stengan774-69--09fe

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

自立型ボタン

うーん、あなた今、ページの編集してるでしょ?アクシデントを起こさないためにも、ここの機能は非表示にしておくよ。この素晴らしい機能はBoyu12Boyu12氏によって作られたものです!
編集 ページのソース
履歴 ファイル
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Keter

特別収容プロトコル: [プロトコルを説明するパラグラフ]

説明: SCP-XXXX-JPは失踪した日本人若年男性、環 貫太郎(Tamaki Kantarou)氏と外見上のアイデンティティが一致する人型実体群です。

第一の特異性として、SCP-XXXX-JPは外部からの刺激に対して反応を示さず、以下のタイムラインに沿った行動を行を毎日継続しています。

[前半省略]

12:32: 起床。

12:38: 画面にノヴァク司祭の姿が映る。技術者らしきメンバーと会話しているようである。技術者らしきメンバーは何度も念入りに確認しているように見える。

12:42: カメラが町の中心部を向く。大小様々な十字架が等間隔で円上に建てられており、[編集済]町の市民達が生きたまま磔にされているのが見れる。円の周囲ではGoI-484Eのメンバーらがオーケストラの演奏をしているのが確認できる。曲目はいずれもショパンの楽曲である。

12:46: カメラの前にノヴァク司祭が現れ、事前に用意された壇上に登り、演説を開始する。

12:51: ノヴァク司祭が開始の合図を叫んでから2秒後、円陣内から空へと光柱が登り、そのまま拡大して画面を包む。

12:52: 不明なヒト男性の声で、"Drugie przyjście(再臨)"と響き渡る。画面内が土埃に包まれる。

12:54: 画面奥からショパンの”華麗なる大円舞曲”が微かに聞こえ始める。GoI-484Eの歓喜の声が響く。

12:55: 大円舞曲の音が徐々に大きくなってゆくとともに、羽音のような音が聞こえ始める。GoI-484Eの間に徐々に不安の声が聞き取れる。

12:56: 羽音がかなり大きなものとなってゆく。GoI-484Eのメンバーは狼狽え、逃げ出す者もで始める。

12:57: 突如として土埃から大量のSCP-1710-JP-A個体が出現、GoI-484Eが飲み込まれる。10秒ほど微かな悲鳴が聞こえるものの、すぐに大円舞曲と羽音の喧騒にかき消える。

12:59: SCP-1710-JP-A群がまばらになり、徐々に土埃が薄れてゆく。町の中心部に巨大な影が見える。

13:02: 影が動き出す。

[後半省略]

補遺: [任意に追加されるパラグラフ]

ERROR

The stengan774's portal does not exist.


エラー: stengan774のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:5644609 ( 21 Sep 2019 10:04 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License