SCP下書き「本当の」ニュース

現在このページの批評は中断しています。


アイテム番号: SCP-XXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXX-JPはその性質上完全な収容は不可能です。財団のwebクローラーはSCP-XXX-JP及びSCP-XXX-JPへのリンク、SCP-XXX-JPが引用されているサイトを発見した場合、サイト及びリンクの削除をしてください。

説明: SCP-XXX-JPはネット上に存在するニュースサイトの記事です。SCP-XXX-JPがどのニュースサイトに出現するかはランダムです。SCP-XXX-JPはインタビュアーや著者の名前が書かれていない事、日にちの前方へのずれなどから判別できます。また、SCP-XXX-JPに書かれている内容は全て虚偽です。SCP-XXX-JPの異常性はSCP-XXX-JPを見て内容を真実だと認識した人物が███人を越えると発現します。異常性が発現したSCP-XXX-JPはSCP-XXX-JPに書かれたニュースが実現するように現実改変を行います。

補遺: SCP-XXX-JP実例が最初に発生したサイト「████新聞」でのSCP-XXX-JPの執筆者の特定,インタビューに成功しました。

対象: SCP-XXX-JPの最初の実例の執筆者(山田寛人氏)

インタビュアー:

注釈: 山田氏にはフェイクニュースに関する取材だと伝えてあります。

<録音開始,2019/3/1>

インタビュアー: あなたは何故████新聞でフェイクニュースを書いたのですか?

山田氏: なんというか、出来心としか言い様が無いですね…

インタビュアー: 出来心とはどういうことですか?

山田氏: 見た人が引っ掛かる様子が気になってしまったんです。

インタビュアー: 山田さんはその後に████新聞を退職されたと伺ったのですが、それはやはりこのフェイクニュースが原因ですか?

山田氏: 間接的にはそうです。正確には、あの記事の内容と同じようなことが起こってしまったのがとても怖くて…

インタビュアー: それは██事件のことですか?

山田氏: はい。

インタビュアー: インタビューありがとうございました。
<録音終了>

テーマはフェイクニュースです。インタビューの言い回しがしっくり来ません。


    • _


    コメント投稿フォームへ

    Add a New Comment

    批評コメントTopへ

ERROR

The mitsuki1729's portal does not exist.


エラー: mitsuki1729のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5644698 ( 04 Sep 2019 22:03 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License