パストアポカリプス

現在このページの批評は中断しています。

自立型ボタン

うーん、あなた今、ページの編集してるでしょ?アクシデントを起こさないためにも、ここの機能は非表示にしておくよ。この素晴らしい機能はBoyu12Boyu12氏によって作られたものです!
編集 ページのソース
履歴 ファイル
rating: 0+x
blank.png
s_Titanic_wreck_bow.jpg

上方から撮影したSCP-XXXX-JP

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPの船体には10キロトンの錨8組 15組 25組 適切な数を順次SCP-XXXX-JPが浮上の兆候を見せるたびに取り付け、SCP-XXXX-JPのこれ以上の浮上を防いで下さい。SCP-XXXX-JPの特異性による影響についてはカバーストーリー「地球温暖化に伴う海面上昇」を流布し、SCP-XXXX-JPに対する一般社会の認知度の高さに伴う機密漏洩を防ぐため、アメリカ合衆国の協力の下、遺物の劣化と違法な遺品回収行為を防ぐことを名目とした国際保護条約が実行されます。

説明: SCP-XXXX-JPは1912年に沈没した1ロイヤルメールシップ・タイタニック号です。船体は第3煙突の真下あたりで大きく破断しており、前方部分のみがSCP-XXXX-JPに指定されます。

SCP-XXXX-JPは推進機関を喪失しているにも関わらず、異常な方法により船首を海面に向けた状態で浮上を続けています。SCP-XXXX-JPが浮上した距離と同等の値、世界平均海水面が上昇します。この増加した海水の発生元は不明です。この特異性によってSCP-XXXX-JPは海面に到達することはできず、SCP-XXXX-JPと海面との距離は常に3,514.9mに保たれています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%88%B9%E5%B9%BD%E9%9C%8A

SOS SOS CQD CQD - MGY We are sinking fast passengers being put into boats MGY

ある夫妻は一対のデッキチェアでこの世の終わりを待った。

三等船室の食堂で主に祈りを捧げた人々がいた。

船とともに多くの人が水に呑まれた。

マイナス2℃の海水はナイフに突き刺されたように感じた。

ボート上の人々は、乗せてくれと叫ぶ何十名もの願いを無視してゆっくりその場を離れた。

泳いで逃げようとした者たちは意識を失い、叫びは消えていった。

「ここにはたくさんの死体があるだけだ」

タグ移動 液体 外部エントロピー 金属 視覚 死体 自律 水棲 聴覚 通信 敵対的 認識災害 乗り物 腐食 捕食 メタ 国外収容 船舶 scp-jp keter


ERROR

The stengan774's portal does not exist.


エラー: stengan774のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5644609 ( 21 Sep 2019 10:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License