:

研究任務部隊イオタ-39が地震活動の原点を確定させる。概念物理的活動およびエントロピー的活動が確認される。 一時的な監視所が設置される。

<01:55a>:

原点周辺の空間的な歪みは顕現イベントの発生を示している。SCP-4260が顕現するのに十分な密度の領域を作成しようとし、研究任務部隊イオタ-39は原点からの僅かな引力を受ける。

<02:08a>:

人間の腕に大まかに近似される物体が原点に現れる。腕は地面に倒れ、明らかに死んでいるように見える。

<02:15a>:

研究任務部隊イオタ-39は、原点からの大きな引力を報告する。監視所は安全である。

<02:31a>:

原点は顕現を促進するのに十分な密度になり、あと36分での顕現が予測される。研究任務部隊イオタ-39は収容と輸送を要求し、サイト-76は機動部隊ミュー-8を展開する。

<03:00a>:

顕現イベントは最終段階に入り、監視所は原点が収縮するにつれて小さな損傷を受ける。機動部隊ミュー-8が到着し、収容と輸送の準備を開始する。

<03:07a>:

顕現イベントが終了する。SCP-4260が原点に人間の女性として現れる。SCP-4260はひどく混乱しており、歩行困難に陥っている。機動部隊ミュー-8はSCP-4260の支援を開始し、その時点で即時の収容と入院を要求する。 SCP-4260は拘束され、研究サイト-76の医療棟に運ばれる。

補遺4260.β.2: レクチャーログ

日付: 2000/1/7
弁士:研究任務部隊イオタ-39リーダー プレストン・ブラックス
状態: 財団の継続的な運営に対する手順8917の明らかな重要性を鑑み、監督評議会は、財団の概念物理部門の主要メンバー数名で構成される諮問委員会を組織しました。その中には研究任務部隊リーダーのプレストン・ブラックスが含まれます。

関連人物:

  • O5-1からO5-13
  • エリア-03およびサイト-76の管理官
  • 9人の研究任務部隊イオタ-39隊員
  • 3人の機動部隊ガンマ-8隊員

あー、開始時刻ですね、始めましょう。私はブラックスです。現在の役職は研究任務部隊イオタ-39のリーダーであり、我々の小さな概念物理部門の副部門長を務めています。私が「小さな」と言ったのは、メンバーが約20人しかいないからです。あなたからの招待を受けたとき、我々は少し驚きました。私たちのことを忘れてしまっていたのかと思っていましたから。

とにかく、概念物理部門は、愛、時間、SCP-4260の場合は死などの特定の普遍的な概念を具体化する実体の研究に専念しています。 原始文明はそれらを神と呼んでいましたが、これには少し誤解が含まれています。私たちはそれらを固有実体と呼びます。 神々は現実を曲げる存在であり、通常は課題と独自性を持っています。鹿の事を思い出すといいかもしれません。固有実体は、私たち全員が根本的に異なる世界に住んでいなければ、私たちの宇宙から切り離すことのできない概念です。それらは実体よりも概念に近く、どのような種類であれめったに物理的形態を持ちません。 SCP-4260はその点で他に比べいくぶんか異常です。

現在のところ、財団は概念物理学の基本をほとんど知りません。固有実体がどれほど存在するのか、接触できるかどうか、それぞれがどの程度の影響力を持っているのかもわかりません。したがって、収容への唯一の道は研究のみです。 昨年、ほとんどの人がSCP-4260の回収について説明を受けたと思いますので私は何の論点も述べませんが、SCP-4260の行動は洞察を超えていることが証明されています。 まず、我々はそれが全知でも全能でもないことを知っています。なぜなら、自身を保存する方法を知っているかもしれないという希望を持って私たちの元に来たからです。第二に、私たちはそれが賢いことを知っています。 それは最初、非常に魅力的で若い人間の女性として現れました—そして私は我々がここでプロ意識のベニアを壊さないことを願っています—。 これは計算された決定であり、機動部隊ミュー-8と研究任務部隊イオタ-39を、それと戦うのではなく、支援する方向に傾けることを目的としています。そして、それは成功しました。

SCP-4260には明確な性格がなく、自己保存以外の目的や動機もありません。宇宙が新しく生まれたとき、その強さは計り知れませんでした。 生が始まることさえ望みませんでした。 死は、孤独な宇宙の暗黒空間のいたるところに存在しました。しかし、時が経つにつれて、奇跡が起こりました。おそらく史上最初の異常でしょう。死が死に始めたのです。 ゆっくりと、これまでになくゆっくりと、それはそれ自身の瘴気によって毒され始めました。 暗闇から文明を破壊した百万の爪も彼らの主を捕らえ、それを深淵に向かって叫びながら引きずりました。

皆さん、死は死にかけている。これは人類が受け取りうる最も恐ろしく、最も素晴らしいニュースでしょう。






こんにちは、O5-9。


"多冠蛇"作戦はSCP-4260の性質を大きく変化させました。このファイルの更新は、反復β-4260全体の永続的なエラーを修正するために、現在財団アーカイブ部門による承認を待機しています。

ERROR

The mitsuki1729's portal does not exist.


エラー: mitsuki1729のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5644698 ( 04 Sep 2019 22:03 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License